mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして、チェアエクササイズ4時間セミナーに参加
仲間が大絶賛の竹尾先生(チェアエクササイズ考案者であり、今回の講師)は、
関西モード全開の明るく、親しみやすい先生で、
このエクササイズの科学的な根拠をしっかりと説明されていて、
なおかつそれを今のメタボ対策用のエクササイズの指標に当てはまるようにも話されていて・・・
わかりやすく、ほんっとに、幅広いことをしっかりと理解されていて、なおかつそれを生かせる方だった。
すごい
教え方だけじゃなくて、その人柄、話し方、スタンス・・・素敵

理論と実技。
自分で本を読んで理解していたことの確認と、新しく知ったこと。
体験から得たことは、理論的にも正しかったこと。
通ってきた道をもう一度振り返り、確認していくこと。

骨盤と脊柱のリズム。
からだの連動性が低い方こそ、上肢がきつい。
座骨からの反発。

フェルデンクライス的なことには敏感だ

今日のセミナーを受けての気づき
私は、今まで音楽に合わせて動くものについては、エアロビクス的な動きからばかり動きの構成を考えていた、ということ。
なーんで、こんなに狭いとこでしか考えていなかったんだろう。
動きなんて無限なのに・・・。
もっと自分の枠からでてみよう

そして決めたこと
今日、聞いたことは、納得
自分がやってきたことに確信がもてたし、新しいことも学んだ。
押さえるべきところは押さえて、どう自分のものにしていくか?
フェルデンクライスと組み合わせて、自分のレッスンを展開しよう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。