mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮古島トライアスロン!
参加してきました。トレラン友達が。

初めて出会ったのは、トレランのレースの後で、その後も何度もレースで会い、一緒に練習したこともあった。
時々、「あっこさん(私)の根性にはかなわない。」って言われる
いえいえ、そのことば、そのままお返しします、といつも思うし、今日も思った。

まず、朝出かけようとしていたら、「宮古島」のタイトルで、
まず内容が、「200キロ戦ってきまする」、とメール。

もうこの時点ですごい
ぞくぞくした。
そして、がんばれ~

さらに、「バイクの途中関門かなりきつくランに移れるか勝負です」と。
ますますぞくぞく。
ますますがんばれ~!!

メールの終わりに、各ポイントをチェックできるサイトのURLと、ナンバーが書いてあった。

何時間も経って、やっとそのサイトにアクセスできたら・・・
すご~いっ!
バイクの関門も通過してる!
ランに入っている模様。
もうね、ほんとすごいよ~。
思わず、駅のホームでナミダはらはら。

いや~、ほんと、すごい。
単純だけど、これしか出てこない。

何度も無事進めているかサイトチェックして、携帯は持ってレース出てないだろうけれども、
何度も何度もメールして、ドキドキして。。。無事?ゴールできたみたい!

200km、想像できない旅。
ホント、尊敬そして感動!

私もこんなチャレンジしたい。
トライアスロン、やりたい!
そう思えた。

おととし、ハセツネの応援に来てくれた仲間が、「来年は出る!」と思わず宣言してしまった気持ちが分かる。
人の心を動かすチャレンジ。
未知へのチャレンジ。
きっと私の心に響くのは、「身体を動かすこと」「未知へのこと」「誰かと競うのではなく、自分を越えること」
こんなキーワードがあるチャレンジなのかもしれない。
そして、身近な人のチャレンジであること。

ナミダはらはら。
心揺さぶられっぱなし。
そのわりにうまく表現できない気持ち。
出てこないことば。

うーん、やはりフェルデンクライスは、固くなった心も柔らかくするなぁ。
いろんなことを感じやすくなる。
いろんな気持ちが巻き起こる。
けど、怒りは、減るな。
喜び、うれしさ、心満たされる感じ、感動、が多くなる。
私の場合、ナミダはらはら、が多くなる
良いのか悪いのか。
どうそれと付き合うのか、も大事。
そういう意味でも、フェルデンクライスは、表現すること(歌う、踊るなど)を
趣味、仕事にされている方にもいいかも。

★市ヶ谷燕スタジオ:フェルデンクライス・レッスン★
*日時:5/23(月)19:30-20:45
*参加費:2500円
*詳細は後日アップします。

お気軽にどうぞ♪
スポンサーサイト
フェルデンクライスをトレイルランにあてはめてみる
(長いです適度なところで区切ってくださいね。)
先々週末も、奥多摩、でした。
先週末も、奥多摩、でした。
今週末は、今日は、雨のため、延期になりました

トレイルは、ロードよりもコースが変化に富んでいることがほとんど。
上りあり、下りあり、
足元も、ふかふか、砂利だらけ、粘土質な土、木の根っこだらけ、岩あり、などなど。

でも、先に進みたければ、ゴールしたければ、「そこをどう進むか」、それを考える。
足元(自然)の状況だけでは、「どう進むか」は決められないことも多い。
今の自分の状況(疲労具合、得意、不得意など)、まわりの選手のことも加えて考えなければならない。
自然と自分とまわり。
これらに合わせて進まねばならない。

自分を無視して進むと、どこかで無理が来る。
自然を無視して進むと、危険。自然は人の力で変えられるものではない。(と思っている。)
まわりを無視して進むと、まわりまで巻き込んで怪我や事故を起こしてしまうこともあると思う。

それらをうまくやりくりして、進む、ゴールを目指す。

フェルデンクライスでは、これを「動き」を通してやっているだけ。
「ATM」と呼ばれている種類のレッスン(ことばを聞いて動くレッスン)では特に。
動きの指示を聞いて、動く。
自分のカラダ、動きを感じる。
そして、どうすれば(もっと)無理なくこの動きをできるようになるか、考えて動いたりする。
(この最後の部分までは、私のレッスンでは今入れてないことほとんどですが、近々入れます。)
カラダの全ての部分で無理がないように。

そして、そんな動きができるようになると、
トレイルランのいろいろな状況にも合わせやすいカラダ、動きができてくる。
ということを体感しています。

トレイルランは例であって、わかりやすいかな、と思ってます。
トレイルランにだけ当てはまることじゃなくて、他の全てに当てはまることです。

はい、ここまでが伝えたいこと!
以下、覚書き、メモです。


先週末は、ハセツネコースを、スタートから西原峠まで。
30kmちょっと。

今日、西原峠~ゴールを行く予定だったので、その前に「その前の部分」を行っておこうと。

が、ほんとに西原峠まで行けるの!?と心配だった・・・。
いつもは、22kmくらいのところ、浅間峠まで。
武蔵五日市駅に戻るバスがなくなる前、いや、暗くなる前には下りたいー!!

広徳寺から少し上がったところで、仲間と遭遇!
鞘口峠まで行くとか。
35kmちょっとな上に、途中にきつい三頭山がある

今回のテーマは、ストック練習&コースの把握!

ストック使うの、あまり得意ではない。
ハセツネでも、おんたけウルトラでも使って入るけれども。
先々週末の奥多摩で、「下りでうまく使えると速くなるよ。」という友達のことばを体験できた♪
ので、また一歩前進を目指す!

うん、上りでもよく使えたかな、先週より。
そして、新たなテーマ!・・・ゆるい上りを走る時、どう使うか!?
今度、やってみよう!

そしてコース。
このスタートから浅間峠までが、一番苦手
上りがキツイ、のに、ストックは使えず。
その理由も分かる。

醍醐丸前の上りきつい。
おととしも去年も、仲間が応援に来てくれたところ、その前は私も応援にいったところ。
醍醐丸は着くと、第1関門通過したくらいほっとする。

生藤山越えたら、浅間峠までぜーんぶ下り、と思いこんでいた去年のレース。
とんでもなかった
軍茶利山の階段、熊倉山・・・「こんなに上りあったっけ?」と思ってたっけ。
これはきついわ。

何とか浅間峠着。
すごくほっとする。
なんとか行けるかな、西原峠。

ちょっと上ったら、気持ちよく走れたかな。
そして、日原峠。
水を汲みに行く。
10分くらい下ったところ。
行き返った!

土俵岳を上り、下ったものの、丸山まではゆるくても上りで、なかなか走れず。
笛吹峠から西原峠までが長い・・・。

浅間峠からは、できるだけ走って、走って、何とか西原峠!
う~ん、やればできるじゃないか
まだまだ明るいし!

そこから気持ちよく仲の平まで下り、バスの時間までしばらくあったので、ロードで笛吹入り口まで。
いつもは、浅間尾根登山口までしか行かないけれども、今日は、チャレンジしたくなった♪

前向きな、やればできる♪、うれしい1日でした
先週末、奥多摩にて
この前の日曜日に、こんな方たちと、奥多摩、行ってきました。

こんな感じや、こんな感じでした。
と言いつつ、おふたりとは、温泉合流となってしまったのですが・・・
うーむ、やはり、追いつけなかったか・・・。
向こうチームがゆるゆるゆる、くらいで、こっちがどわーっ!と行けばなんとか追いつけたのか。

こちらチームは、数馬バス停からスタート。
まず、西原峠への入りがよく分からず、チャンプに地図を見てもらい、ほかのグループの方に着いて行く。
思った以上に距離があり、小雨、霧雨
が、薄いウィンドブレーカーで、濡れずに進めたのは良かった。

西原峠からハセツネコース。
三頭山上ってるのではなく、ほぼ大沢山上ってる感じだね。
そこから鞘口峠までの下りが思った以上に長い・・・。
けど、前ほど怖くなかったかな。
成長した♪

鞘口峠からはまた上るけど、ここから月夜見までは、まぁ平だったんだ・・・。
御前山、また最後の上り、オカシナところを上ってしまった・・・。
っていうか、私の記憶では、これは、大岳山の上りだったわ・・・。
あれ、御前山下って大ダワまでって、ずーっと下りじゃなかったっけ・・・。
上りありありだし。
れ、これ、去年のハセツネの時も思った・・・。

などなど、記憶は曖昧なもの

大ダワに着くとほっとする。
いつもほっとする。

そこから鋸山、鋸尾根、もえぎの湯へ。

暗くなる前に着いてほっ。
みんな待っててくれてほっ。

始めからストックを使い、チャンプが放射能対策ばっちり!な装備だったことに救われ、
ナントカ、置いて行かれずにすみました
ヨカッタ。

思ったこと。
ハセツネでもそうだけど、三頭山の上りがやっぱりキツイ。
なぜだろう・・・。
標高?

今回は、ストックうまく使えて、下りもスイスイ♪
うれしい!

やっぱりからだが動くって、うれしい♪
やっとコンディションが戻ってきた。
フェルデンクライス、ちゃんと時間とってやろう。
私には、ワキバラの動きがポイントになるなぁ。

そして、ほっとできる仲間です

ハーモニー体操の本出版されました。
先日、ハーモニー体操の本が、出版されました。
「ハーモニー体操」とは、フェルデンクライス・メソッドを中高年の方向けにアレンジしたものです。
著者は、コンラッドさん

実際にハーモニー体操は体験したことはないですが、まだこの本も買ってませんが(買いますよっ!)、
この方のフェルデンクライスの捉え方はおもしろい!と思っています。
簡単に、かんたんに言ってしまうと、
ちゃんとこのメソッドとカラダを、
いや、メソッドと社会、暮らし、生き方を結びつけていること。
そしてそんなレッスンをされていること。(何年か前にレッスンを何度も受けたとき時点で。)

大いに、納得!
私もそうやって自分自身にフェルデンクライスを生かせて来て、すごくラクになりました。
私もこういう風にフェルデンクライスを伝えたい、使いたい!と思ってます。
ま、まだまだ、そこへは行けない理由がありますが・・・。

と、ハーモニー体操からはずれましたが、戻って・・・。
まだまだ、「フェルデンクライスって、わかりにくい。」そう思われている方、
もっと手軽に経験してみたい方、
ラクしてラクになりたい方、
ぜひどうそ♪

ハーモニー体操本のお知らせでした。

最近、レッスンなどのお知らせが多いような気がするので、
そこはもっとまとめてシンプルに、
そして、もっと他のことも書きたい今日この頃です・・・。
いえ、書きますー。
燕スタジオでのフェルデンクラス・レッスン
ここのところ、燕スタジオでフェルデンクライス・レッスンしています。
フェルデンクライスのティーチャーズコース(トレーニングコース)で同級生の増井都乃さんに紹介してもらいました♪

みなさま、レッスンスケジュールの出し方が土壇場、ギリギリですみません・・・。
今後も続けていく予定です。
5月からは、早目早目で日程をお伝えできるようにしていきます。

このクラス、こんなタイトルつけてます。

「きれいな姿勢や心地よいからだをつくる、
気持ち良く動く、走るためのフェルデンクライス・レッスン」

長い、ですね
欲張り、ですねぇ・・・。

内容は、「フェルデンクライス・メソッド」です。
そして、この本を参考にしています。

が!この本の通りには行きません・・・。
もう少し段階を踏んだ方が、このメソッドに慣れていない方には良いのかもしれない、とか、
「このレッスンは、このレッスンに置き換えた方が姿勢的に無理がないのではないか?」とか、
考えて、ひねって?います。

フェルデンクライス・メソッドの特徴として、
「姿勢を変えて同じことをする」(うまく言えない・・・)ということがあります。
ある動き、仰向けですることを、仰向けになれない人には、横向きに寝て、など。
そんなこともできちゃう!
それでも、いや、その方が効果的!だったりもします。

そして、同じレッスンをしても、受ける方によって効果が違ったりします。
「効果が違う」と言うのは、「効果が出ない」または、「どれだけ効果が出るか」ということもありますが、
「どのように効果を感じてもらえるようなレッスンを、声かけをできるか」と言うこともありますが、
「効果」自体が違うこともあります。

ある方は、「腰がラクになった!」、またある方は、「歩きがスムーズになった!」などなど。
みなさんそれぞれ動かし方も違うし、カラダも違います。

そして、「走ること」をテーマにしている本を参考にしているこのレッスンも、さまざまな効果があります。
走るには、ここがこうで、ここは、こうなって・・・いろんな要素が含まれます。

そんなことも含めて、お伝えできるレッスンです
と言う訳で、気になる方、興味のある方は、お気軽にご参加ください。

★次回の市ヶ谷燕スタジオレッスン★
4/13(水)19:30-20:45です。
詳しくはこちらをどうぞ♪
4/13(水):市ヶ谷燕スタジオにてフェルデンクライス・レッスン
今後も燕スタジオでフェルデンクライス・レッスン続けます!

床に横になって、ご自分のからだの動きを探っていきます。
内容は毎回変わりますので、初めての方、2回目以降の参加の方もご心配なく!

まずは、心とからだを心地よく動かしましょう。
こんな時、です。
震災のニュース、原発のニュース、新年度での環境の変化、いろんなことがみなさんのまわりにも起こっていると思います。
意外にストレスを感じていたり、疲れていたり、いや、それに気づく余裕もなく過ごしてませんか?
それらを開放する、エネルギーチャージ、リフレッシュ・・・。
心地よく、贅沢な時間を過ごしてみましょう

また、「きれいな姿勢つくり」を、「スムーズな動き、気持ちよく走る」ことにもつなげていきます。
もちろん「きれいな姿勢つくり」は興味があるけれども、走ることはいいや、という方もご参加いただけます♪
いつものランニングを効率よくしたい、スポーツのパフォーマンスをアップさせたい!という方も是非どうぞ♪

*日時:2011年4月13日(水)19:30~20:45
*場所:燕スタジオ(どの市ヶ谷駅からも徒歩5~7分)
*持ち物:暖かくて動きやすい服装(フリースや厚めの靴下など)
     ヨガマットなどの敷物(★)
     ハンドタオル
     (★レンタルヨガマット300円/1枚、ブランケット無料あります。)
*参加費:2500円(当日お支払いください)
*お問い合わせ、お申し込み:
     このブログの「メールはこちらから・・・」で、
     タイトルを「燕スタジオ」で、お名前、メールアドレス、電話番号をお知らせください。
     (2回目~の方は、お名前のみお知らせください。)
     ツイッターからの方は、DMでも、燕スタジオでも受け付けしています。
     
「フェルデンクライス・メソッド」とは・・・こちらをどうぞ。
もっと知りたい方は、こちらもどうぞ→
物理学者でもあった、モーシェ・フェルデンクライス博士によって、1940年代に体系化されたメソッドです。
グループレッスンと個人レッスンがありますが、今回はグループレッスンです。
指導者の動きの指示を聞きながら、ひとりひとりが、ゆっくりと丁寧に、やさしくからだを動かし、
心地よい動きやからだのつながりを感じ、心地よいからだや動きを探していきます。
姿勢、肩こりや腰痛の予防や改善や、高齢者向けの介護予防事業、スポーツ選手やアーティストのパフォーマンスアップにまで幅広く使われています。

お仕事帰りにぜひどうぞ♪
日刊フェルデンクライス創刊!
日刊フェルデンクライスが創刊されました!
創刊されたのは、同じくフェルデンクライス・プラクティショナーの澤田さんです。

「この日刊 フェルデンクライスは日本全国のフェルデンクライス メソッドの関係者の応援をするために立ち上げました。
このような時期にフェルデンクライスを必要とする方々に役に立つフェルデンクライスの活動やレッスンの情報をお知らせできればと思います。」

という想いの元に創刊されました。
ツイッターユーザーの情報を元に作られているそうです。
内容もレッスンのお知らせから、フェルデンクライス関係者のつぶやきまで、いろいろです。
ブログやHPを見るよりも、フェルデンクライス関係者の本音、想いがよく分かったりもして…!?

私のレッスンnご案内なども載せていただいています。

ぜひご覧ください♪

市ヶ谷燕スタジオレッスン★
・4/4(月)19:30~20:45
・4/13(水)19:30~20:45
詳しくはこちらをご覧ください。
走ること、姿勢つくりに興味のない方にも対応する内容です。

こちらもお気軽にどうぞ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。