mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第17回日本山岳耐久レース:第2関門~第3関門(長尾平)
ロードに出ると、煌々とした灯りが見えて、第2関門到着。

ここでは、水かポカリスエットが1.5L補給してもらえる。
迷わず!ハイドレーションを出して、水を入れてもらう。
と・・・300mlくらい水が残ってた

もうジェルは、パワージェルは粘度が高くて飲めなかった。
荷物整理をして、パワージェルは奥へしまい、カーボショッツをウエストポケットへ。
これの方がサラサラしてる。

吸い込まれるように下り、また闇の中へ・・・。
すべるーーー

御前山を目指す。
上りが第1章から第3章まである。
試走のときは、ホント、まいった

月を見たり、星を見たり。
選手マーシャル(審判?)の方と話しながら上る。
きついのは承知の上だからか、大してきつくない。
めーーーいっぱい、ストックに頼っているからか?
(三頭山の下りくらいから、ストックなしで進む人が信じられなかった!)

記憶には残ってないけれど、御前山も頂上を越え、下りに入る。
(この下りと、この後の大岳山の下り、記憶が混乱してます

前にもあったかも知れないけど、いや、何時間か前にもあったけど、
ヘッドライトが、すこーし、まばたき、した。
ちょっと暗くなって、また戻る。
後ろの人のライトの影響かと思ったけど、違った。

そして・・・歩いていると、突然!!・・・暗くなった。
ライト、消えた・・・。
止まる…。

ホント暗いんだな、とライトのありがたみを感じる。
電池部分は頭ではなくて、分離してるものだったので、電池辺りを触ると、復活・・・ほっ。

ここで、本格的に右膝の外側が痛くなってきた。
ズキッ、と痛む。
止まった。
大きな段差のあるところで痛い。
内またにしてみた。

また止まる。
でも、すぐ進む。

またライトが消えた。

止まる。
さっきの選手マーシャルの方が声をかけてくれ、ライトで照らしてくださり、
予備の電池を探すけど、見つけられない。
予備のライトをポケットに入れてると・・・あ、ついた。

進む。

もしまた消えたら、そしたら・・・
予備のライトは暗いから、1人では進めないだろう。
人の前か、後ろについて進むか。
陽が昇るまで待って進むか。
どっちかしかない。

ライトがなかったら、リタイヤもできない、と言う人もいるが、そんなことはない。
進む以外考えられない。

そんなこと考えていると、膝の痛みなど消えていた

が、下りがあまりにも進めず、自分の登山経験のなさを痛感。
これをクリアするには、数こなすしかない、慣れるしかない。
これ、最初からやり直しなんて、絶対、嫌だ
ハセツネは、試走もしなければならない。
エネルギーが必要。
気持ちもカラダも、そのために時間も。

これがハセツネ。

またそれが私にできるか?
それができないなら、ここに自分をはめられないのなら、出なければいい。

これが最初で最後のハセツネ。
来年はない。

18時間切り?
もういい、18時間ちょっと過ぎでもいい。

答えが出た。

なんとか、大ダワに到着。
「大ダワ」といっぱい書かれていて、「ここに入ったらリタイア」ともテントの入り口に書かれてる。
書き過ぎやろ・・・。

ライトの予備の電池を探して準備し、入っていた電池をまたはめ直し、機能もチェック。
行けそうな予感。
おしりをストレッチ。
いろいろなところで、抜きつ抜かれつをしていた女性が、
「もう厳しいよね・・・。」と仲間と話していた。ゴール時間のよう。
うん、18時間切りは厳しいよね、と勝手に同意し、先に出た。

鞘口峠からこの辺り、ゴールまでは、おんたけの前、7月に仲間と試走にきたところ。
コースの記憶は曖昧だけど、楽しかった思い出はいっぱいある。
アドバイスもらって、一気に気持ち良く下れるようになったこと、とか。

仲間を思う。

大岳山の上りはきつかった。
下りも怖かったし、岩場とか、鉄の階段とか。
この辺りは記憶、曖昧。
とりあえず、あんまりのどは乾いてなかったけど、御前山下りきったところの水場で、がばが、くらい水を飲んだ。
みんな飲んでたから。
ヘッドライトが集まり、ホタルみたいだった。

これがハセツネ。
最初で最後のハセツネ。

もうそれしか考えられなかった。
何回も何回も、そればっかり頭の中をぐるぐる。

ちょっと走れるところになり、走ってると、煌々とした灯りが。
「第3関門?」と思ったが、期待しないように、とも思った・・・ら、あっけなく第3関門だった

スルー。

第3関門の場所、忘れてたし、名前も忘れていた(知らなかった?)・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。