mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左右対象に整える
フェルデンクライス・メソッドに出会う前、
職場でのウエイト・トレーニング大会に向けて、せっせとトレーニングしてた時のこと。

どう見ても、どうしても、自分のからだがよじれてる!
からだが、右か左か忘れてしまったけど、もうそれが気になって、気になって・・・
それをあーだこうーだ、ストレッチして、筋トレして、整えて、
それをしてるだけで時間が過ぎていく。
そして、毎回またほぼ元に戻ってて、それを繰り返す・・・。

疲れました

トレーニング進まないし、
何よりも、「私のやってることって正しい(必要なこと、効果的なこと)じゃない!?」、
そんな不安があり、
「こんなことを指導して良いの?」と思ってみたり。
「なーんかもっとシンプルに、効果的に整えられるもの、ないの?」と思ったり。

それがフェルデンクライス・メソッド、だった訳です。
シンプル!
あれこれ考えるのではなく、無理なく、動いて、整えられるのか!
画期的!

が、「左右対称に整える」ってこと、ほんとに必要?
と新たな疑問が・・・。

人のからだは、左右対称な方がパフォーマンスは良い。
痛みや、疲れを考えても、負担が少ない。
みんな思ってることだと思う。
確かにそれはそうだと思う。
体験からしても。

けれども、だよ。
「人は、バランスを崩しながら動いてる。」
これも事実。
バランスが崩れなければ、動けない、静止。
バランスを崩しながら、その中でバランスを取りながら動いてる。

そして、競技特性によっては、左右対称であることが難しい場合も多い。
左右対称であることがかえってパフォーマンスを下げることもあるのでは?

両手打ち、両手投げの野球選手、テニス選手、
同じ方向にまわり続ける競輪選手、トラック競技の選手、などなど。

人によっては、左右対称出ない方もいる。
片腕を、片脚を失ってしまった方、片方の手でないと文字書けない、人(ほとんだ、だね。)

フェルデンクライス・メソッドでは、左右対称に整えることにはこだわらない、です。
と、言いきれないか
それが必要であればそうするけれども、
そうあることは必須ではない。

少し話それますが、私、背骨に生理的湾曲がない・・・。
でも、肩こり・腰痛なし。
「もう少しこうなれば・・・。」とは思うけど、それはこれからのチャレンジ。
「まだまだ学び続けなさい。」というメッセージだね

じゃ、何が大事かと言うと、「持っている今のものを生かすこと」
その中で、取り組んでいくこと。
その時に・・・「無理なく、やりたいことができること」
そして、「動きや環境、社会に自分を無理なく適応させていくこと」
スポンサーサイト
5/23:市ヶ谷燕スタジオレッスン
5/23:市ヶ谷燕スタジオレッスン、無事終了しました。
雨の中、ご参加のみなさん、ありがとうございました!

今回のレッスンは、フェルデンクライス的ランニング本→「Running with the Whole Body
これの第2章を参考にしました。

が、このレッスン、私の苦手なレッスンで、
いつもいつも、「どうしたらこれ、ラクにできるんだろう??」と思うレッスン。
「何年フェルデンクライスやってるんですか?」と言われそうですが、
「疑問を持ち続けることができる」これもフェルデンクライスの魅力ではないかと。

ちょっと流れを変えて、加えて、背骨を柔らかくするレッスンをしました。
背骨にはたくさんの細かい筋肉がついていて、それらの筋肉は、背骨や重い頭を支えているため、硬くなりやすく、
そうすると、背中の動きが悪くなります。
脚と腕、頭をつないでいる背中。
ここがうまくそれぞれの部分の動きを伝えてくれなくなると、「脚だけ」「腕だけ」の動きになり、
からだ全体をうまく使い、スムーズに動くことができません。
疲れます!→残念ながら、こういうこと、いっぱい!経験済み、です。私。

今回は、足から、骨盤から、頭からのアプローチ。
前の記事にも書いたように、背骨は、頭、骨盤、肋骨につながっています。
背骨くんを、背中の動きを柔らかく、脚、腕、これらの動きをつなげる、
からだ全体の無理のない、スムーズな動きにするには、やっぱり背骨くんをいかに生かすか、
なのかなぁ、と思うのです。

今回のレッスンでの気づいたこと!

「肋骨へのアプローチをしたらもっと良くなる!」

ということで、次回は、肋骨の動きを引き出せることをしてみようかな。
呼吸を心地よく、
ストレスにより固めやすいところでもあるので、ストレスからの解放、
よりからだをしなやかに・・・。

次回は、6/22.23.27辺りを検討中です。
ご希望のある方はお知らせください。

背骨くんに自由はあるのか?
高齢者向けの筋力トレーニングのクラスにて。
このクラス、「筋力アップ体操教室」となっているも、ベースの運動に、3か月ごとにテーマがあり、
そのテーマにそった運動も紹介している。
今月は、「肩こり」

肩こりが起こりやすい姿勢→猫背、あごが出てるなど→背中が丸い。
よく、「背中が丸くなってきて・・・。」と相談を受ける。
原因は、いろいろあると思う。
筋力の問題、からだの使い方、骨の問題、椎間板の問題、などなど。
正直、何がその人にとっての原因なのか、断言できる人はいるのか・・・?
断言しちゃう人、は大いにいるけど。

背骨、一方的にワルモノ?
悪い(という表現が正しいかどうかは別として)のは背骨だけ?
背骨が全てか!?

そうではないと思うのだよ。

背骨のてっぺんには頭がある。
頭、重い。

背骨の上の辺り?には肋骨がついてる。

背骨の下は骨盤にはまっている。
骨盤には、大きな筋肉がついている。

背骨くんは好きで、
背骨くんの意思だけで丸くなってるんじゃない、
頭や骨盤の影響もあるのでは???
むしろ、人によっては、それが原因の人もいるのでは???
いや、むしろその方が多い???

ということで、頭の動き、骨盤の動きから、背骨の動きへ、
筋力トレーニングの「動き」ができる、効果の上がるところへもって行って、
そこから筋力とレーニングへ、そして、姿勢へアプローチ。

ちなみに、「背中を伸ばしましょう」ということは、運動指導の場ではよく言われてる。
それはそれで大事。
でも、伸ばし方は伝えられているのか?

背中を丸めることは悪いこと、のようにも伝えられているような気さえする。
悪いことではないと思う。
何をしたいか、によってである。
どっちもできないと不自由なのだよ。

フェルデンクライス・メソッドのレッスンではなく。
でも、「他の部分からアプローチする」、「からだのつながりをつくる」というところは、
フェルデンクライス・メソッド的アプローチ。

フェルデンクライス・メソッドのレッスンそのものだけをしたい訳ではない。
筋力トレーニングが悪いとも思っていない。

ただ、部分的にしかからだを見ないことはどうなんだろう、
筋力トレーニングに比重が置かれている今日この頃の指導傾向に疑問あり、
なのです・・・。

教科書に書いてあることが本当に事実なのか?
事実だとしても、それを当てはめて考えてよい人ばかりだろうか、
当てはめることが可能な人ばかりだろうか?
運動、スポーツ、この世界も変わる。
よく人を、動きを見て、考えることを忘れちゃいけない。

必要な人に必要なことを届けられるように。
必要なことができる環境、からだの状態を作って行けるように。

それができるようにしていきたい。

★5/23:市ヶ谷燕スタジオ・フェルデンクライス・レッスン★
お気軽にご参加ください♪
5/23(月):市ヶ谷燕スタジオ★フェルデンクライス・レッスン★
5/23(月)19:30-も燕スタジオでフェルデンクライス・レッスンします!

「心地よく動いて、からだと心を軽くする、
 姿勢をきれいに、動きをスムーズにする、フェルデンクライス・レッスン」


実際のレッスンでは、床に横になって、動きの指示を聞きながら動きます。
無理なく、心地よく、丁寧にからだを動かしてください。
「誰か」と比べたり、「何か」に無理やり自分を合わせる必要はありません。
まず、「自分」を「自分」として大事にしてくださいね
そして、自分のからだや、動きを探ってみましょう。

姿勢が悪い、スムーズに動けない、できない・・・。
それは、「筋力がない」、「センスがない」、「歳だから」ではなく、
からだをどう動かすと良いか分からない、「コツ」を知らない、「力を入れ過ぎてる」ということもあります。

がんばり過ぎてる部分を開放し、さぼっている部分に働きかけ、からだの協力体制を整えていく、
そして、姿勢を整えたり、動きをスムーズにしていくメソッドです。

心をからだはつながっています。

がんばり過ぎて、環境の変化が大きくて、心がおもーくなってませんか?
からだが軽くなると、心も軽くなります。

フェルデンクライス・メソッドは、「からだを動し、動きを探ることにより、自分とうまくつきあう」
そんなことにもつなげられます。
そして、そのことは、「自分を見つめ、社会や環境を見つめ、そこに自分を無理なく合わせていく」
そんなことにもつなげられます。
続けていくことにより、ストレスも軽減されます。

まずはレッスンで、自分を大切にする時間、心地よく、贅沢な時間を過ごしましょう

以前までは、「走ること」にも触れてレッスンを進めてきました。
今回も、それまでの内容を含めてご紹介できますので、ご希望の方はお知らせください。
フェルデンクライスの範囲はそんなに狭いものじゃない!(笑)

お気軽にご参加ください♪

*日時:2011年5月23日(月)19:30~20:45
*場所:燕スタジオ(どの市ヶ谷駅からも徒歩5~7分)
*持ち物:暖かくて動きやすい服装(はおるものや厚めの靴下など)
     ヨガマットなどの敷物(★)
     ハンドタオル
     (★レンタルヨガマット300円/1枚、ブランケット無料あります。)
*参加費:2500円(当日お支払いください)
*お問い合わせ、お申し込み:
     このブログの「メールはこちらから・・・」で、
     タイトルを「燕スタジオ」で、お名前、メールアドレス、電話番号をお知らせください。
     (2回目~の方は、お名前のみお知らせください。)
     ツイッターからの方は、DMでも、燕スタジオでも受け付けしています。
     
「フェルデンクライス・メソッド」とは・・・こちらをどうぞ。
フェルデンクライス的開き直り?
フェルデンクライスのトレーニングコースにお手伝いに行ってレッスンも受けて気づいたこと。

この日のレッスンは、私たちのトレーニングコースでも行ったレッスン。
はっきり覚えてる!
先生が、「こうなるように。」と言われた動きと全く逆の動きになっていたことを・・・。
そして今回も、トレーニングコースを卒業して3年目になるけれども、やっぱり逆の動きになってた。

フェルデンクライスでは、
動きの指示を与えられる→心地よく、無理なく動く→その動きを感じる→それに関連する動きにも気づく
そんなながれ。
そして、「こうならなければならない。」ということはない。
けれども、時々「こう動きましょう。」ということがある。
そこが先生の指示と逆になってた。

今日、「心をひらく体のレッスン」を参考に、久しぶりにゆっくりとおひとりさまレッスンをしていても同じことが起こった。

うーん。

今の私の動きがダメな訳じゃない。
先生に指示された動きができないだけ。

じゃ、それをどうすればできるのか、それを考えてすればいいんだな。
それができるようになると、2つのことができるようになる。
動きの可能性が、できることが広がる。
ひとつの動きの指示から、2つの動きができるようになる。

お得。
フェルデンクライス的。

そんな結論に達した今日。

★市ヶ谷燕スタジオ:フェルデンクライス・レッスン★
*日時:5/23(月)19:30-20:45
*参加費:2500円
*詳細は後日アップします。

今回は、
「心地よく動いて、からだと心を軽く、
姿勢をきれいに、動きをスムーズにするフェルデンクライス・レッスン」となります。

からだを心地よくすることにより、心も心地よく、
からだが軽くなることで、心も軽くなります。
姿勢がきれいになれば、動きもスムーズに、心もすっきり。
心とからだのつながりも感じていただければと思います。

お申込み、お問い合わせは、「メールはこちらから・・・」からお気軽にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。