mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝手に「神流 マウンテンラン&ウォーキング」
今日、仲間たちと神流 マウンテンラン&ウォーキングのコースを走りに行ってきました
ということで、タイトルは「勝手に 神流」
ちなみに、勝手にシリーズ、ハセツネ、信越トレイルの予定もあり!?

昨日は、奥武蔵トレイルラン。
かる~く、のはずが、ムダに上り下りが多く、2人で「こんなはずでは
今日は、どれくらい動けるのか・・・?

万場中心地からスタートする時に、同じくロングコースを走る方と会い、お話。
ロングコースに参加とのことで、試走。
こちらは、仲間の1人が、エントリー間に合わず、だったので、勝手にシリーズ。

中心地を抜け、アスファルトを上り、地図を見てると、地元のおばぁさんが、トレイルの入り口をおしえてくれる。
そこからは、無理やりな感じ?足元が柔らか過ぎる、不自然に、無理やり作った?というようなトレイルを上る、上る、上る
地図にないトレイル・・・。
あそこが上り切ったところ?空が見える・・・あー、また上り!

コースには、矢印看板もピンクリボンもあるけど、これがなかったら、まず、コースがわからない
途中、片側の斜面崩れてたり、かなーり、片側に傾いている斜面ありあり。
ちなみに、「ロング5km」の看板は、リーフレットの「4.5km 桐ノ城山」よりかなり前にあり

西御荷鉾山は、ショートカット。

ロードを走り、またトレイルへ。
オドケ山は、上ることになってるけど、上るルートが廃道になってたっぽい・・・?
よって、上らず、またそのままロードへ。

ながーいロード&信越五岳の第1関門後を思わせる林道を上り、みかぼ森林公園へ。
ここで、スタート前に会った方と合流。
なんと!ハセツネを私の半分の時間で走りぬける・・・すごい
そしてまたトレイルへ。
この辺り、トレイルのすぐ脇をその林道が走ってる。
あまりにも落ち葉があり過ぎて、足元もぼこぼこ柔らかく、「隣の林道走りたーい!」と思う・・・。

やっと、ミドルクラスと合流。
ここで、距離表示に疑問が???
どうも、ロングとミドルと、距離表示が合ってないー!

と思いつつ、杖植峠の先の下り。
ながい、ながい、ながーい、つづら折れの下り。
しかも!落ち葉に埋もれて、足元見えず・・・が!ところどころ足元に石が
何度も捻挫しそうになる・・・。

その後、持倉集落を抜けた辺りからかな、「何だかコース、変わってない!?」
リーフレットに出てるコースと、仲間の地図と、GPSと、コースリボンを見て、一致しない・・・。
リーフレットのコースよりラクになってる

まず、白石山は、ピーク行かず、巻き道。
その後も、フラットなコースが続き、
残り10kmのところからは、林道からトレイルに入るところでやや上るも、(ここからは変更ないかもしれないけど)走りやすい、気持ちいいートレイル
長めに気持ちよーく下り、トレイルの出口まで、スタートから、7時間半くらい?

走ってみて分かったこと、感じたこと。
・エントリーしなくて良かったぁ
 片斜面の傾き具合、上り具合、落ち葉の多さ、足元のぼこぼこ具合、私には厳しいな、まだ。
・ミドルの部、20kmと書いてあるけど、実はそれ以上。
 途中で、「ミドルの部20km」の看板が・・・。
・意外にロードが多かった
・これは、最後のトレイルが気持ちいいけど、途中、かなーり、厳しいので、エントリーするなら、ミドルの部がいいかな。
・町の方があたたかい
 帰りに、中心部に向かって歩いていると、庭先で剪定をされていた方から、サツマイモのふかしたもの、お赤飯をいただきましたー
サツマイモは、「もっともっといっぱい持って行って。」と。
ごちそうさまでした。

町の掲示板には、レースのポスターが貼られ、いろんなところにノボリがたち、レースモード。
再来週参加のみなさん、楽しんでくださいね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。