mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
価値観
大きなタイトルですが・・・
最近感じることは、「自分が家族の価値観の中で生きてきた」ということ。

良いとか悪いとかではなくて、その事実。
人はみんなそうなのかな?

「家族は、一番小さな、最初の社会」というようなことを聞いたことがある。
その中の価値観にどっぷりはまっている人も、抜け出している人も、さまざまでいいと思う。

その中でもってきた価値観が変わること、どれだけの人が体験して、
あるいは、変化を感じていくのかな?などと考えてみたりしてる。

私は、「フェルデンクライス・メソッド・ティーチャーズ養成コース」の第3期生。
フェルデンクライスのレッスンを受けて、コースに入っている世代。
フェルデンクライスのレッスンをそこそこ受けれる環境が整ってきた世代。

それでも、フェルデンクライスは、私の価値観を変える、とてもとても大きなチカラをもっていました。
「自分が今までやってきたこと、なんだったの?全部間違い!?」
なんてことも思った。
それは今、クリアになってる。
そんなことはないよ、って。

今だからこそ、分かってきたこともある。
レッスンを受け始めたとき、トレーニングコースに入った時、こんなに自分を揺るがすものだなんて、
全く!思ってなかった!
思ってたらやってたかなぁ・・・。

人は、自分の価値観を揺るがされるものは怖い、と思うのだ。
私、小心者、だし。
変わること、怖い部分もいっぱいあった、いや、まだある。

でもでも、私たちの先輩、第1期の方々は、ちょっと本を見れば、お名前が出てくるような、
そんな「自分の道」を極めてきた方々が多い。
そんな方々、よくこれを受け入れられたなぁ、と尊敬。

変わること、変えること。

そんなことができるものの1つがフェルデンクライス・メソッドだと思う。
いや、フェルデンクライスすごさを伝えたかった訳ではなく・・・。
1つのアイテム、手段、例。

「変わること、変えること」
それもできないと、生き抜いて行けない時代になっていることを感じている今日この頃。
少なくとも私にとっては、今までの「価値観」を変えないといけない、
いや、変える時期になってきたんじゃないかな。

起こるべくして物事は起こる。
それにどう対処していくか。

最近、お仕事の関係もあり、たくさんの方々と「はじめまして」のごあいさつをし、
いろいろなことをおしえていただく、学ばせていただく機会が多い。

「明治維新から80年後に戦争。それから80年後に今回の震災。
80年周期で動いている。今は、転換期なんだよ。
あなたの年齢的にもそうだね。今が大事なんだよ。」

このことばもそのひとつ。

「価値観」ってことばをもうちょっと考えた方がいいかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。