mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ「こんなときこそフェルデンクライス」なのか?
今まで、書こうと思ったこともありました。
でも、ためらって書きませんでした。
そんなことが、今、書けるかな、と思いました。
こんなとき、であり、自分の中でもまとまりつつある段階になってきました。
(と思ったのは、始めだけ???)

「こんなときだからこそ・・・」
元気でいよう!
ひとつになろう!
声をかけあおう!

「こんなときだからこそ」フェルデンクライス。
フェルデンクライス・メソッドについては、ブログを始めたばかりの時に、こちらにも書きました。

それからいろんなことを聞き、考え、思い、気づき、体験してまた自分の中でいろんなものが出てきました。
このメソッドを作ったモーシェ・フェルデンクライス博士は、物理学者であり、サッカーにより膝をけがしました。
当時の外科的な技術では、治療のしようがない、よって彼は自分でそのけがを治すべく試行錯誤していく段階でこのメソッドを作り上げていきました。

これ、一般的にも(このメソッドが一般的かどうかは別として)知られていること。
それは間違いないのだろうけれども、モーシェの生きた時代、生きた環境を考えてみて、
フェルデンクライス仲間と話していたこと、聞いたこと、考えたことを少し。
あくまでも、私のことばです。私のことばで書きます。

モーシェは、パレスチナに移住したり、フランスに住んだり、イギリスに住んだり。
イスラエルでは、戦争が起こっていて、毎日、たくさんの兵士や人がけがをし、亡くなっていく。
そんな時代の中で、このメソッドは、戦争で戦う兵士にも用いられていた、とか。

そんな不安定な時代でも、国にいても、生きていかねばならない。
母国を離れ、他国に行って、文化や習慣の違いに戸惑っても、母国を思っても、生きていかねばならない。

では、どうやって生きていくのか?

時代や戦争、国を憎んでも、変わることを望んでも、何が変わるのか?変えられるのか?
変わらない、変えられない・・・?
変えられるのは自分。

「自分をいかに今の状況に合わせて、無理なく生きていくのか。」

そんな時代背景で生まれてきたメソッドでもあります。
それを、「からだを動かす」ということからアプローチしているのが、
フェルデンクライス・メソッド、でもあると思うのです。

レッスンを提供する側が、受ける側に、「こういう動きをしてください。」と伝える。
受ける側は、「無理なく」その動きをする。
自分の環境が、「こんな環境だ。じゃぁ、どうやって自分をその環境に適応させていくか。」

「動き」から入り、「いかに無理なく動くのか」をして、「無理なく心地よく動く」ことによって、
「自分がどう動いているのか、どこが動いているのか」に「気づく」
そして、「自分に合った、スポーツなどに合った無理のない動き、からだの使い方」をできるようになる。
よって、「痛みから解放されたり、動きがスムーズになったり、スポーツでのパフォーマンスが向上」する。
(一部、レッスンの進め方、伝え方で含まれないこともあるかと思います。)

これを生きることに合わせて考えてみると・・・
「自分に合った、時代や環境に合った無理のない生き方」をできるようにし、
「苦しみから解放されたり、考え方などが良くなり、生きる上での生活の質が向上」する。

ちょっと、まとまってないかっ

でもまぁ、「動き」から入って、「生きる」ということにもアプローチしていると思うのです。
「なぜ動きから?」ということは、フェルデンクライス身体訓練法に書いてあったかと。
今回は省きます・・・。

東日本大震災が起こり、被災地は大変な状況に変わりはありません。
報道されている以上に大変なことが起こっていると思います。
被災地、被災された方々は、そのことのみならず、そのことから、さまざまな影響を受けられていると思います。

また、被災されてない方も、心を痛めている方は多くいらっしゃると思います。
ご自分の震災の体験を思い出してつらい方、テレビの映像からのショックで体調を崩している方、
家族が、親類が被災された方、被災地にいないにもかかわらず、赤ちゃんに必要なものが手に入らない方、
震災の影響で、仕事が減ってしまった方、などなど。

でも、生きていくしかないのです。
今の状況を嘆くのも、憎むのも、悲しむのも必要だと思います。
そんな過程も経て、生きていきましょう。
では、どう生きていくか、だと思うのです。

そんな時に、このフェルデンクライス的考えは使えるのかな、と思ったりしてます。

「今すぐなんとか!」そんな力はフェルデンクライス・メソッドにはないかもしれませんが、
少しずつ、ね。
さまざまな分野の専門家の方々が「今」を「日本」を支えるべく活躍されています。
自分に何ができるのか?
フェルデンクライス・メソッドを伝える立場の人間としては、これを伝えていくことかな。

レッスン、また再開します。
市ヶ谷燕スタジオ
・4/4(月)19:30~20:45
・4/13(水)19:30~20:45
詳しくはこちらをご覧ください。
走ること、姿勢つくりに興味のない方にも対応する内容です。
お気軽にどうぞ。

また、「フェルデンクライス」でインターネットで検索すると、いくつものレッスンを見つけられます。
動画なども見つけられます。
こちらもぜひ活用していただければと思います。
スポンサーサイト
4/4(月):市ヶ谷燕スタジオにてフェルデンクライス・レッスン
また燕スタジオでフェルデンクライス・レッスン行います!

床に横になって、ご自分のからだの動きを探っていきます。
内容は毎回変わりますので、初めての方、2回目以降の参加の方もご心配なく!

まずは、心とからだを心地よく動かしましょう。
こんな時、です。
震災のニュース、原発のニュース、新年度での環境の変化、いろんなことがみなさんのまわりにも起こっていると思います。
意外にストレスを感じていたり、疲れていたり、いや、それに気づく余裕もなく過ごしてませんか?
それらを開放する、エネルギーチャージ、リフレッシュ・・・。
心地よく、贅沢な時間を過ごしてみましょう

また、「きれいな姿勢つくり」を、「スムーズな動き、気持ちよく走る」ことにもつなげていきます。
もちろん「きれいな姿勢つくり」は興味があるけれども、走ることはいいや、という方もご参加いただけます♪
いつものランニングを効率よくしたい、スポーツのパフォーマンスをアップさせたい!という方も是非どうぞ♪

*日時:2011年4月4日(月)19:30~20:45
*場所:燕スタジオ(どの市ヶ谷駅からも徒歩5~7分)
*持ち物:暖かくて動きやすい服装(フリースや厚めの靴下など)
     ヨガマットなどの敷物(★)
     ハンドタオル
     (★レンタルヨガマット300円/1枚、ブランケット無料あります。)
*参加費:2500円(当日お支払いください)
*お問い合わせ、お申し込み:
     このブログの「メールはこちらから・・・」で、
     タイトルを「燕スタジオ」で、お名前、メールアドレス、電話番号をお知らせください。
     (2回目~の方は、お名前のみお知らせください。)
     ツイッターからの方は、DMでも、燕スタジオでも受け付けしています。
     
「フェルデンクライス・メソッド」とは・・・こちらをどうぞ。
もっと知りたい方は、こちらもどうぞ→
物理学者でもあった、モーシェ・フェルデンクライス博士によって、1940年代に体系化されたメソッドです。
グループレッスンと個人レッスンがありますが、今回はグループレッスンです。
指導者の動きの指示を聞きながら、ひとりひとりが、ゆっくりと丁寧に、やさしくからだを動かし、
心地よい動きやからだのつながりを感じ、心地よいからだや動きを探していきます。
姿勢、肩こりや腰痛の予防や改善や、高齢者向けの介護予防事業、スポーツ選手やアーティストのパフォーマンスアップにまで幅広く使われています。

そろそろ再開
気がつけば、今日になっていました。
地震が起こり、いろいろなことを感じ、考えました。

それはまた今度・・・。

友達が、仕事のため、広島に旅立ちます。
夜から集まり、朝まで、いや、その日の夕方まで!?
ぐだぐだぐだぐだ・・・2ヶ月分くらいのグダグダをしてきました。

トレラン仲間のみんなと会いました。

以前からの仲間が、「声をかけあおう。」と言うことを言い続けていました。

ああ、ほんとにそういうことが必要だね、などと実感。

エネルギーチャージできました。

自分に何ができるか、自分は何をしたいのか、いろいろ考えますが、またフェルデンクライス・レッスン再開します。
現在調整中ですが、4月からは始めたいと思っています。

「この状況の中でどう生きていくか、無理なく、自分とうまく関わって。」
そんなことが、このメソッドの奥にはあります。

ん?そんなこと分からない。と言う方も、そこが目的でない方も、
もっとからだを無理なく動かして、心地よくなりたい方、
スポーツなどのパフォーマンスをアップさせたい方などなど、ご参加ください♪

詳細は後日アップします。
支え、支えられる
電車の運休により、レッスン会場の閉鎖により、今日はお休みになりました。

ひとりでいて、あるかもしれないとは思っていた余震にびっくりし、
やっぱり「怖い!」「ひとりでいたくない!」と思いました。

そして、予定通り、会う予定だった友達の家に行くことに。
自転車で1時間40分。

こんな時に!?
ほんとに必要な人に道路をあければ?
ほんとに、「うれしいよ~、来て!でも、無理しないでね。」と言う友達の言葉に甘えていいの?

でも・・・ひとりでいたくない。
また揺れたら怖い・・・。

そんな気持ちのまま、友達の家に。
今7ヶ月くらいの妊婦さん、間もなく2歳の子と一緒にマンションの1階まで迎えに来てくれました。

お互い不安だったこと話して、私が相談したかったことを相談して、アドバイスもらって、
ご飯、お茶いただいて、久しぶりの時間が過ぎて行きました。

「来てくれてありがとう!子供と2人じゃ不安だったんだ。」って言ってた。
むしろ、私の方が一緒にいてくれて、相談聞いてくれて「ありがとう。」だよ。

支え、支えられている。
こんな時だからこそ、自分が元気でいること。
大事。

お互い必要としあって、求めあって、支えあって、暮らしていく。
甘えてるんじゃなくて、助け合ってる。
人を求めることに、支えてほしい、と思うことに罪悪感を感じてはいけない。

私も担当している高齢者向けのクラスは、1週間ほど開催しない、との連絡あり。
ひとり暮らしの方は特に誰かといたいんじゃないかな?
出かける機会、誰かと会う機会を求め、寂しく、不安になっていないのかな?
集まれる機会、場所はあるといいな、と思った。
できること
今回の地震で被災されたみなさまの無事と、地域の早い復旧を、
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

私の友達は、阪神大震災に遭い、看護師としても地域の病院で被災された方々の看護をしました。
今回の地震でも、当時のことを思い出したよう。

地震が起きた時、私は、高齢者の筋力アップのクラスをしていました。
「早く自宅に帰りたい。」と言う方と、「ひとり暮らしだから、ここにいたい。」と言う方と。

私たちになにができるのか?

私のお知り合い、仲間も何人も今回被災した地域に住んでいます。
家族、親戚はいません。
まだ、安否の確認はとれていません。
そんな立場での意見です。

現地での活動はまだ専門家に任せた方がいいようです。
募金をする。
節電に協力する。

そして、被災した地域に住んでいなくても、余震が続くと言われているこの状況で、
不安になっている人、ひとり暮らしで心配な方などなど、そんな仲間の、ご近所さんの、友達のフォロー。
話を聞く、「大丈夫だよ。」と傍にいる、一緒にご飯を食べる、など。
これは、比較的できることじゃないでしょうか?

そして、元気でいること。
支え、支えあう。
そしたら、それができたら、
もっと困っている人を応援する、助ける力にもなるから。

ブログリンク追加のお知らせ
フェルデンクライスのトレーニングコースの同級生、増井都乃さんのブログをリンクに追加しました。
「comfortableに行こう!」→こちら

高松市周辺でフェルデンクライス・レッスンを展開されています。
四国はまだレッスンが受けられるところが少ないのでは?と思います。
興味をお持ちの方、ぜひ♪

ブログも、レッスンの内容や感想などもこまめに書かれています。
フェルデンクライス・メソッドを伝える側の方もぜひどうぞ。
今日の仕事
またまた久しぶりのカテゴリーです

3/14(月):市ヶ谷燕スタジオレッスンします、ということばかりしている訳ではなく、こんなこともしてます・・・。
健康運動指導士としての立場での仕事です。

今日は、ウォーキングの自主グループの講師として、グループのみなさんがお借りした保健センターへ。
こちらの区では、自主グループに年2回くらい、保健センターなどの会場の貸出し、と、
年に3~4回ほどの健康運動指導士などの無料での派遣をしています。

このグループは、年に1回の健康運動指導士の派遣を希望され、普段は、集まってのウォーキング。
今日はその講師派遣の日。

うーん、過去の指導内容見てみて・・・必要なことは一通りしている。
その中でも、自主的に活動(ウォーキング)をしていく上で必要なことは伝えて・・・。

あ!あのレッスンをしよう♪
と言う訳で、ストレッチや足裏ケアの間に、簡単にフェルデンクライスをいれてみることに。

脚を前後に開いて、体重を移動させる。
足の裏のいろんなところを床に置いて、体重を乗せていく。
それに腕の動きもつける。

こういう場合、いつものようなフェルデンクライス・レッスンはしない。
美本も見せる。
ただ、「できるだけ力入れずに」ということ、「がんばらないこと」は伝える。
細かく?からだの状態を探ることは言わない。
だだ「無理なく、気持ちよく。」これ、繰り返し。

フェルデンクライスじゃないじゃん!
フェルデンクライスって、自分のからだの動きとか、よく探るじゃん!と言われれば、そうですね。

でも、良いんです、フェルデンクライスじゃなくてもこの場合、と思ってます。

この人たちがこれで心地よく動けるようになるのなら。
「フェルデンクライスです。」って言ってやらなければ。

と思ってます・・・。

結果・・・「足がかるくなったぁ~!」「すいすい進むね。」と、好評でした。

でもね、これが全てじゃないよ。
ちゃんと、ストレッチとか、レジスタンスとか、ウォーキングには、いろんなことが必要。
楽しく、効果的なウォーキングのためのには、いろんなことが必要。
丁寧に、丁寧に、忘れずにからだのケアも。

と、こんなこともしています。
フェルデンクライス的?な内容ゼロな運動指導もします。

ただ、「やった感があっていい!」とか、「ガンガン汗かきたい!」というのは嫌いです。
何かしらからだと会話して、機能的なところにアプローチすることは入れてます。
だって、必要だと思うから。

3/14(月):市ヶ谷燕スタジオレッスン
また燕スタジオでフェルデンクライス・レッスン行います!

床に横になって、ご自分のからだの動きを探っていきます。
「きれいな姿勢つくり」を、「スムーズな動き、気持ちよく走る」ことにもつなげていきます。
もちろん「きれいな姿勢つくり」は興味があるけれども、走ることはいいや、という方もご参加いただけます♪
いつものランニングを効率よくしたい、スポーツのパフォーマンスをアップさせたい!という方も是非どうぞ♪

*日時:2011年2月28日(月)19:30~20:45
*場所:燕スタジオ(どの市ヶ谷駅からも徒歩5~7分)
*持ち物:暖かくて動きやすい服装(フリースや厚めの靴下など)
     ヨガマットなどの敷物(★)
     ハンドタオル
     (★レンタルヨガマット300円/1枚、ブランケット無料あります。)
*参加費:2500円(当日お支払いください)
*お問い合わせ、お申し込み:
     このブログの「メールはこちらから・・・」で、
     タイトルを「燕スタジオ」で、お名前、メールアドレス、電話番号をお知らせください。
     (2回目~の方は、お名前のみお知らせください。)
     ツイッターからの方は、DMでも、燕スタジオでも受け付けしています。
     
「フェルデンクライス・メソッド」とは・・・こちらをどうぞ。
もっと知りたい方は、こちらもどうぞ→
物理学者でもあった、モーシェ・フェルデンクライス博士によって、1940年代に体系化されたメソッドです。
グループレッスンと個人レッスンがありますが、今回はグループレッスンです。
指導者の動きの指示を聞きながら、ひとりひとりが、ゆっくりと丁寧に、やさしくからだを動かし、
心地よい動きやからだのつながりを感じ、心地よいからだや動きを探していきます。
姿勢、肩こりや腰痛の予防や改善や、高齢者向けの介護予防事業、スポーツ選手やアーティストのパフォーマンスアップにまで幅広く使われています。

3/5:タイワハウスレッスン終了しました
タイワハウスでのレッスン、無事終了しました。

再会あり、出会いありでした

前半は、脚や腕から骨盤や肩甲骨、そして胴体をつなげて動かす動き。
後半は、ダイレクトに骨盤や肩甲骨を動かし、そして胴体をつなげて動かす動き。

からだとの対話の時間。

胴体部分の動き、姿勢に大きな関わりがあると思ってます。
「腰痛あるの?じゃ、腹筋しましょう。」・・・あほかっ!じゃなくて、単純すぎないか!?
「腹筋弱くなると、姿勢が崩れます。」・・・腹筋だけのせい?
「腹筋と背筋のバランスが大事です。」・・・それもそうね。

肩甲骨と背骨と骨盤のつながり。
これがうまく整うと、姿勢も、腹筋とか背筋とか鍛えることするのも、うまく行くじゃないかな。
だって、今まで見てても、
「筋力がなくてそのトレーニングができないんじゃなくて、からだの動かし方、分からないんだよね。」
そう思う人、こと、トレーニングしてるとこ見てていっぱいあった。
それを、全部「筋力がないからできない。」その判断、おかしくないか!?

それました・・・。

ご参加のみなさま、告知してくださったみなさま、ありがとうございました。

からだと対話する、人と対話する。
からだがつながり、人ともつながる。

タイワハウス、京王線笹塚駅から徒歩5分。
柔らかい日差しが入って、青い空も見えて、柔らかい雰囲気。
元気のある商店街の中にあります。
心地よいところです

次回は、4月の土日、9.10.23.24日以外で日程調整中です。
ぜひご参加ください。

★市ヶ谷燕スタジオレッスンは、3/14(月)19:30-からです。詳細は後日になります★
こちらもぜひ。
2/28:燕スタジオでのレッスン
昨日、燕スタジオでフェルデンクライス・レッスンしてきました。

ご参加のみなさん、雨の中、ありがとうございました

きれいな姿勢や心地よいからだをつくる、
気持ち良く動く、走るためのフェルデンクライス・レッスン→こちら

ちょっとタイトル、欲ばりました・・・。
ご参加のみなさん、「走る」方々でした。

足や腕から骨盤や肩甲骨を動かす動きをし、
胴体部分の動きをしなやかに、そして、つなげる(これらの部分が単品で動くのではなく、協力して動く)動きをしました。

一般的には(運動などからだを動かすことの指導者の中でも)、背中をすっと伸ばした姿勢を取れることだけが良いことのように言われているように思います。
でも時には背中を丸めた姿勢になることも必要。
つまり、いろいろな姿勢を無理なく取れることが必要、と思っています。
さらに、いくら背中を丸める姿勢や、伸ばす姿勢をとれても、無理していてはしんどい。
続かない、からだにも心にも負担になる。
そんな姿勢を無理なく取れること、そこで要になってくる部分にアプローチしました。

走ることについては、腕の動きや脚の動き、いろんなことが言われていますが、
いくら腕をうまく振っても、いくら脚の動きを注意してしても、これらがつながらなければ、
走ることはうまくいかない、と思うのです。
脚だけで走ってる、とかになる・・・。
腕は胴体に、脚も胴体につながっている。
だから、この胴体がうまくそれらの動きをつなげられるようにこの部分が動くことが必要かな、と。
そんなアプローチにもなります。

そんなレッスンでした。

もうひとつ、フェルデンクライスのからくり?を書こうと思ったのですが、長くなったので、また今度!

次回燕スタジオ(それぞれの市ヶ谷駅から徒歩5~7分)レッスンは、3/14(月)19:30~20:45開催予定です。
詳細はまたこちらのブログ、燕スタジオのスケジュールにてご案内いたします

こちらのレッスンもどうぞ♪↓
タイワハウスレッスン
*3/5(土)10:00~11:30
*京王線笹塚駅より徒歩5分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。