mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おんたけウルトラトレイル100km:レース前まで
おんたけウルトラトレイル100km

今年、最大の目標とするレースを上回る距離を踏みたい、できればトレイルで。
「普段立ち入ることのできな国有林」って・・・いいな
「HPの景色を生で見たい」

から始まり、「まだ時間があるから何とかなるでしょ。」と、
仲間に「参戦します。」と宣言。

が、時間が経つにつれて、距離に対する不安が大きくなる・・・。
「制限時間の20時間でどこまで進めるかのレースだな。」
「どうやったら、楽しめるかな?」
など、不安だらけだが、止める気にはなっていないことに気づき、エントリー。

もし、完走できるチャンスがあるなら、ちょっとでもあるなら、
・走れるところは全部走る。
・からだをうまく使う。
・いかに気持ちをラクにして走れるか
これが絶対条件だった。
これらがすべてクリアできて、完走できるかどうか、だな。

こんなに完走できる気がしないレースに出ることは初めてだった。
仲間たちは何が何でも完走するだろう。
あのメンバーが完走しない訳がない
私は・・・?

私は、他の仲間みたいにハセツネを完走どころか、経験したこともないし、
自分と戦って、痛みや苦しみと戦って走れるタイプではない。
追い込みがきくタイプでもない。
息切れすると歩く。
「がんばんなきゃ!」と思うと苦しくなる。
でも、勝手に「やんなきゃ!」「負けちゃいけない!」と自分で自分にプレッシャーをかけて、
ひとりもがいてたりする・・・あほだ

なので、「いかに気持ちをラクにしていくか?」と、「からだをラクに使うか?」を考えてた。
フェルデンクライスだな。
ここでも生かせる。

弱音ははかない。
はければラクなのか・・・?
口にする、ということは、その事実、その時なら、レースへの不安と向き合うことになる。
そんなことには耐えられない。
自分で自分の首を絞めることはしたくない。

一緒に練習したり、いろいろなアドバイスをくれる仲間がいることは心強かった。
このレースに参戦することによって、この仲間と一緒にトレイルや皇居を走ることができて、
楽しく、うれしかった
仲間、人って大事だなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
続きを楽しみにしています
こんにちは。
100kmの「ウルトラトレイル」参戦!
無事にケガ無く完走おめでとうございます。
レースの様子の続き、楽しみにしています。
2009/07/22(水) 10:13:53 | URL | Reiko #-[ 編集]
なんとかなりました~。
Reikoさん

こんにちは。
コメント、ありがとうございます!
なんとかなり、ほっとしました。
やっと夏が来る!そんな気分です♪
2009/07/23(木) 10:13:09 | URL | はる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。