mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにじっくりと・・・
「心をひらく体のレッスン」の「レッスン2 イメージすることと実行すること」をしました。

まず、本を読みながらレッスンすることができず・・・紙にまとめる
久しぶりに、じっくり、だったからか、片側終わったところで、お腹いっぱい→休憩・・・。

ふーっ。

ストレッチやレジスタンストレーニングでは、単純に、「ナントカを外転させる。」とか言う。
で、そうすればトレーニングが成り立つ、と思う。
多少、「こんな角度で外転させて。」とかつくこともあるけど。

このフェルデンクライスの、そんな単純な単語では表現できないようなカラダの動き、好きだなぁ
カラダってすごい。

日常の動きも、スポーツでの動きも、こうなんじゃないの、と思うのだ。

そんな単純な動きに囚われているだけじゃ、だめだと思うのだ。
きっと、「鍛える」とか、「ほぐす」とかという考えはあると思う。
「こう動かす」という考えもあると思う。
でも、「動き」って考えはないんじゃないのかしら。

ストレッチもレジスタンストレーニングも、姿勢も、みんなみんな「動き」と思うのだ、よ。
スポンサーサイト
去年の目標を振り返る・・・。
目標に向かって?先に?
いろんな表現ができるけれども、今、この状態、に留まらず、進んでいくために。
そのために、少し振り返りをしようかな、と。

まず!去年の目標を振り返る!
この1月の終わりになって

去年、職場で、「2010年の目標や野望を出してください。」と言われる。
仕事に関係なくて良いらしい。
ん・・・ん・・・?ちょっと嫌な予感!?

案の定?ばーんと、貼りだされました、施設を利用される方も、スタッフも見えるところに。
よかったぁ~、どどーんとプライベートなこと、ダイレクトに書かなくて
(そんなことは、スタッフにも言えないのだけれども・・・。)

ちょうど、「自分がどう生きていきたいか?」「必ず手に入れたいものは何か?」考えていた頃。
紙に整理して書いてみた。

そしたら、3つ、出てきた。
そして、そこに辿り着くために必要なこと、根本的なこと、3つあった。
ので、それを目標に。

①時間を大切にする。
②むだに食べない。
③流されるところは流される。流されないところは流されない。

もうちょっと詳しく、と、達成具合を。
①は、「自分が必要!」と思うことに時間を使う、ということ。
ゆっくりすることが必要、と思えばゆっくりする。
あれもこれもしたいなら、あれもこれもできるように、時間を使えるようにする。
達成度:85%高い!?
「やらなきゃなぁ~。」と思いつつのグダグダもあったけど、ね。

②は、そのまま
達成度:50%
お腹へってる訳じゃないのに、「取りあえず飲み物と食べ物・・・。」と思い、
用意して作業に取り掛かること、多数・・・。
そのくせ、信越五岳では、補給足りず、低血糖状態、初めて味わう
ハセツネの後半から終盤にかけては、固形物補給を怠り(なくてもいいよ~、って思ってしまった)、気持ち悪くなる・・・。
肝心な時にだめでした

③は、「自分の考えが全てと思うな、幅広く、柔軟に考えて、譲れるところは譲ろう。」と言うこと。
流されないことの方が得意だったりして!?
達成度:85%
よく流されました、良い意味で
その中にも、決められたことの中でも、自分が必要!と思うことも取り入れれて、
でも、割り切って、できたかな。
譲れないところも見えてきて、自分のやりたいこともはっきりして、良かった。

今年の目標はまた書きます。
その前に、振り返りシリーズ、です。

大きく一歩前進とは行かなくても、着々と進みたいな。
タイミング
年末からあることが動き始めました。
諦めていたこと?というのか、なんというのか、そんなことにチャレンジしようかと思いました。
でも、どこかで、「やっぱり止めたい。」そう思ってもいました。
「止める。」ってことになればいいのに、と心の奥底で思ってました。

が、チャレンジできることになり、ここ何日間か、いや、まだ、まだ、決心がつかず?
いろんなことが自分の中で沸き起こり、不安だけがどんどん大きくなって、
「やらなきゃならない」と自分が思いこんでるだけかもしれないし、
ほんとにそうかもしれないことに押しつぶされて、
「ワクワク」とか、「楽しみ」を感じられなくなっていました。

今、も、かな。

ただ、チャレンジしたくてもチャレンジできない人はたくさんいる。
どんな事情であれ。
自分がなんとかできるのであれば、なんとかしてチャレンジする価値があるんじゃないのか?
「チャレンジしたいのか、自分?」・・・「問題がクリアになれば」
もう一度自分に問い直しつつ、「今」自分が解決すべきこと、チャレンジに向かえるような準備をしよう。

全てのものにはタイミングがある。
この前の宮古島ウルトラ遠足だって、去年行きたかったけど、去年じゃだめだった。
今年がそのタイミングだったのだ。
そのタイミングも見極めて。
宮古島ウルトラ遠足
1/15に宮古島にて、宮古島ウルトラ遠足(とおあし)に参加してきました。
去年は奄美ジャングルトレイルの2週前、ということであえなく諦めました
だって、ロードの100kmなんてどうなるか分からない、自分のカラダが・・・。
今年は、(最終的には中止になったものの)奄美の1カ月ほど前、ということで、チャレンジ!

このレースに出たかったのか、宮古島に行きたかったのか、ロードの100kmにチャレンジしたかったのか。
どれが一番大きかったのか・・・。
どれもです♪

まず結果から。
13時間28分台で、無事ゴールできました。
最大瞬間風速19.6m
飛ばされ・・・はしなかったものの、「飛ばされるぅーーーー!」と思った時は止まり、歩く。
でも、他は全部走った、走った、走った。
上りも、走った。走った。
歩いた方が速かったかもしれないけど、走った。
100mくらいしか歩いてない。

初めて、「100km走った。」そう言いきれるレースでした。

「ここでこうやって走れる、走る、ってことができることって、幸せなんだなぁ。」
そんな幸せをかみしめることができました。

去年の自分だったら・・・
やっぱり今年で良かった。
人にはチャレンジする時期、それがあって、ちゃんとそれをつかまえれるか、
焦らずに待てるか、なのかもしれない。

朝早くから応援してくださったみなさん、島のみなさん、スタッフのみなさん、
アドバイスをくれ、応援してくれた仲間のみんな、ありがとうございました。

残念ながら?今日、元気です。
やはり補給かな?
また内容は書こうと思います。
達成できたこと
いろんなきかっかけがあって、走り始めました。
いろんな目標をもって走り続けました。
達成できたこと、達成できなかったこと、ありました。

その中で、最近、達成できたかもーと思ったこと。

「快適に走ること」

フェルデンクライスを伝えるために、嫌にならずに走り続けられるように、私が目指したこと。
これができれば、速く走ることにも、長く走り続けることにも、走ることを長く長く続けていくためにも、
これが必要!って思ってました。

昨日の箱根駅伝応援ラン、5区の上りなんて走り切れないと思ってた。
心拍数は、ずっと160-170代。
苦しくない訳じゃないけど、呼吸は苦しくなっても、カラダは動いたし、しんどくなかった。
上りなんて嫌いだー!って思ってた。
トレイルの時は、「歩く口実」にしてた。

でも、昨日は走れることが分かって、うれしくて、気持ち良くて、上り好きだー!って思った。
(決して速くはない・・・。)

この目標、一番大きくて、そして根本にあるもの、だな。
うれしいー!

走ることで解決できることとできないこと、ある。
解決できなくても、走ることによって、「何かに立ち向かうチカラ」をもらって、今年もまた1年、進みたいです。
お正月のラン
あけましておめでとうございます。

このお正月、早速ランしてきました。

まず、元旦!初日の出ラン
真っ暗な中を、初日の出ポイントまで走り、少し待って・・・初日の出!
きーーーん、と澄んだ空気の中を走り、だんだんと白んでいく空を、赤くなってくる空を見て、
そして日の出。
その後は、だんだん暖かくなってきて・・・ぜいたくな時間

翌日、箱根駅伝応援ランで、小田原駅→恵明学園前
5区の上り、速くは走れないけど、走れた
1年前の自分は、走れなかったと思う。
上りの走り方が分かって、できるようになってきた、うれしいー

そんな上りをスイスイ上っていく選手たち、すごい!
トップの早稲田大学から最後の上武大学まで応援し、箱根湯本まで下り、温泉。

来年は、母校が出場すれば、恵明学園前で応援→芦ノ湖、します・・・ホント!?

今年も走ります。
今年の目標はまた改めて。
今年もよろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。