mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第25回NAHAマラソン!:後半
ひめゆりの塔の前を過ぎて、また走る。走る。
さっきので、ちょっぴり遅れたかしら?
でも、仕方ない。

ほぼ、下り基調。

30kmを目指して走る。
30kmにあるのは、壁か?追い風か?

前のマラソン(初マラソン)では、27kmくらいで、脚が固まったけど、今回は大丈夫だった。
チカラ、ついてる
トレイルレースを考えれば、30km~は追い風が吹くはず・・・。

吹かなかった
呼吸はラクなんだけど、からだ、ですな。
ペースが上がらない、上げないだけ?

今回は頼らない!と決めていたアミノ酸投入!

30~35kmが長い・・・長い・・・。
でも、走り続ければ、前に進むし、ゴールできる。
ラップを見て、考えると、4時間半は厳しいか?まだ行けるか?
・・・あまり考えないようにしよう。

途中で、お腹が減ってきた。
けど、食べてる場合じゃない。
これ、食べると危ないわ…でも、大丈夫!?

どこかで、ジェル食べて、レモンが欲しくて、沿道ばかり見て走る。
発見3歩くらい戻って、レモンをもらって、食べながら走る。
いつもならきっと食べるであろう、パイとか、ドーナツ、全く興味ナシ。
今はむりでござるー。
ああ、このフラット具合が、きついー。
もう、ガシガシ走るマラソンはやらないー!などと思うけど、
また走ると、ガシガシ行っちゃうだろうなぁ

何とか35km通過。
30kmのとき、実は、「このまま行けば、4時間15分切れるわね」と思ったけど、
今となってみれば、あまいあまい!
でも、もう少しだわ。

4時間半はどう?行ける?
んー、分からないけど、計算できないけど、「4時間半切り」の宿題を次のレースまで持ち越すのは嫌!
行けるところまで行くしかない。
1分1秒で後悔したくない。

「あと3km」の表示。
ちょっとペースあげてみる?前の人目指して行こうか。
・・・3人くらいで止める・・・。
(残り4kmくらいから上っていたけど、後で地図みるまで、全く気づかず

「あと2km」の表示。
4時間23分くらい行けるかしら?
大丈夫、4時間半は行けるはず。
下りになってきて、近くの人が吐きながら走ってた。
そうもなりますよねぇ、走ってると・・・。

「あと1km」の表示。
「もうこれだけでNAHAマラソン、終わってしまうのかぁ~。」と思う、と言う気持ちになる、
と何かに書いてあったことを思いだした。
終わりたいのか?終わりたくないのか?
ゴールしたら、また次の道が見えてくる。次がある。終わりじゃない。

公園内に入って、高校生?スタッフの上着を着た子たちがずらぁ~っと手を出していて、
ずらぁ~っとハイタッチして、調子良く走っていたら・・・ペースが上がったらしく、息切れ

「あと550m」の表示を見て、失速・・・。
そんなにあるの~!?
トラックに入って、ワイナイナ選手の優勝コメント?を聞きながらゴール。

4時間25分55秒

悔いなし

4時間半を切れたこと。
上りも走り続けられたこと。
たった7~8分の記録更新にすぎないけど、それ以上の価値がある。

やっぱりロードはきついな。
股関節がバキバキ・・・。
30㎞~が次のテーマかな?

NAHAは大満足!
できるだけのことは全部できた。
なので、来年はナシ、です。
スポンサーサイト
第25回NAHAマラソン!:前半
NAHAマラソン、走ってきました!

なぜにNAHAマラソン?・・・実は、沖縄に行ったことがなく
久米島マラソンも石垣島マラソンも気になってはいたものの、都合が合わず、
「本島に上陸せぬもの、離島に上陸するべからず!」と思い、参加。

こんなに規模の大きな、有名なレースとは、こんなアップダウンのあるコースとは全く知らず、エントリー。
ベストは、4時間35分くらいなので、4時間半切りを目指そう!と思うも、コースを見て、むりぃ~
とりあえず、上りも全部走る!後は感覚とカンで走るのみかしらね。

会場に到着し、サクサク準備し、決められた時間ちょっと?過ぎに、決められたゾーンに並ぶも・・・
全くその後の動きなく、全く違うゾーンに並ぶはずの人も私のゾーンにいたり・・・

さすが、オキナワ?

スタートしたものの、スタートライン超えるまで15分。
人がたくさんい過ぎて、思うように走れず、1kmのラップが6分23秒。
これ、遅すぎじゃん

と思うも、人人人。
さらに、距離表示も見えず、1kmごとのラップは止めて、たまたま5kmの表示は見えたので、5kmごとにペースを見ることにする。
ところどころ上りもあるけど、問題なし!

道路の真ん中に、パイロンが置いてあって、「ここ、足元注意?」と思ったけど、
「反対車線は車が通るからはみ出さないように。」とのこと。
いやいや、はみだすどころか、歩道走ってる人もいますけど

でも、なにも言われてないのがオキナワ?

10kmくらいからぐいっと上り、下り、だらだら上るのよね。
問題なし!からだが軽いー。
トレイルなら歩くわ、この上り。
息が多少上がっても、走りながら整えればいいのよー。
15km過ぎると落ち着き、また20km手前でぐいぐいっと上るのよね。

15kmまでは元気!
そこからはやや飽きてきて、ちょっと水分が補給できてない気もしたので、
水のある私設エイドにもれなく寄り、黒糖、塩もいただく。

ずっと、「ひめゆりの塔○○km」という標識を見て走っていた。
日本人なら、沖縄に来たなら、行くべきでしょ。
でも、1人で行くのはちょっと怖いな、と思ったし、コースなので、前日には行かなかった。

だんだん、近づいて行く。

平和記念公園で、中間地点。
2時間16分。
沖縄の人たちは、ここまで走って、止めて、酒盛りして、リタイヤバス乗って帰るとか!?
これが、完走率60%の一因かしら

初(と言っても、この1回きり、である)ハーフよか遅いけど・・・まぁ、こんなもんでしょ。
そこからひめゆりの塔までは、けっこうあるのね。

「ひめゆりの塔→0.5km」(距離はあいまいです、ごめんなさい)という標識。
ここで大変なことが起こったのに、今マラソンやるくらい平和なのだ・・・。

ここでも塩をひとつまみいただいて、氷を食べたら・・・吐き出してしまった。
なんか、気持ち悪い。
なんか、気持ち悪い、じゃない。
はっきり、気持ち悪い。
生唾飲み込む、飲み込む、飲み込んでも気持ち悪くて、吐きそうになり、止まる。
この距離で、こうなるはずない!
何回も生唾吐いて、でも、こんなことしてる場合じゃないのだ。
ここまで走ってきた。
4時間半も行けるかもしれない。
走れば、気持ち悪さもなくなるわ。

3分くらい我慢して走ったら、治った。
一安心・・・。

走れば人生見えてくる
走れば人生見えてくる

最近ちょこちょこおじゃましている方のブログで紹介されていた本。
気になるー!ので、読んでみようかな、と。

走り始めて、人生が見えてきたか?
んー、どうだろう・・・?

ただ、そこから学ぶことは多かったな。
自分と会話すること。
苦しいことばかりは続かない。

仲間もたくさんできた。
ひとりでできないこともたっくさん!できた。

そればっかになってしまったなぁ、と反省することもあるけど

フェルデンクライス&ラン、まだまだ研究中&進化中
あごづくし
またまたずーっと避けていたレッスンシリーズ・・・
ついつい、あおむけでごろぉ~ん、というレッスンばかりしてしまうー。

Sportsmedicine2006 NO.84より。
あごをいろいろな方向に動かしたり。
舌で歯をなぞったり、歯の数を数えたり。
舌で頬に(正確には、口の中の頬側)に円を描いたり。

たかが、あご、と思うなかれ!
肩の筋肉と直結しているので、肩こりがラクになったり、姿勢が変わったりする。
初めて体験した時はおどろきだった。

今回のおどろきは・・・胸の空気の入り具合
いろいろなレッスンをしても、左半身は膨らんで、ラクに呼吸がからだに入る。
エンドウ豆のさやみたい。
でも、右側はさっぱり
キヌサヤ見たいな感じ。

それが、舌で頬に円を描くレッスンをした後には・・・右側に空気が入ったー
気持ちいいーーーー。
かる~くなった!

マスクな生活の今日この頃。
電車の中で、移動中、休憩中?あごレッスンをしようかしら・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。