mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
走ることと歩くこと
最近、ちょくちょく?走るように心がけている。
走らなければ、走ることには慣れないし、でも走ることを義務にはしたくないし・・・。
私は、なんでも勝手に義務にして勝手に自分の首をしめてる

最近走ってて思うことは、どこかで腿から腰にかけの部分が徒党を組んで固まりだすのだ
そうすると・・・疲れる
おしりが。時には腿の裏が。もっと悪いときにはふくらはぎが。
ああ、またこれかぁ
また脚だけで走ってる?と気持ちもどよーんとなる。
実際のところ、そうなってもレースでは走る、ということを私は選択するだろうけど、
だから、そういう状況でも走っておくことは必要なんだろうけど、

これでは、「ラクに走る」という私の目指してるものではなくなるんだなぁ。

そして、きっとこのまま走っていたら、走ることが嫌になる。
そして、また走らなくなるに違いないと思い、
何が手を打たねば・・・。

途中で、FIでしてもらったこととその感覚を思い出したりしてみる。
(走るのがラクになるのがあるのだ
でも、からだが固まりだしてしんどい時は、歩く。

歩くと・・・からだはラクなのだ
ぜーんぜん固まってないじゃぁーん

なぜ

走ることは、歩くことの延長線上にあると思う。
歩いている時と、走っているときの自分の動きの違いは何なのか?

ここが分かると変えられる気がする。

からだ、動きかもしれないし、気持ちも関係するのかもしれないし・・・。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。