mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ち、カラダ、自分
信越五岳トレイルランニングレース2009、長々と失礼しました
なんだかんだ言ってみても、走れる気持ちいいトレイル、ながーい緩やかな下り、
激上り、激下り・・・とても贅沢なコースで、贅沢なレースでした
来年も参戦か・・・!?

今は、ひたすらリカバリーに励みつつ、どんな状況でも曲げるのが苦痛だった右膝もほぼ回復!
走ってみないと分からないけど、筋疲労も抜けつつある感じ。

気持ちだけで走れるほど強くない。
カラダの痛みや疲れをおして走れるほど強くない。

人と競って、何になる?
そんなことはいっっぱい、やってきた。
疲れる・・・。

走れるところで走れない自分。
何で走れないの!と責めても進めない。
そんなことはいっぱい、やってきた。
苦しくなるだけ。

それよりも、今の自分を認める。
今、どういう状況で、何が必要なのか?
この状況で何ができるのか?
どうすれば無理なく進めるのか、とか。

痛いところが出てきたら、どうすればできるだけ痛くなく進めるかを考える。
長い距離、長い時間。
全くの痛みなく走ること、私はまだできない。
疲れずに走ること、できない。
だから、その痛みや疲れの虜になってはいけないと思う。

走ってて、何回もあった。
痛みはずっと続くものではない。
どこかでなくなる。
もちろん、全部がそうではないけど。

うまくからだを使えるようになってきただけ。
それだけなんだけど、それは私にとってすごーーーく、大きいこと。

速く走れる訳でもなく、しぶとい訳でもなく、
痛みや疲れ、気象条件も含めて、

自分とうまく関われるようになっただけ。

でも、これを伝えるのが難しい・・・ね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。