mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランと自転車、自由度
自転車に乗ります、時々。
ままちゃり、です。バイク、とか、かっこいいのもではありません

坂道を自転車で上ってて、ここ1カ月くらい思うこと。

「走った方が絶対ラクだよー!」

前までは、こんなこと、全く思わなかったのに・・・。
坂道を「走って上る。」という発想がなかったんだろうなぁ。
「上りは歩いていいからね。」と、トレイルランを始める時に仲間が言ってくれて、
それですごくほっとして、始められた。

だから続けられたのだけれども、そろそろそこから卒業しよう。
できるよ
走れるよ、走れたよー!

自転車で手放し運転で坂道は上れないので、ハンドルを握る。
足はペダルにおいたまま。
当たり前なんだけれども

固定される部分がランより多くて、ちょっと不自由?動かせる部分が減る?と言うかなんというか。
脚の動き、体幹部の動き、ここを工夫するしかないんだなー、と思う。
うん、やっぱ、不自由だ、ランより。

ランは、もっともっと自由度が高いな。
脚も足も体幹部も腕も・・・いろいろ工夫できるね

走ることはシンプルだけど、奥深い。だからおもしろいのかも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。