mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Badwater Ultramarathon
今月のランナーズのp90~91の岩本能史さんの記事より。

岩本さんは、今年の7/12~14にアメリカのカリフォルニア州で開催される、タイトルのレースに参戦されるそう。

走行距離:217km
累積標高差:3962m
最高気温:50℃越え



「club MY☆STAR」の代表でもあり、ランニングコーチでもある岩本さん。
なぜにこんな過酷なレースにチャレンジされるのか!?

それは・・・ランナーズを読んでいただくとして、私が心に残ったことば。

本当に大切なことは言葉ではなく別の手段で伝えるものだということは、
他ならぬみんなが僕に教えてくれたことなのだ。


言葉では伝えられない、伝わらないなにか。
言葉よりももっともっと伝えられる、伝わるなにか。
言葉にできない大きな大きな、強い強いなにか。
そんなものがひしひしと迫ってくる感じ。

そんな何かを私も伝えたい!

挑戦することが、進化出来ることがすごく楽しい。

私もフェルデンクライスを始めて、走り始めて、そう思った。
どこかで自分にふたをしていた。
今もふたをしているけど、でも前ほどではない。
挑戦したい気持ちに気づかなかった自分。
気づこうとしなかった自分。
でも、どこかでそれを求めていた自分。

目標とは追われるものではなく追うもの。

目標に追い立てられるように進むのではなく、向かっていきたい。
どうすればそれが達成できるのか?

夢とは語るためのものではなく突き進むためのもの。

夢があるから進めるし、越えられることを感じている今日この頃。
向かっていくところがあることがうれしい。

ゴールとは辿り着くところではなく再び出発するところ、

去年は、ゴールが辿り着くところになっていた。
でも、そこからまた先が、目標が見えてきた。
また今のゴールに辿り着いたら、また先が見えてくるのか?
また向かっていくところがあるうれしさを味わえるのか・・・?

以前にも書いたことがあるけれども、
人は大人になると、自らチャレンジすることがなくなるひとがほとんど。

チャレンジできること、素敵☆

岩本さんのような、大きなチャレンジでなくとも、いい。
いつもと違うことを少ししてみる。
興味のあることを始めてみる。
苦手な人に声をかけてみる。

そんなささいなことでもチャレンジ。
そんなことでもいいと思う。

岩本さんのチャレンジが成功しますように!
(完走するとか、記録がどうこうということではなくて)
納得のいく形になりますように。
想いがつたわりますように。

そして、たくさんの人が自分にチャレンジできる世の中にもなればいいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/26(木) 07:20:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。