mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父の日
昨日は父の日で、このブログに母の日を書いたならば、父の日も書かねば・・・ということで
父の日は、存在感が薄い気がするのだ。
以前に、何人かで、「母の日、父の日」の話題になった時、
ある人は、「母の日には、花束を贈る。」と言ってたのに、
「父の日は?」と聞くと・・・
「んなもん、ねーよ。」と言っていた。

実際に私もスルーしたことが、最近も、ある
母の日にテンピュールスリッパを贈って、父の日の前に、ばば(父方の)の具合が悪い、ということを聞き、
父の日が過ぎ、「ど~しよっかなぁ。」と考えてるうちに、ばばが亡くなり・・・父の日はスルー。

で、今年は、
父には、欲しい本がある。
娘たちに買って欲しいけど、でも高いから申し訳ない。
でも、自分で買うほどのものでもないか。
中古本でもいい。
と考えてることを母から聞き、すこーし、父に確認して、
妹がその本を紹介されている新聞記事を見て、で、贈った本がこれ↓

柳孝骨董一代柳孝骨董一代
(2007/12)
青柳 恵介

商品詳細を見る


こんなマニアックな(失礼)本、中古あるかいな
なぁ~ん、ないわ。

その本が手に入り、早速中身を見た父はウキウキで、母に、あれこれ中身について説明してたらしい

地元での「開運なんでも鑑定団」の収録が放送された時は、「父母が映るかも!?」と思ったが、
(もちろん、客席にいる様子が。)
骨董?とか、掛け軸とか、父が興味あるもの、私にはよく分からん
運動神経は絶対に父にはかなわないので、それは自分の子供への隔世遺伝を期待するとして、
父方のじじばばと、母と自分の共通点はあるけど、
自分がどんな決断をしても母だけは認めてくれると思ってるけど、
父との共通点・・・

ない。



ある「がんばれ」とか、「がんばる」ってことばが嫌いなこと。
これは、次の記事へ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。