mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「どう走ろうか?」という選択肢
フェルデンクライス・メソッドの要素の1つに

選択肢を増やす

というものがあります。
たとえば、東京から京都まで行くときには、いくつの方法があるか?と考えてみると・・・
新幹線で、在来線で、バスで、車で、ヒッチハイクで、ランで、バイクでなどなど、もっともっとたくさんの方法があるはず。
でも、これらの方法も本人が気づかなかったら、選択肢にはなりませんね。
できない、ということになれば、選択肢になりませんね。

からだの動きも同じ。
生き方、人生も同じ。

それらの数を増やす。
いろんな動きをして、それらを増やす。
こういうやり方も、そういうやり方もできるんだって。

そして、そこからがまたひとやまあって!?どれを選択するか・・・?

品ぞろえの多いお店で買い物をすると、迷ってしまってなかなか決められないのと近い状況にもなりかねないとも思うのです。
からだが自動的に選択する場合も多いかと思いますが、そうでない場合もあるかな。
生き方は、人生は?・・・あるものを選択せざるをえないことはあるかもしれないけど、
選択するのは自分で、選択したことをどうしていくか?になるのかな。

と、ここまで書くと、大げさなことになっているけど
最近思うことは、「どう走ろうか?」ということに迷うのです。

時間や距離は前からだけど、いや、これも前より迷うかな?「どう走るか?」も。
1年くらい前は、皇居も2周走って終了!
そしてペースも、キロ6分くらいがいっぱいいっぱい。
(なぜか「ゆっくり走る」という選択肢がなかった!)

今は・・・
距離は、4周(はちょっと心の準備が!?)はまぁ、標準、かな。
ペースは、6分よりちょっと速くは走れる。
逆に、ゆっくりゆっくりも走れる。

はて・・・今日はどうしよう?
時間もほぼ毎回同じくらい取れる。
となると、からだの調子を聞いて、今後のレースも考えて選択せねば。

選択肢が増えた

「どう走ろうか?」
最近ちょっと迷い中。

またひとつステップを上がったってことだなぁ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。