mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の中の弱さ
人は誰しも自分の中に弱さをもっているんだなぁ、と単純過ぎるかもしれないけど、思ったこの記事

もちろん私にだって・・・というどころか、弱いところだらけ

と思うけど、
「100km完走したんだから、強いよ!」
「なんでそんなに強いの?」
「リタイヤとか考えなかったの?ほんと強いね。」
などと、さらりと言われる。

それは、強いのではなく、弱い自分とも、気まぐれな自分ともうまくつきあえているからだと思う。
そんな自分を責めずに、怒らずに、認めて、無理していないからだと思う。
だから進めるし、帰ってこれる。

強い訳じゃないんだなぁ
スポンサーサイト
105km、いろいろ
先週末に、おんたけウルトラトレイルに今年も参戦
HPのコース通り、「今年はおととしの98kmのコース」と思いきや、コースが変更になり、「去年と同じく105km」と
あれ、去年は103km、ってなってなかったっけ?でも105kmだったのね
もう、「これがコースです。」と言われたら、そこを進むしかない。

1週間経って、いろいろ考えていたのか、どうなのか・・・。
でも、そのままにしておくのではなく、これはこれで振り返って、糧にしたいな、と。

今年のこのレースは、私にとっては、どのレースよりも大事!というか、しっかりやろう!というか・・・大事なレース。
大事にし過ぎたのか、弱かったのか・・・。
間違いなく、後の方。

結果は、去年が18時間45分くらいでゴール。
今年は18時間1分くらいでゴール。

結果だけ見れば良いのかもしれないけど、納得いかず。
喜びも、感動もないゴールだった。
また来年!
というのは、ちょっとおいておいて・・・。

自分のチームの打ち上げは、体調が悪く欠席にもかかわらず、
昨日は、Shibuya塾の打ち上げに。
相変わらず、よく食べるチャンプとツルオさん。

「いやぁ~、ほんとリタイヤかと思った。60kmまで、かなり歩いた。」というチャンプ。
でも、11時間前後で帰ってきてる!
このレベルになってくると、駆け引き、というものをするとか。
誰かを抜いたらダッシュしっかり差をつける!(鏑木さんみたい!?)
「第3関門は、下りきったところで、すぐ後ろが来るからスルー。」
えっ!?給水は!?
「天然エイドは、ちょっと奥まってて時間かかるから、道の端流れてるのをつたって行って、その上流の水飲んだ。白くなってるミミズが浮いてたけど、この労力は無駄にしたくないから、飲んだ。」とか。
ひぇ~っ
「こっちはみんな仲間だよ~。」と言う塾長に、ツルオさんと大賛成
励ましあい、慰めあい、進むのです。

去年の記録を2時間以上も更新したツルオさん。
スタートを1日間違えていて、みんなゴールするころに到着することになるところだったとか
「関門で引っかからない限りは走り続ける。」ということばに納得!
「リタイヤは考えない!」その通り!
スタートして2~3kmのところでツルオさんと会って、この時のツルオさんの心拍129bpm
私の心拍140bpm(とある事情により、主観)・・・その前に、ツルオさんと一緒、ペース上げ過ぎだわ、私。
とひゅ~うっと後退・・・。
奄美も奥久慈も制限時間4分とか7分前でもきっちりゴールしてる強さ、これはスゴイ!

第1関門で会い、45km過ぎで睡眠しているところでも会い、起こし、55kmくらいまでかな、一緒に走った塾長。
この人と一緒でなかったら、私も走れなかったと思う。
後ろからひたひた迫ってくる・・・止まれない、歩けない・・・。
が、塾長はリタイヤすることしか考えていなかったことが判明。
なんですとー!去年の第1関門と同じ!?
その後、第3関門:85km「手前」(ここ重要!)で、リタイヤする人たちを見て、
「なるほど、あそこでチップ外して、あのバスに乗るんだなー。」とリタイヤの仕方を見て、
ブルーシートで横になってたら、お仲間KCOさんに、
「私、ゴールできるかな。」と聞かれ、「歩いても大丈夫だよ。ゴールできるよ。」
時間すぎてもいいじゃない、完走は完走だよ、ああ、この人もからだ、痛いんだな、と思ったとか。
「先行きますね。またゴールで。」と握手され、進む気になったとか。
1km進むのに30分かかったとか。

みんなの話を聞いて、「みんなすごい」って思った。
時間じゃなくて、そこまで進み続けたこと、そこまでがんばり続けたこと。

自分がそこまでがんばれたのか?
そうなる前にペースダウン&守りに入ってなかったか?
完走する、ということではそれで良かったのかもしれないけれど、
自分の内容に疑問が残った。

なにをしとるんじゃい、自分。

100kmは、「必ず完走できる!」という自信を持って走れる(歩きもする)距離ではない、私にとって。
なにがあるか、分からない。
でも、「リタイヤ」は考えない。
進むしかない、と思ってるし、止めれない、というか、もともと、止める、という選択肢がない。
少なくとも今までの3回は。

そして、完走できても、すぐに夢か現実かわからなくなる。
「100km完走をつかんだ!」と思っても、すぐにするり、と逃げていく感じ。

「自分にもできるんだ」そんな喜びや、自信は、すぐにどこかに行ってしまう。
そして、次のことを考え始めたりしてる。
100kmでもそうだから、他の距離やレースもそうかな、そうかも。

なかなか100kmは自分のものにならない・・・!?
自分のものになるって、どういうことなのか・・・?

もう少し、自分のことを書いて、振り返ります。

めがね
めがね、をかけています。

ここのところ、8年くらいかな?
コンタクトだったけど、花粉症があまりにもきつく、目薬を差すには、コンタクトだとだめ、ということでメガネに。
そしたら・・・めがねが快適になり、ずっと。

コンタクトでもメガネでも変わらなかったことは・・・
朝起きたらすぐ!すぐ!めがねなりコンタクトなりで、見える「目」を確保すること
見えないことが不安だった。
けど、眼科では、看護師さんに「視力良くないのに、目つきが悪くないから、視力良くないこと忘れるわ~。」と言われます

なのになのに、最近・・・ちょっとした?でも大きな?変化が

めがねをかけなくなった。のです。

いつもかけてない訳ではなくて、
朝起きて出かけるまで、パソコンに向かうとき、お風呂に入ってから寝るまで、などなど。
かけなくなった、というか、かけたくなくなった、というか、かけなくてもよくなった、というか。

きっかけは、フェルデンクライスレッスン。
その後、パソコンに向かって作業をすると・・・首が痛いそんなことが多い。
めがねをかけてなくてもあんまり、困らない、むしろ、目がラクに動いていい。
前にも書いたこととも関係して、走るときもめがねは考えもの・・・。
以前にトレーニングコース中にカール先生のFIを受けた時に言われたこと。
「めがねをかけるなら、目と頭の分化をさせた方がいいよ。」
そのことの意味を、重要さを何年かごの今、実感している今日この頃・・・遅い!?
今、がそれを学ぶときなんだなぁ。

フェルデンクライスレッスンの後に、からだが痛くなることがある。
それは、レッスン後にからだが新しいパターンを知る→そのパターンはまだ自分のものにはなっていない
→ついつい前のパターンで動いてしまう→新しいパターンを知ったからだは拒否する→痛み
ということになる・・・。

新しいシューズを試し履きしたら、すごく良かった!
でも、実際はいてみたら、靴ずれになったり、なじんでない感じがしたり。
でも、はいていくと、やっぱりいい!
そんな感じかな?

もちろん今もめがねなしで。
コンタクトに戻そうかな・・・。
梅雨明け!
今さら、なタイトルですが

梅雨明けすると、「夏が来た!」という気分になり、いつも思い出すのは、小学生の頃の夏休みのこと。
確かそのころは、9:00までは「お家から出てはいけません、宿題は涼しいうちにしましょう。」の時間。
でも、早くプールに行きたくて行きたくて。
そわそわそわそわ、玄関に座って、9:00になるのを待っていたっけ。
自分のことながら、かわいい小学生

で、夏中まっくろ。
でも、すぐに、まっしろけ。
今は、じわじわ日焼け中
今年なんて、4月半ば、奥久慈トレイル50kの時点で時計焼け
過去最速での日焼け・・・。

そんな思い出と、部活で、家で、だらだら汗かいてるイメージ。
ジャージとか、汗ダラダラかいておっけーな格好で。
今でもだけれど、暑いの好きだなぁ。
と思ってたけど、よく考えれば・・・暑いのが好きなのか、だらだら汗かいているのが好きなのか!?
夏でなくても、汗かいてる自分、好きかも・・・。

今年の夏もしっかり暑くなりますように!

夏だもん、涼しい夏は寂しいよ。

レースとレース
前の記事にも書いた岩本さん、見事ゴールされました

すごいーーーー!
すごいすごい、すごい!

「こんなに一生懸命走っている人がいるときに、私は寝てていいのか?」と思いつつも、
(ハセツネの応援に行った時も「翌日は仕事だから・・・。」と睡眠
「でも、自分には自分のレースがある!」と思い、電気を消す・・・も・・・。
自分のレースの不安で!?・・・・

このレースにチャレンジ!の理由が素敵☆だなぁ、と。

さて、今週末の私のレース。
はっきり言って、不安しかない

去年は、ぼーっとスタートして、第1関門前にして、すでに次回リベンジを考え、
第1関門で会ったお友達のリタイヤを感じ、これは行くしかない、と思い、
第2関門手前で調子が出てきて、第2関門では、あれ、これ、完走できる!?
第3関門でやっとほっとして、最後の小エイドからは300mくらいしか走ってない・・・。

今年は、必ず、自分の足で帰ってくるって決めてる、でも弱気・・・?
その次に、つべこべ言わずに走る。
それから時間。

とか考えても、これ以上不安とは向き合えないので、終了。


気持ちを送る!
BADWATERULTRAMARATHONが今朝2:00にスタート!

途中経過が随時更新されています。
これを知ったら・・・眠れなくなってしまう!?
ついつい見てしまう・・・。

日本からは、ただひとり、岩本能史さんが参戦中
総距離:217km
最高気温:50℃
上りの合計:3900mくらい

こんなすごいレース!
すごすぎて想像できず
岩本さんのこのチャレンジへの想いに、私もいろいろな想いがあふれてきた。
これは、絶対に応援したい

この前の木曜日?皇居ランの帰りに、半蔵門近くで、岩本さんを見かけたとき、
「BADWATERがんばってください!お気をつけて!」と言ってしまった・・・。

伝えたいのはそんなことじゃないのに・・・。
がんばってください、なんて、がんばってる人に言うことばじゃないのかも・・・?
伝えたかったことは、ブログに書いた想い。

でも、そんなことよりも何よりも!このチャレンジを楽しんで、満喫して、無事に帰ってきてください☆
みなさんで、気持ちを送りたいですね
2つのレッスン
深沢悠二さんの「からだと心のマネジメント」より。

Lesson7:腰の調整ー時計の文字盤のイメージ

両膝を立てて、お尻の下に時計の文字盤があることをイメージして動く。
頭の後ろにも時計の文字盤があることをイメージして動く。
脚を組んで動いてみたり・・・。

もう何回も何回もしているレッスン。
でも、頭の後ろに文字盤をイメージしてするの、脚を組んでするのはほとんどしたことがないなぁ。
新鮮だった


Lesson8:座位で上半身を回す

横座りをして、腕を胸の前辺りにおいて、からだを回す。
回したところで止めて、肩を左右に動かしたり、肩と頭と目をそれぞれ逆の方へ動かしたり。

ちょっと無理して動いたかな・・・
首や口に力を入れないように、入れないように・・・。
レッスンが終わってから、あおむけで少し長めに休んだ。
座ったら、腰から背中にかけて、普通に呼吸をしていても、息が入っていって、気持ちいい!
ここに空気が入る状態をいつも作れていたら・・・
もっと骨盤がラクに動いて、重い骨盤もラクに動いて、
走ることが大きく変わる気がする。


フェルデンクライス的ランニング本:第10章
フェルデンクライス的ランニング本「Running with the Whole Body」第10章。

前章では、うまく走れるようになる前に動かさねばならないからだの部分について、ついに探求した。
これらの違う部分の間のつながりも探求した。
これらの全ての知識をもち、組み立てていこう。
このレッスンでは、腕と肩は、おしりと脚での効率的なランニングの動きをするための「ドライブポイント」であることを発見するだろう。

そんな文章から始まる第10章。

立った状態でのレッスン。
腕を後ろに引くタイミングを、いろいろ変えてみる。
片脚で立って、もう片方の足をぶらぶらさせたり、格闘技みたいに?キックしたり・・・。

これ、無理せずにできている?私?
キックするところなんて、かなりのへっぽこぶり
本には、「バランスを崩すので、場所を選んでするように。」と書いてあるところも。
(あえて、そんな動きをさせている。)

歩いたり、へっぽこキックをしたり、
職場の空きスペースで、空いている時間にしているのだから、オカシイ人である・・・。

腕を後ろに引くタイミングで、かなり!足の接地が変わってくる
これはおもしろい
だんだん、すんなり脚が動くタイミングで自然に腕がひけるようになってきて、すいすい歩ける!

帰り道、立っていること、歩くことがほんとに心地よかった。
チカラが自然に抜けて、ゆるりゆるりとしていられる。
心にも余裕が出てきた。
週末や朝のイライラなんて、どうでもよく思えてきた。

からだとこころ、どちらからもどちらへもアプローチできる。
そんなことにも興味あるんだなー、ってこと、思い出した。
腹筋と背筋の動き
深沢悠二さんの「からだと心のマネジメント」より。

Lesson6:背筋と腹筋の動き

あおむけになって、片手で、あるいは手を使わずに頭を持ち上げる。
うつ伏せになって、腕と頭、さらに脚も一緒に持ち上げる。

苦手なレッスン
でも、順番に、無理せず、できるだけ丁寧に・・・。

いつもより長くあおむけで休んで、立ちあがると、
ずぅぅぅーーーーんとからだの細かいところから重心が下に降りていく感じ、
うまく言えないけど、とてもとてもたくさんの情報が、影響があるような感覚!

背骨の生理的湾曲がしっかりできて、からだがすぅーっと軽くなった。
さっきからしばらくパソコンに向かっているけど、首や背中はいつものレッスン後よりラクかな。
すごく影響のある?うまく言えないけど、すごい感じのレッスンだったな。
志賀高原トレイルフェスティバル
書きたいことを書きたい時に、書きたいことだけを少しだけ。

志賀高原トレイルフェスティバル、今年も参加。
参戦したのは、1日目の27km。
2日目は、仲間の応援をスタート、第1関門、第2関門、ゴールで。
ゴールじゃなくて、1人でももうちょっと手前のところで、誰も応援いない、もう少しだけどでもキツイ!ってところで応援すれば良かったかなー。なんて。

第2関門直前の横手山の急な急な上りを上ってくる選手たち。
みんないろいろ。
まっすぐ下を見て上る人、ジグザグに上る人、止まりながら進む人、空を見る人・・・。
話しかけてもらえたり、もうれしかった。

いつになく苦しく上ってきた仲間にはなかなか気づかず。
だって、いつもと違い過ぎるし、雨でメガネも見えないし。
力強く上ってくる仲間、寒さに震えて上ってくる仲間、ご機嫌な仲間(イツモコウナラアツカイヤスイノニカワイクナイ)

来年は、ここを上る上る上る。
目標
職場で、「今年の目標(野望)」を書くように、用紙が配られて6ヶ月くらい・・・?
仕事に関係しないことでもいいということ。

いろいろ考えて・・・

①時間を大事にする
②むだに食べない
③流されるところは流される 流されないところは流されない

この3つに。
ほとんどのことが、この3つに集約されるかな、と。

半年経って、
一番達成率が高いのが①
一番達成率が低いのが②

ブログ、3日に1回くらいは更新できるといいかな・・・。

必要とする人に必要とすることが届けられますように。
四肢(手、腕と足、脚)の微の動き
深沢悠二さんの「からだと心のマネジメント」より。

Lesson3:四肢(手、腕と足、脚)の微の動き

あおむけで、うつ伏せで、手や腕、足や脚を転がしたり、伸ばしたり、持ち上げたり。
からだの端の方からからだの中心に近い方を動かしていく。

だんだんからだのつながりができてきて・・・
他の部分までラクに動いたり、呼吸が深くなったり、からだが大きく感じられたり。

立ってみると、久しぶりに、じーんと胸の真ん中に重さが集まってきて、ずーんと足裏に重心が下りていく感じ。
右足裏の痛みもなんのその!?
立っていても、座っていても、背中に呼吸が入って、気持ちいい♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。