mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第16回日本山岳耐久レース
10/12~13にタイトルのレース、通称ハセツネの応援に行ってきました

13日は午前から仕事だったので、制限時間の13:00まではいれなかったけど、
夜中中応援する人たちと合流させてもらえることに

何年か前に「走ることをしてみよう」と思って、シューズを買いに行ったときにこのレースのことを知り、

やってみたい
でも・・・私には無理だな。

とその時は思った、いわばあこがれのレース。
あれから何年かして・・・今年、こんな時が来るとは思っていなかった

異様な空気の五日市線に乗って、10:00くらいには会場に着き、
一緒に応援する人たちや、出場する人たちと会って、
装備や準備にびっくり
過酷なんだな・・・。

13:00にスタート

選手のすぐ近くで応援できるところはいくつかあって、3つある関門のうちの1つ目の少し?手前へ。
上る、上る
でも、選手たちはもっときついんだよなぁ・・・。

応援している選手たちが無事通過して行って一安心
でも・・・すごい坂、上ってる

そして、ゴールを待つ。待つ・・・。

が、一人目のゴールは、目の前にいたにも関わらず、見逃し
次の人のゴールの時は寝ていて見過ごし
(私だけじゃないよー、みんな、ね。)
その次の人も・・・

見過ごし過ぎやわっ

去年も走った人は、「今年はきつかった」と言いつつも充実感いっぱい
目標タイムを達成した人も、達成まであとわずかだった人も、
タイムアップで、ゴールできなかった人も、
これにチャレンジしたこと、すごいことだよ
恐れ多い

「ねぇさん(私のことね)、ここに来てるってことは、来年出るんでしょ?」と言われ・・・
ええっ

13日は「いや、無理だよね、これ」って思ったけど、

ど。。。今は?・・・

このレースの応援に行ったことを話すと、
「そんなアクティブな人とは思わなかった。」とか、
「で、春田はどこに向かって走ってるわけ?」とかとか。

んんんんーーー。楽しいよ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。