mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロード仕様でトレイルラン
今日から15日まで、予定がぎっしり・・・半日休みはあれども、休みの内に入らない!?

そして、以前、このブログに書こうと思い、うまくまとまらなかったこと、
今日はまとまりそう?

今日は、鎌倉トレイルラン!
鎌倉は以前から気になっていたものの、なかなか行く機会がなく、今日が初めて。
待ちに待った鎌倉!?そのトレイルは・・・いい
急な上りや下りはなく、トレイルが荒れている訳でもなく、走りにくい路面でもなく、気持ち良さそう
景色も、夕方には、富士山の方へ沈む夕日が見え、街の明かりが、海が見えて・・・きれい

が、「気持ちよさそう」なのだ。
気持ちよくなかった、最後辺りのトレイルの下り辺りまで。

全く、走れず。
ペースこそ他の方に遅れ気味なものの、他の人が見れば走ってるように見えるだろうけど、
全く、走れず。

からだが重かった。
年末年始のごろごろのせい?
寒さのせい?

脚が重い訳ではなく、胴体が重いっぽい。
固まってる感じ?
胸骨辺りが固まってる。この辺りが重い。
呼吸がからだに入らない感じ・・・。
下りであごを緩めてみても、ほとんど変わらず。

2週間前にハセツネコースを走った時も思ったこと。

「走りが雑になってる。」「ロード仕様になってる。」ということ。

ロードのシーズンになって思ったことは、「捻挫の心配がないっていい~
というわけで、トレイルは慎重に、でも丁寧に走る。
からだの感覚を確かめて走ることはロードも同じだけど、トレイルは、トレイルに合わせる、
でも、自分がラクなように・・・。

フェルデンクライス・レッスンをしてる。

ロードは、自分の感覚のみ。
しかも、ペースに左右されてしまう。
自分だけの、好き勝手な感覚でも、走れてしまう。
少々?感覚が雑になってても、走れてしまう感じ。

ちょっとしたズレが不安や違和感、けがにもつながりかねないトレイル。
逆に、これがきっちりかみ合えば、なにも怖くない。
ハセツネの途中がそうだった。

今日は、ロード仕様の雑な感じの走りだったな。
感覚が鈍っている、からだがうまく働いていない、もあるけれども。

もっともっとトレイルを走ることをしようと思った。
スポンサーサイト
去年と今年、人のでき方、手
去年のこの時期の日記を見直してみて・・・同じこと、今年も感じてることに気づく

富山と関東の寒さの違いについても同じように感じてた。

今年は、富山で見た雪の「降り方」についても考えてたことが違うくらい?
「降り方」って言ってしまうと簡単だけど・・・「降る」じゃないんだなぁ。
「舞う」でも「落ちてくる」でも「下りてくる」でもなく。
ことばが見つからない・・・・。

あえて言うなら、「漂ってる」?これもなぁ・・・ぴんとこない。
「ある」「ゆっくり流れていく」って感じ・・・?

同じことでつまずいていた。

でも、今年は、気持ちも立場も私とは違えども、ただただ時間を共有してくれた人がいた。
それは大きかったな。
ありがとう

そしてそれがきっかけで、やっぱり、「シンプルに生きたい」って思ってる。
ってことに、その記事を読んで気づいた。
「欲しいものは欲しい」けど「ほんとに必要なものが欲しい」
なんでも欲しい訳でなく。

成長しない!?

人なんて、私も含めて、シンプルなんだけど、みんなみんな、複雑にできてる。
いろんなことがあって、その人の生き方、選択、言葉、態度、性格などなどが作られている。
そして、その人の今があり、未来がある。

そんないろんな人が出会って、出会いによって、いろんな部分が引き出されたりもして、
その「今」を出会った人とどんな状況であれ、気持ちであれ、どれだけの時間であれ、共有している。

いろんなことが起こって当たり前。
それを自分の思うようにしようとか、うまく過ごしたいとか、そう思うのも当たり前。

でもでも。でもでも。
そうじゃなくて、何が起こっても、どんな気持ちになっても、
ゆるゆる、水のように、くるくる形をも変えて、自分が変わってそれに対応していければいいのに。

どんな動きでもラクにできるように、フェルデンクライス・レッスンのように。

今年は、手を伸ばすところはもっと遠くへ、伸ばしたい方向へ。
ひっこめたいところはひっこめて、行こうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。