mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らない、のだよ。
ずっと、からだを動かしてきました。
いわゆる、運動とか、スポーツとか、ずっとやってきました。

好きだったからと言えれば良いのだけれども、そうでもなかったかな?
いや、そうでもない時期もあったかな。
今は、自信を持って、「好きだから」って言えることがうれしいけど。

そんなことや、フェルデンクライス・メソッドについて考えていて、また思い出したこと。
ツイッターで、昼間につぶやいたこと、もうちょっとちゃんとまとめてみよう。

スポーツとか、運動とか、主にスポーツかな、を指導している指導者について思うこと。
指導者のみなさんが全てこれから先に書くような指導者だ、って、決めつけてる訳ではないです。

「こういう風に動きなさい。」と言う。これ、当たり前。よくある。
例えば走る時、「骨盤を前傾しなさい。」など。

言われている側は、どういう状態なのか分かってる場合と、分かっていない場合がある。
分かってない場合は、分かるように伝えると思う。

分かったとする。
でも、できる場合と、できない場合がある。
できる場合、ここで落ち着く。
もしくは、「センスがある!」とか、褒められ、認められる。

できなかった場合、が問題。
「ここをこういう風にすると、できるよ。」とか、と言える指導者、どれだけいるか?
さっきの走ることであれば、「肩甲骨を背骨に寄せるといいよ。」とか。

繰り返し、「こういう風に動きなさい。」その繰り返し、多い。
「こういうことを意識しなさい。}とか。
いやいや、意識するもなにも、分からないんだって。
それを分かるように教えるの、あなたの仕事じゃない?と思ったこと、いっぱい。

ちゃんと「どうしたらそうできるか。」を教えてくれる指導者もいるけど、少ない気がする。

さらに、それでも、できない人もいる。いるの!
私みたいなタイプ。
こんだけ教えたのにできないの!?ってタイプ。

でもね、できない側からすると、できないんだよっ。
ほんと、悔しいけど、できないの。
努力してるとか、してないとか、そんなことじゃないの。

頭では分かってる、つもり。
でもね、からだをそういう風に動かせるかどかはね、別なの。
別!

というと、「それは分かってないんだよ。」と言われる・・・。
「はいそうですねー、はいはい。」と、どーでもよくなる。

できないことでなく、その人との関わりが。

できないことに対しては悔しいので、あまりどーでもよくなること、私にはあまりない、
けど、一般的には多いのかもしれない。

話を戻すと・・・なんでできないか、というと、「そういう風に動かす。」ということをからだが知らない。
そう動かす、という選択肢がない。
簡単に言っちゃうと、カレーの作り方を知らないのに、「なんでカレー作れないの?」と言われてるようなもの?

前に、このことについて、フェルデンクライスのトレーニングコースの同期生と話した。
「そういう教育を指導者は受けてないんだよ。だから分からないの。」と言われた。
なるほど。
でもこれってさ、ちょっと考えれば、見てれば、気づかないか・・・?
うーん、こんな自分だからかしら。
こう思うことも、前に書いたような指導者と同じようなものか・・・反省。

すいすいできちゃう人も、できない人もね、みんな同じなんだよ。
そのスポーツ、うまくなりたい、強くなりたい、とか、そういう想い。
だから、言われたことすぐできない、それはね、悔しいんだよ。

でも、その悔しさとか、なんでできないのか、そこまで考えられる人、どれだけいるのか?

それも学び、学んでいくこと、そう言ってしまえばそれまでだと思う。
都合のいい、指導者側(特に教育関係の指導者、学校の部活の指導者など)の言い訳や想いなんじゃないか、とすら思う。
でも、やっている側は、真剣。
特に学校の部活なんて、限られた何年間。
大人だって、「いつまでできるかなぁ。」そう考えてる。

そんな自分だから、ここに自分に足りないものを補えるものがあると思うから、
フェルデンクライス、やってるんだろうね。

そういう人、他にもいっぱいいると思う。
だから、余計なお世話かもしれないけど、そういう人には気づいてほしいし、伝えたいし、届くようにしたい。

でも、フェルデンクライスだけで全てを補える、とも思ってない。
他に足りないものは、他でも補わねばならない。


スポンサーサイト
学習
「心をひらく体のレッスン」、この本は、モーシェ・フェルデンクライス博士のレッスンをほぼそのまま文章にしたような本です。
そのため、レッスンでの動きの指示、説明したこと、モーシェの考えなどが混ざって書かれてます。
その分、ちょっと長く感じるかな、1つ1つのレッスンが
その中に書かれていたことば。

「学習というものは、自分にできることを別のやり方でもできるようになり、
選択の幅が広がるようになる過程であると言えます。
違いが重要です。
そうでなければ、選択の余地はありません。」

フェルデンクライスのレッスンでは、こういうこともします。
心地よく動けること、大事。
その時、自分がどう動いているのか、知ること、大事。
その動き、再現できること、大事。
さらに、違う方法でもできるようになること。
動きを区別できるようになること。

そうすると・・・選択すること、ができるようになります。

例えば、京都に行きたい。
どうやって行くか。
費用は?時間は?自分に最適な行き方は?
そう考えた時、新幹線でしか行く方法が思いつかないと、新幹線でしか行けない。
朝早くの予定があって、間に合わないときはどうする?
でも、深夜バスでも行ける、という選択肢もあれば、それを選ぶこともできる。

こんなことです・・・って通じるかな?

痛みが出る動きも、同じ。
もちろん、筋肉とか、関節とか、そういうことが原因の場合もあります。
それで対応するしかない場合も。

でも、そういう痛みの出る動きの選択肢しか自分の中にないから、ということもあるのです。
残念ながら・・・。
ちょっと角度を変える、動かし始めるところを変える、他の部分をうまく使うなどなど。

そんなことー?それで改善できるのー?
うん、そうできる可能性、ありますね。

という訳で、フェルデンクライスのレッスンでは、
「こんな風に動いてみましょう。」ということはありますが、
ある動きについて、その人その人が無理なく動ける動き方を探しますが、
最終的には?「あの人のやり方でも、この人のやり方でもこの動きができる。」ということまでできるといいな。

と思います。
なので、なにが良くてなにが悪いか。
こうなったのは良いのか悪いのか。
それは・・・そう思う気持ちは分かるのですが、どれ無理なくできる、だな、と思うのです。

レッスン、お気軽にどうぞ♪

2/28:燕スタジオ
3/5:タイワハウス
あのね
すぐにことばに出せること。

よくよく考えて、悩んで、やっとことばに出せること。

ふっと何かが抜けたようにことばに出せたこと。

「あのね・・・。」ってことばにした時に、文字にした時に、
「このこと、おしえてほしいんだけど・・・」って聞いた時に、
ちゃんと向き合って聞いてくれる友達、ありがとう

ふと気持ちが緩んで、幸せだなぁ、と思う。

変わること、変えること、自分の人生、自分の生き方。

決めるのは自分。
でも、たくさんの仲間や友達、みんながいてくれる。
火曜日、皇居にて
2/15、火曜日、皇居ビルドアップ15km.

最近、さぼっていたいたフェルデンクライスのおひとりさまレッスンを再開中!
やはり、波があって、気持ちよく走れる時と、走れない時がある。
速く走るよりも、気持ちよく走りたい!と思ってる。
というか、速くは走れない・・・まだ。

まだ、ね。
まだ、ね。まだ???

前に書いたように、「快適に走ること」、これを目指してたし、目指してる。
私には、フェルデンクライスが必要、って気持ちは変わらず。
もっと言えば、走る当日より、前日くらいにしてる方がいい!

この日は、前日におひとりさまレッスンして、走った。

足(foot)の上に、骨盤がすいすい乗っていくー
進む、進む、進む~~~!

気持ちよく、いや、速く走って、ぜいぜい苦しいぃー、と思いながら、でもうれしくて。

よくよく落ち着いてからだの動きを探っていたら、ちょっと違ってた。
足が地面に着く頃には骨盤は足よりも前にいた!

すごーい!
すいすい走れたことがうれしい

と、ウキウキ自宅に向かっていると。。。なにやら、右足の裏が痛い。痛い・・・。
気持ちよく走れた、のはまやかしか!?
いやいや、調子よく走れ過ぎたからか?
太ったからか

きっとこれも何かのメッセージのはず。
足の裏との対話ができていなかったのかしら・・・。
いや、どこか、私と対話したがっていた、メッセージ送っていたからだの部分、あったはず。
そこを見逃してたんだな、と反省
早く良くなるようにいろいろお試中・・・。
2/28:燕スタジオレッスン
くるくると、頭の中で、まわっていたことを実行に移している今日この頃です。
この記事にも書いた燕スタジオでも、フェルデンクライス・レッスン行います!

こちらでは、「きれいな姿勢つくり」を、「スムーズな動き、気持ちよく走る」ことにもつなげていきます。
もちろん「きれいな姿勢つくり」は興味があるけれども、走ることはいいや、という方もご参加いただけます♪
いつものランニングを効率よくしたい、スポーツのパフォーマンスをアップさせたい!という方も是非どうぞ♪

*日時:2011年2月28日(月)19:30~20:45
*場所:燕スタジオ(どの市ヶ谷駅からも徒歩5~7分)
*持ち物:暖かくて動きやすい服装(フリースや厚めの靴下など)
     ヨガマットなどの敷物(★)
     ハンドタオル
     (★レンタルヨガマット300円/1枚、ブランケット無料あります。)
*参加費:2500円(当日お支払いください)
*お問い合わせ、お申し込み:
     このブログの「メールはこちらから・・・」で、
     タイトルを「燕スタジオ」で、お名前、メールアドレス、電話番号をお知らせください。
     (燕スタジオでも受け付け予定です。)

やらずして悩むよりも、やってから後悔した方がいい。」って、ちょっと後ろ向きかも知れませんが、
最近の私のテーマです。
「気にはなるけれども・・・」という方、迷わず、お気軽にご参加ください。
たくさんの方との出会い、からだや感覚とのタイワがありますように

「フェルデンクライス・メソッド」とは・・・こちらをどうぞ。
もっと知りたい方は、こちらもどうぞ→
物理学者でもあった、モーシェ・フェルデンクライス博士によって、1940年代に体系化されたメソッドです。
グループレッスンと個人レッスンがありますが、今回はグループレッスンです。
指導者の動きの指示を聞きながら、ひとりひとりが、ゆっくりと丁寧に、やさしくからだを動かし、
心地よい動きやからだのつながりを感じ、心地よいからだや動きを探していきます。
姿勢、肩こりや腰痛の予防や改善や、高齢者向けの介護予防事業、スポーツ選手やアーティストのパフォーマンスアップにまで幅広く使われています。




3/5(土):タイワハウスレッスン決定!
先日、ブログでもお知らせしました、タイワハウスでもレッスン、決定しました!
タイワハウスのイベント案内にも載せていただきました。→こちら

からだと感覚とタイワするフェルデンクライス・レッスン

フェルデンクライス・メソッドは、指導者の動きの指示を聞きながら、
自分のからだとタイワ(対話)しながらゆっくりと丁寧に、
やさしくからだを動かします。
そして、心地よいからだ、無理のないスムーズな動き、感覚を探します。
肩こりや腰痛、ゆがみの改善、姿勢美人つくり、スポーツのパフォーマンスアップから、
人や社会とのかかわりにもつながります。

*日時:2011年3月5日(土)10:00~11:30
*場所:タイワハウス(京王線笹塚駅徒歩5分)
*持ち物:暖かくて動きやすい服装(フリースや厚めの靴下など)、
     ヨガマットなどの敷物(絨毯の上に敷きたい方のみ)
     ハンドタオル
     自分とタイワする心
*参加費:2000円(当日お支払いください)
*お申し込み:>タイワハウス申し込みフォーム

お問い合わせなど(お申込み)は、このブログの「メールはこちらから・・・」からもどうぞ。

やらずして悩むよりも、やってから後悔した方がいい。」って、ちょっと後ろ向きかも知れませんが、
最近の私のテーマです。
「気にはなるけれども・・・」という方、迷わず、お気軽にご参加ください。
たくさんの方との出会い、からだや感覚とのタイワがありますように

「フェルデンクライス・メソッド」とは・・・こちらをどうぞ。
もっと知りたい方は、こちらもどうぞ→
物理学者でもあった、モーシェ・フェルデンクライス博士によって、1940年代に体系化されたメソッドです。
グループレッスンと個人レッスンがありますが、今回はグループレッスンです。
指導者の動きの指示を聞きながら、ひとりひとりが、ゆっくりと丁寧に、やさしくからだを動かし、
心地よい動きやからだのつながりを感じ、心地よいからだや動きを探していきます。
姿勢、肩こりや腰痛の予防や改善や、高齢者向けの介護予防事業、スポーツ選手やアーティストのパフォーマンスアップにまで幅広く使われています。

タイワハウスレッスン
とても久しぶりにこのカテゴリーの記事です

再会が出会いにつながり、フェルデンクライス・レッスン、行います!
*日時:2011年3月5日(土曜日)午前中
*場所:タイワハウス(京王線笹塚駅より徒歩5分)

なにげなーく、Twitterで、以前からの仲間のリツイートを見てました。
何回も見ていたはずなのに、心に止まらず。いや、見てなかった!?

絨毯、座卓、座布団の暖かい空間です。
平日 9:00-17:00のタイワハウスの利用料■一人500円■仕事、勉強、会議、お昼寝に自由にご利用ください。

に惹かれました
「仕事、勉強、会議、お昼寝にご自由にご利用ください。」って・・・素敵☆
いろいろな人が集まる空間、なんだかいいなぁ。
写真見て、「この空間、居心地良さそう!」って思いました。
実際におじゃましてみて、間違いなし、でした♪

と言う訳で、こちらでのレッスン開催となりました。

詳しいことはまたこちらのブログなどでご案内いたします。
もう少し、もうすこーし、お待ちくださいませ。
レッスン後の歩きから走りを考えた
雪のため、ほぼ自宅おこもりの今日。
「心をひらく体のレッスン」の「レッスン6 その1 腕の動きと全身/腕で円を描く」と、
「レッスン6 その2 脚と全身/腰で円を描く」をしました。

あー、このレッスン(その1)、トレーニングコースでやったな、ということは思いだせても、その時のからだの動きとか、感覚は忘れてる・・・。
うん、忘れててもいいのだ。
その時の感覚にこだわってしうなら、むしろ忘れてた方がいい。

フェルデンクライス・レッスンに限らずだけれども、

当たり前のものを見直す、
いや、当たり前のことが当たり前、と思いこんでることにまず気づく。
そして、ほんとにそうなのか、疑問を持つ。

ここから新しいことが始まる気がする。
何かが変わる気がする。

と思うのだけれども、脱線しました

そのレッスンの後、すごく股関節や骨盤の動きが気になった。
右脚、歩いていると、大腿骨か、骨盤かは判断しにくいのだけれども、股関節が内旋(からだの中心の方にまわるような動き)してるー!
左脚はそうじゃない。
これが、走ってて右膝内側、右のおしりが疲れてきたり、痛くなる原因かも!
まさに宮古島ウルトラ遠足のとき、そうだったんだな。
(あー、これもブログに書こうと思って書けてない
こんな風に動いてるなんて・・・気づかなかった

いや、左脚、ちょっと外に行ってないか!?
あ、骨盤が左へ動いてる?
あ、右よりも大きめに?
あっちゃこっちゃに私の脚は動くのかーっっ
前に進みたいのだよ、私は。

その骨盤の左右への小さく揺れ。
うーん、これが大きくなると、いや、小さくても距離踏めば、やっぱりムダは大きくなってくるんじゃないのかな?
これ、多少あってよいもののような気もするけれども、どうなんだろうか?

そうだ、そうだ。
1本線歩き→ランニングということをお話されていた先生を、
1軸で走る、と言われていた方のことを思いだし、納得

いろんな発見があって、うれしいのと、それがつながってうれしいのと。

カテゴリーは、「おひとりさまレッスン」かな、と思ったのですが、
歩く時の動きから、走る時の動きを考えたので、こちらです。
整理整頓
じっくり物事に取り組む前に・・・部屋の掃除はできているので!?
今日は、物事の整理整頓。

「これ、やるぞー!」と思った時は、すぐにそれに取り掛かりたい時と、
なぜか二の足踏むことがあり・・・今日はこのパターン

フェルデンクライス・レッスンのこと、考えたい、
けど、その前に細々したことを整理整頓。

はかどるはかどる!
レッスンのことから逃避したいのかしら、私ってくらい!?

すっきりしつつあります。

レッスンのこと、じっと座って、ノート広げて考えたい自分と、
日々の生活をしながらふと思いつく方がいいこと思いつくよね、と思う自分と。

今日の仕事
2月から木曜日は、からだを動かさない、いわゆる、運動指導とか、ではない仕事をする日になりました。

PC入力、確認、やりとり、メモ、資料作成、打ち合わせ、などなど。
しかも、今まで関わってきた分野のような、そうでもないような分野のような・・・。

なぜこの仕事をしようかと思ったかかは、ちゃんと理由があった訳だけれども、今思うことは、
「世間一般の方々は、こういう風に働いていることが多いんだろうなー。」
「これを体験したからこそ、クラスで伝えられることもある。」
と言うこと。

だって、かなり、偏った世界ですよー、自分がいる世界。
専門職はどこでもそうなのかな?
この世界しか知らない、ってもったいない。

からだをラクに使えてる部分と、思いもよらず力入れてた部分と。
脚むくむし・・・。

いかにこの世界でラクにいられるか、馴染めるか。
仕事をスムーズに、ミスなくできるか!

フェルデンクライス・メソッドのベースにあるのは、いろんな地域を転々とし、そこで生き抜いてきたフェルデンクライス博士の人生にあるのではないか。
その地で、いかに生きていくか。
無理するでもなく、自分をなじませて。
そんなことを聞いたことを思い出したり。

肩のチカラ抜いて挑戦中。
あふれ出る
いろいろなideaがあふれ出て、忘れないようにメモしたり、つぶやいたり。

これやりたい、あれやりたい。
こうしたらどうか?ああしたらどうか?
どうしたらうまく行くか?

そんなことを考えていたら、今までと全く違う方向も思いついたり。

どーなっちゃうのか?
というより、何を選び、何を優先させるか?なのかな?

お知らせしたいこと、お伝えたいことたくさんあります。

またゆっくりと
ランと自転車、自由度
自転車に乗ります、時々。
ままちゃり、です。バイク、とか、かっこいいのもではありません

坂道を自転車で上ってて、ここ1カ月くらい思うこと。

「走った方が絶対ラクだよー!」

前までは、こんなこと、全く思わなかったのに・・・。
坂道を「走って上る。」という発想がなかったんだろうなぁ。
「上りは歩いていいからね。」と、トレイルランを始める時に仲間が言ってくれて、
それですごくほっとして、始められた。

だから続けられたのだけれども、そろそろそこから卒業しよう。
できるよ
走れるよ、走れたよー!

自転車で手放し運転で坂道は上れないので、ハンドルを握る。
足はペダルにおいたまま。
当たり前なんだけれども

固定される部分がランより多くて、ちょっと不自由?動かせる部分が減る?と言うかなんというか。
脚の動き、体幹部の動き、ここを工夫するしかないんだなー、と思う。
うん、やっぱ、不自由だ、ランより。

ランは、もっともっと自由度が高いな。
脚も足も体幹部も腕も・・・いろいろ工夫できるね

走ることはシンプルだけど、奥深い。だからおもしろいのかも。

ブログ拍手、コメント
ここのところのブログ拍手、コメント、ありがとうございます!

元気出ます

フェルデンクライスは、カタカナだけど、名前長いけど、
「分かりにくい」って言われるけど、けどけどけど、

みなさんにとっても私にとっても「必要なもの」だと思ってます。
自分の中にある「輝き」や「ワクワク」を発掘できるものだと思っています。

こんなことを伝えられるように進みたいと思っています。
ズバリ!過去の自分のこと
「心をひらく体のレッスン」の「レッスン3 床を手で探る/肩の動き」の部分を読んでいて心に響いたこと。

うまくできないのは自分の能力以上のことをやろうと緊張するからなので、
あげくのはて劣等感を味わい生きることに対処できず・・・


うまくやらなきゃ、失敗したくない、そんなことばかり考えてた。
できないことをできないとは言えず、いや、言っちゃいけないと思い、
できないことをどうやるか?とか、どこまでならできるか?なんて考えられず。
自分の能力を知らなかったのか、「もっと、もっと、これじゃダメだ。」って思ってた。

で、劣等感ありあり

そんな時期もあったなぁ。

と思いつつ、
「確実にゴールできるようなレースにしかエントリーしないよね。」と言うトレラン仲間に、
「あなたに私の過去の何が分かる!?」と言わずとも怒り爆発!だったことも思いだす。

そんなこともあったね。

仲間がなんと言っても、私は私なりのチャレンジをしてる。
できることから始められるし、どうすればそこに辿り着けて、何が必要なのか、考えられるし、
何が足りなかったからうまく行かなかったのか、それも考えられる。

成長したなぁ。
ここでフェルデンクライスレッスン♪
燕スタジオさんに、ついに!見学に行ってきました

HPで見ていた以上に素敵な空間!
思わず、「住みたい!」と思ったどころか、言ってしまったり・・・。
木のぬくもりが優しくて、あたたかくて、気持ちがほわ~んとなって、素敵☆

以前、アレクサンダーテクニークのレッスンを2回ほど受けたことがあって、
その会場が古民家、神田なのに、古民家!
これがまた素敵な会場で、そんなこともあり、
こんな雰囲気のところで、フェルデンクライスレッスン、したいなって思ってました。

フェルデンクライスをすると、
走ることがラクに、気持ちよくなったり、
カラダが軽くなったり、
すぅーっと背が伸びて、スタイルが良くなった気分になったり、
はっ、と、いいアイディアが浮かんだり、
悩んでたことがちっぽけに思えたり、
1つのことが、いろいろな方向から見れたり、

いろいろな、たくさんの「楽しい」や、「わくわく」につながる「なにか」が盛りだくさんです。
またレッスンの日程などは、こちらのブログでお知らせします。
気になる方は、ぜひ、ご参加ください
東京マラソンとか
「東京マラソン、出たくても出れない人いっぱいいるから、
出るからには、ベスト出すくらい走りたいけど、
今そんな状態じゃないから、せめてみんなに楽しんでもらおうと思って、ミニーで走るよ。」
と言う、当選した仲間。

うーん、そこまで思わなくていいんじゃない?
確かに、出たくても出れない、落選者、多数!
私もそのひとり・・・。

でもね、いくら抽選とはいえ、得たチャンス、そんなに思わず、気楽にね
落選者には、「走らない方がいいよ」って神様のメッセージかもしれないし。
そう思ってた。

でも、でも・・・。
ハセツネ30kのエントリーが終わって、ほっとしたら・・・
海外レースの抽選に通ってしまったら・・・

その仲間と同じようなこと、思う自分。
できるだけの準備をして、できるだけのことを。

向かって行くところがあることはうれしいこと。
ふぁいとー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。