mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信越五岳トレイルランニングレース2010:4A(51.5km:第1関門)~5A(66.6km:第2関門)
第1関門では、また仲間が待っていてくれて、バナナやコーラ、飲み物を持ってきてくれたり、ハイドレーションを作ってくれたりと、いたれりつくせり。
ありがとう

仲間のすすめで、メディカルの方にマッサージをしてもらう。
左膝の内側、気になる。痛い?気になる。でも、走れる、という状態。

一気に元気になり、出発!
スキー場を上り、横切り、黒姫山のコスモス畑、林道へ。
この林道は、上り!長い。
去年はここではっしーさんと会い、早歩きをおしえてもらい、完走できたようなもの。
今年はひとり、しゃかしゃかと早歩き。
あれ、去年より速いぞっ。
歩くと、ストック使ってても、追い越されるのに、今年は追い越してるー!

やがて林道も下りになり、またトレイルへ。

つり橋を渡り、変電所の上り。
うん、去年よりラクだし、短い♪

が、その後の気持ち良さそうな森の中のトレイル・・・こんなに上ってたっけ?
早歩き、早歩き、走るより速いよ、この方が。と割り切る。

牧場。
ここは、関川沿い同様、去年は全部歩いたところ。
走ったら気持ちいいのは分かるけど、走れなかったところ。
ちょっとのアップダウンは、走る。
牛はいないのか?あれ、去年より遅い通過?あ、いた、牛!
上りは歩き、第2関門のトイレは2階なので、グリーンハウスでトイレ。

ロード、林道、下りて第2関門になるはず。
のところで、はたみんさん。
「もう膝だめ。」と言っているのに、「もうすぐ第2関門ですよ。」と言うと爆走
母は強し。

5A:66.6km、第2関門。
ドロップバックを受け取って荷物補充、ライトに電池を入れる、ハイドレーション作る、テーピングしてもらう。
これが、すること、してもらうこと。
去年より30分くらい、以上?早い到着だけど、ゆっくりはできない、先が長くなってるから。

ハイドレーションを作り、迷ったけどテーピングをしてもらいながら、ライトに電池入れて、
メディカルの方にすすめられて、迷ったけどタイツをはき換えて、おしりが攣りそうになって、忙しい
が、カメラマン藤巻さんとお話する余裕?はあり。
OS-1をペットボトルごといただく。これはうれしい
はたみんさんが、すぐに出て行った。

到着が17:30、関門閉鎖が18:30
「時間との戦いですね・・・。」と言われ、
関門閉鎖時間までのカウントダウンも始まっていて、焦りと、張り詰めた気持ちと。
「止める」という選択肢が全くなかったことが良かったと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。