mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の仕事
またまた久しぶりのカテゴリーです

3/14(月):市ヶ谷燕スタジオレッスンします、ということばかりしている訳ではなく、こんなこともしてます・・・。
健康運動指導士としての立場での仕事です。

今日は、ウォーキングの自主グループの講師として、グループのみなさんがお借りした保健センターへ。
こちらの区では、自主グループに年2回くらい、保健センターなどの会場の貸出し、と、
年に3~4回ほどの健康運動指導士などの無料での派遣をしています。

このグループは、年に1回の健康運動指導士の派遣を希望され、普段は、集まってのウォーキング。
今日はその講師派遣の日。

うーん、過去の指導内容見てみて・・・必要なことは一通りしている。
その中でも、自主的に活動(ウォーキング)をしていく上で必要なことは伝えて・・・。

あ!あのレッスンをしよう♪
と言う訳で、ストレッチや足裏ケアの間に、簡単にフェルデンクライスをいれてみることに。

脚を前後に開いて、体重を移動させる。
足の裏のいろんなところを床に置いて、体重を乗せていく。
それに腕の動きもつける。

こういう場合、いつものようなフェルデンクライス・レッスンはしない。
美本も見せる。
ただ、「できるだけ力入れずに」ということ、「がんばらないこと」は伝える。
細かく?からだの状態を探ることは言わない。
だだ「無理なく、気持ちよく。」これ、繰り返し。

フェルデンクライスじゃないじゃん!
フェルデンクライスって、自分のからだの動きとか、よく探るじゃん!と言われれば、そうですね。

でも、良いんです、フェルデンクライスじゃなくてもこの場合、と思ってます。

この人たちがこれで心地よく動けるようになるのなら。
「フェルデンクライスです。」って言ってやらなければ。

と思ってます・・・。

結果・・・「足がかるくなったぁ~!」「すいすい進むね。」と、好評でした。

でもね、これが全てじゃないよ。
ちゃんと、ストレッチとか、レジスタンスとか、ウォーキングには、いろんなことが必要。
楽しく、効果的なウォーキングのためのには、いろんなことが必要。
丁寧に、丁寧に、忘れずにからだのケアも。

と、こんなこともしています。
フェルデンクライス的?な内容ゼロな運動指導もします。

ただ、「やった感があっていい!」とか、「ガンガン汗かきたい!」というのは嫌いです。
何かしらからだと会話して、機能的なところにアプローチすることは入れてます。
だって、必要だと思うから。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。