mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左右対象に整える
フェルデンクライス・メソッドに出会う前、
職場でのウエイト・トレーニング大会に向けて、せっせとトレーニングしてた時のこと。

どう見ても、どうしても、自分のからだがよじれてる!
からだが、右か左か忘れてしまったけど、もうそれが気になって、気になって・・・
それをあーだこうーだ、ストレッチして、筋トレして、整えて、
それをしてるだけで時間が過ぎていく。
そして、毎回またほぼ元に戻ってて、それを繰り返す・・・。

疲れました

トレーニング進まないし、
何よりも、「私のやってることって正しい(必要なこと、効果的なこと)じゃない!?」、
そんな不安があり、
「こんなことを指導して良いの?」と思ってみたり。
「なーんかもっとシンプルに、効果的に整えられるもの、ないの?」と思ったり。

それがフェルデンクライス・メソッド、だった訳です。
シンプル!
あれこれ考えるのではなく、無理なく、動いて、整えられるのか!
画期的!

が、「左右対称に整える」ってこと、ほんとに必要?
と新たな疑問が・・・。

人のからだは、左右対称な方がパフォーマンスは良い。
痛みや、疲れを考えても、負担が少ない。
みんな思ってることだと思う。
確かにそれはそうだと思う。
体験からしても。

けれども、だよ。
「人は、バランスを崩しながら動いてる。」
これも事実。
バランスが崩れなければ、動けない、静止。
バランスを崩しながら、その中でバランスを取りながら動いてる。

そして、競技特性によっては、左右対称であることが難しい場合も多い。
左右対称であることがかえってパフォーマンスを下げることもあるのでは?

両手打ち、両手投げの野球選手、テニス選手、
同じ方向にまわり続ける競輪選手、トラック競技の選手、などなど。

人によっては、左右対称出ない方もいる。
片腕を、片脚を失ってしまった方、片方の手でないと文字書けない、人(ほとんだ、だね。)

フェルデンクライス・メソッドでは、左右対称に整えることにはこだわらない、です。
と、言いきれないか
それが必要であればそうするけれども、
そうあることは必須ではない。

少し話それますが、私、背骨に生理的湾曲がない・・・。
でも、肩こり・腰痛なし。
「もう少しこうなれば・・・。」とは思うけど、それはこれからのチャレンジ。
「まだまだ学び続けなさい。」というメッセージだね

じゃ、何が大事かと言うと、「持っている今のものを生かすこと」
その中で、取り組んでいくこと。
その時に・・・「無理なく、やりたいことができること」
そして、「動きや環境、社会に自分を無理なく適応させていくこと」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。