mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共通点
最近は圧倒的に?走ったことの記事が多くて、このカテゴリは久しぶりだなぁ
ま、想いがことばにならず、あるいはまとまらず、ブログ自体がお久しぶりだったけど

今日は、用事を済ませてから、を訳してた。
これを訳さねば、資料もそろそろ作り始めねば・・・とちょっぴりだけ、焦ってきた
そう、ちょっぴりだけね、ちょっぴりだけ、ちょっぴり、だけぇ・・・?

そして前から気づいてたことを思い出した。
ぱっと見たり聞いたりしたところ、あるいは実際にやってみたろころ、
フェルデンクライスのATMレッスンには、いわゆる「危険な動き」がある。
運動指導の場では、「危険だから」とやらない動き。
怪我をしやすかったり、負担が大きくなりやすかったりするもの。

でも、それはフェルデンクライス的には危険じゃないのだ。
というか、危険じゃないように、する。

どうやったら、無理なくできるか?

これを考えてする。
または、無理ない範囲でする。

なーんだ、トレイルランと一緒じゃーん
(他のものでもいいけど

はっきり言ってトレイルランなんて、危険だし、
何で敢えて走らなきゃならないんの、そこを、と思う方もいるだろう。
でも、そこは危険じゃないようにする、のだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。