mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奄美モードから学習モードへ
奄美ジャングルトレイルの後、筋肉痛もほとんどなく、翌日は観光

前日の飲みすぎも問題なく7:00名瀬発のバスに乗り、
朝もやののどかな南国のゆったり、のびのびした風景を見ながら、空港へ。
ああ、奄美大島、素敵
毎朝、わくわくしていた小学生の頃の夏休みの朝、って感じ。

空港からあやまる岬までバスで行き、帰りはサイクリングロードを通って、
土盛海岸、大瀬海岸を見ながら歩いて空港まで。
森の中を歩いたり、海岸を歩いたり、畑の中を歩いたり。

そして家に帰ってきて、翌日は仕事で動いたのだけれども、なんだかしっくりこない
びみょーに、レースの疲れとか、ダメージはあるかな。
筋肉とか関節に。

それはいいとして、問題は・・・からだのつながりがうまくいってなく感じたこと。
からだがばらばら、な感じ。
協力体制がなくなってる?
レースでて、こうなったってこと?
それは、からだをうまく使って走れてなかったのかも
うまくからだを使えてたときは、2時間走ってもその後、そのからだの感覚が残ってる
重いザックをしょって帰ってきたから?
「うまくからだを使えてた」ってわかりにくい表現だな
またおいおいと・・・。

そして今日は、フェルデンクライスのレッスンを受けた。
あおむけになって膝を立てて、左右にたおす。
あぐらで片手は横の床、もう片手は前にのばし、その腕を回していく。
そこからよつばいになったり、立ち上がったり。
2人組で手をひいて立ち上がったり、体育座りから立ち上がったり。

終わったら、背中、特に肩甲骨辺りがラクに、軽くなってた。
ここ、筋肉痛っぽかったのに

「その時に起こっていることに目を向けることが学習」と先生からのことば。
自分がレッスンする時には、
「今、からだのどこを動かしていますか?」
「どうすればよりラクに動けますか?」
「答えは皆さんの中にありますよ。」
と言うけれども、今日の「立つレッスン」はちょっと難しくて、
いつも自分が言ってることがあんまりできなかったな
これもレッスン中に気づいてたら学習・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。