mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/28:燕スタジオでのレッスン
昨日、燕スタジオでフェルデンクライス・レッスンしてきました。

ご参加のみなさん、雨の中、ありがとうございました

きれいな姿勢や心地よいからだをつくる、
気持ち良く動く、走るためのフェルデンクライス・レッスン→こちら

ちょっとタイトル、欲ばりました・・・。
ご参加のみなさん、「走る」方々でした。

足や腕から骨盤や肩甲骨を動かす動きをし、
胴体部分の動きをしなやかに、そして、つなげる(これらの部分が単品で動くのではなく、協力して動く)動きをしました。

一般的には(運動などからだを動かすことの指導者の中でも)、背中をすっと伸ばした姿勢を取れることだけが良いことのように言われているように思います。
でも時には背中を丸めた姿勢になることも必要。
つまり、いろいろな姿勢を無理なく取れることが必要、と思っています。
さらに、いくら背中を丸める姿勢や、伸ばす姿勢をとれても、無理していてはしんどい。
続かない、からだにも心にも負担になる。
そんな姿勢を無理なく取れること、そこで要になってくる部分にアプローチしました。

走ることについては、腕の動きや脚の動き、いろんなことが言われていますが、
いくら腕をうまく振っても、いくら脚の動きを注意してしても、これらがつながらなければ、
走ることはうまくいかない、と思うのです。
脚だけで走ってる、とかになる・・・。
腕は胴体に、脚も胴体につながっている。
だから、この胴体がうまくそれらの動きをつなげられるようにこの部分が動くことが必要かな、と。
そんなアプローチにもなります。

そんなレッスンでした。

もうひとつ、フェルデンクライスのからくり?を書こうと思ったのですが、長くなったので、また今度!

次回燕スタジオ(それぞれの市ヶ谷駅から徒歩5~7分)レッスンは、3/14(月)19:30~20:45開催予定です。
詳細はまたこちらのブログ、燕スタジオのスケジュールにてご案内いたします

こちらのレッスンもどうぞ♪↓
タイワハウスレッスン
*3/5(土)10:00~11:30
*京王線笹塚駅より徒歩5分
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。