mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨盤と背骨をつなげての筋トレ
昨日は、奄美観光&奄美大島でのレースの報告をして(しつこいでも、この人に会うのは、レース後、今日が初めてだからいいのだ)、夜も仕事。
「春田さん、クリスマスイブも今日も仕事、大変だねぇ。」とお気遣いしていただく。
ので、「夜は長いので大丈夫ですよ」と言う
それよりも、今日、仕事でレースの試走に行けなかったことの方が切ない

そんな日の夜のミニレッスン。筋トレ30分。

筋トレ・・・はっきり言って嫌い
自分には禁止令を出してる。
消費エネルギーを上げるにはした方がいいことは分かってるけど、
今の私は、筋トレをしたところでパフォーマンスが上がるようには思えない。
どこか、を限定して鍛えるものに関しては、だけど、からだのつながりを壊して、また前の状態に戻してしまうから。
ヨガ、とかならいいかなぁ・・・。

でも、筋トレをして、パフォーマンスが上がったり、日常生活がラクになったりしてる人もいて、必要なものであることも分かってるし、
健康運動指導士、という立場、仕事上、避けては通れない。
ならば、自分だからできるようなものをやろうじゃないのー!ということで、前置きが長いけど

「骨盤と背骨をつなげての筋トレ」ということでやってみる

腹筋は、このつながりがうまくいかないと、鍛えにくいし、腰痛や首の痛みにつながり、トレーニングが成り立たないこともある。
背筋や、腿のトレーニングも、癖があると、うまくいかないことも多い。
ここからさらに肩甲骨までつなげると、胸や背中のトレーニングにも関わる。

筋トレとフェルデンクライス、ぱっと考えたときに、全く対極にあるように思える。
力をぐっと入れるものと、抜くもの。
でも、フェルデンクライス的にからだのつながりをつけれれば、効率的にからだを動かせるようになり、
結果的に効率よく、効果的にトレーニングができる。
「腰痛の予防・改善には腹筋が大事ですよ。」とかよく言われてたりするけど、疑問
もちろん、それが当てはまる方もいるけど、筋肉があっても使いこなせなければ意味がない。

今日は、なかなかうまくいったかな
いくつか作って、シリーズ化してみようか?試しつつ・・・。
私は、介護予防=筋トレ、みたいな図式が嫌いだし、他にすることもあるでしょ
もっとからだの動きを引き出すことをしないと、筋トレ自体も成り立たないでしょと思ってる。
高齢者むけのフェルデンクライス&動き(筋トレや日常生活の動き)のレッスンも考えたいし、
やりたいことだらけだなぁ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
難しい課題だね!!
脱力と筋力。神経の微調整と脳の機能。
それを考えてやると、膨大な時間と根気が必要になる。もちろんDNAの特性(むき・ふむき)も関わってくる。
筋肉は常に退化している。退化したなかでも、
重力に対抗している。
そして、特定部位を鍛える事は筋力のアンバランスを起こす。もちろん、ピラティスでも同様にバランスが悪くなる。
ヨガでも鍛練を抜かして、柔軟力ばかりに集中すると、アンバランスをまねく。
春田さんは物凄い難しい課題に直面してるよ!!

私は筋肉と神経はバランス良く鍛えなければ、
意味がないような気がします。
「もちろん、そんな事はかわっているよ」て、声が聞こえてきそうですね。

事例にこんな人がいます。
片足が麻痺した人間が、自転車を漕ぐみたいな装置を作り、やり続けたら歩行ができるようになったという
事例もあります。

春田さんもフェルデン+何かしら=効果抜群
を探して、世の中の役に立って下さい。

こんな考えの人もいます。
加圧トレーニング+整体=アライメント

頑張ってください。







2009/03/05(木) 10:53:22 | URL | アルジュナ #-[ 編集]
アルジュナさま

コメント、ありがとうございます♪
んー、難しい課題かもしれませんね。
以前に比べると、随分すっきりしてきた気もしますが、まだすっきり解決はしてませんねぇ。

私的には、筋肉と神経をバランスよく鍛える、というより、この2つをうまく繋げる、という感じでしょうか?
フェルデンクライスは、神経系にも関わってきます。
もちろん、バランスよく筋肉を鍛えることも必要ですが、その上で、かもしれませんが・・・。
また、筋トレの場合、筋肉にばかりフォーカスされているような気がして、
その筋肉の動きをコントロールしているのは脳なのに、そのことが忘れられている気がします。

ヨガも柔軟性ばかり気にしていると・・・ということには、すごく共感できました!
筋トレの時も、どこからこの動きをしているのか、
どの部分が逆にストレッチされているのか、など考えながらやってみることもおもしろそうです♪

フェルデンクライスのレッスンをしつつ、筋トレをすることは、うまくできれば、かなり効果的だと思います。
動きや、パフォーマンスにも結びつくと思います。

とりあえず・・・1つのクラスの中で、いかにこの2つをうまく繋げられるようにできるかにチャレンジしてみますね。
もう少ししたら、もっともやもやがすっきりして、いい景色が見えそうです♪


2009/03/08(日) 21:29:39 | URL | はる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。