mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスと机で
ずーっと、避けていたレッスン。
今日は時間が取れたので、トライ!

「Sports medicine」のフランク・ワイルドマン博士(訳:藤井里佳さん)のレッスン。
いくつかのレッスンをしたけれども、一番印象的だったのは・・・
イスに座り、机にふせて、頭を持ち上げたり、スライドさせたりするレッスン。

背骨や肋骨、肩甲骨が複雑に動く。
左右で全く違う動きを引き出したり、部分的に背骨を動かしたり。

これと同じ動き、床で、うつ伏せででもあるけれども、それとは何が違うのか?

うつ伏せになるのがきつい人でもできる。
足の裏の体重の乗り具合なども分かるので、より重力に対してどうするか?
足までつなげる、ということがしやすいかな?

終わった後は、背中、腰にかけてまで呼吸が入って、気持ちいい
私自身、反り腰気味であり、腰は、どうストレッチしても、柔らかくはなりにくく、
力を入れやすい部分。
でも、このレッスンや呼吸のレッスンでは、それが解決
胴体が風船のように自由自在に呼吸に合わせて膨らむ・・・素敵な感覚!
スポンサーサイト
股関節へのアプローチ
ヨークカルチャーセンター大宮店でのフェルデンクライスレッスン。

今日のテーマは股関節。
この股関節を動かすには・・・
①股関節を動かす。
②骨盤を動かす。
③膝や大腿骨を動かす。などの方法があるかな。

と言う訳で、この3パターンからのアプローチ。

骨盤を左右に転がす動きでも、
膝を動かしてする動きと、膝を固定してする動きでは、
股関節の動き方は違うし、

同じ骨盤を時計回りに動かす動きでも、
股関節の角度や、関節のはまり具合などに意識をおくものと、
骨盤の動きに意識をおくものでは、違うレッスンのもなる。

おもしろい・・・

股関節そのものの動きを引き出すものと、他の部分と協力させて動かすものと。
どっちも大事!
股関節だけが柔らかく、スムーズに動いても、他の部分の協力がなければ、動きは成り立たない!
とまでは言わないけど疲れ具合、パフォーマンスが変わるな。
私は、股関節だけが柔らかく、な動きばかりしてきたけど・・・。

レッスンの後の参加者のみなさんの膝を上げる動き、
すいーっと上がって、それに合わせて腰の辺りは、頭と脚の方に引っ張られ、ラクそうになってた!
太極拳も階段を上るのも、ちょっとした段差を越えるのも・・・ラクラクですね
走れる気がするー!
1週間前、高齢者むけの筋トレクラスで・・・
イスに座って、左膝を伸ばし切った時・・・

膝の裏側の下、ちょっと外側が「びりっ」って言った

悩んだ結果、その日のランは中止
しばらく「ラン禁止」を決意。
まぁ、他のことはしゃかしゃかしてたけどぉー。

翌日、歩いていても「びりっ」・・・。

また翌日、「びりっ」・・・。

なんじゃいなーっ

でも、いいかげん、分かってきた!
まず、足裏の重心が、外側(小指側)にのるとなりやすい。
膝を完全に伸ばし切るとよくないみたい。
かかとを上げて、ふくらはぎを縮めるようなのもなーんだか、好きじゃないみたい。

そこでどうするか!?

やっぱフェルデンクライス、でしょ。
足裏の重心は、私の場合、どんなレッスンをしても変わる。
なので、やりかけてるシリーズのレッスンを進めてみよう。

膝を伸ばし切らないのは、前にもレース前に違和感があった時に心がけてたこと。
大丈夫、できるできる

走れる気がするー!

エクササイズガイド
今日の仕事は、メタボ教室での運動実技。

エクササイズガイドのこともお話するも・・・んー、伝えにくい

思うこと。
とりあえず、今の自分の運動量を確認できて、
それが基準に対して、足りているのか、足りていないのか?
足りない場合、それ以上の活動を確保できるのか、できないのか?
確保できるなら、どこで、どう確保できるのか?
そこがポイントかな?

もうひとつ思うこと。
この自治体では、その自治体の体操がある。
ウォーキング大会や、自主グループがおススメしているウォーキングコースなども。
そういうものも盛り込んで、オリジナルなエクササイズガイド、作ってみるのはどうかしら・・・。
ソフトジム、で
ソフトジムで、ストレッチ&トレーニング。
仕事で、だけど、基本的に、ものを使っての運動は苦手

ボールの特性を生かしつつ、つぶしたり、転がしたり。
持ち上げたり、おしりに敷いたり。

意外と、おもしろいかも!

このボールを床に置いて、手でからだから遠く、右左、などに転がしながらおしりのストレッチをすると・・・
転がさないでしてるのとは大違い大違いなくらいに、おしりがストレッチされる~
気持ちいいー。

こういう、芯の部分に疲れが残ってる感じがする今日このごろ。
普通に、普段のストレッチでは、ストレッチ感がないけど、
それは、ほんとに必要な部分がストレッチされてなかっただけ。

ナイス発見
しばらく続けよう。
楽しくなってきた♪
(その前までは、ほとんど興味ナシ、だったのに
サウナ、にて
えー・・・故障中につき、ラン禁止!

今度のレース対策として、「サウナで、汗腺を広げておくとよい」と読んだので、早速実践!

ん、暇、だな
今度は本でも読もうか・・・。



ここぞとばかりに、フェルデンクライス・レッスン。
背中を丸めたりのばしたり。
からだをひねったり。
かかとやつま先を上げたり。

かかとやつま先を上げるレッスン、ん、ん、んー???
なんだか、からだの反射(フェルデンクライスではなく、運動という視点から)見て、
なんだか違うぞ~。

そう言えば、このレッスンをトレーニングコースで受けた時、先生の説明と、私のからだで起きてること、一致しなかった。
でも、その時は、それ以外に動かす方法が見つからなかった。



そうかぁー!!
分かった、こういうことか、こういう動きをあの時、先生は引き出したかったんだ。

何年か越しでの気づき、と、発見
第17回日本山岳耐久レース:まとめ
今さらですが・・・。

ハセツネは、
・18時間以内
・金毘羅尾根、ロードは走る

いうことがクリアできたので、大満足
何よりも、「過去の自分を越えた」ということで、大満足
(レース中は、「過去の自分を越えたから、いいじゃないか!」とも思ってた・・・。)

やればできるもんだなぁ、
自分もまだまだできるんだなぁ。

体調不良、膝の痛みで第2関門でリタイヤした仲間たち、
体調不良を押して走り続けた仲間、大幅に去年の自分を越えた仲間、
信越五岳の疲れをはねのけて、去年の自分を越えた仲間、
痛みを越えて走り続けた仲間たち・・・みんなすごかった

一緒に走った仲間、応援してくれた仲間、人たち、スタッフのみなさんなどなどあっての自分だな、と思った。

みなさん、ありがとうございました!

ハセツネは、おんたけ、信越五岳と3本のウルトラ系の中では、一番納得のいくレースでした。
後悔はなし。
宿題は・・・ないこともないですがまぁ、許容範囲です。

おんたけや信越五岳のように、すぐには、来年のチャレンジを決めれませんでした。
満足いく結果だったこと、
それなりのトレーニングを積まねばならないこと、
終わってから思えば、絶好調!度胸満点だったこと、
などなど考えれば。

でも、でも、でも・・・また出ちゃうのかなぁ
第17回日本山岳耐久レース:第3関門~ゴール
第3関門をあっけなく通過し、御岳神社の商店街?へ。
ちょっと違う空間に来た気分になるところ。
沿道で、近所の方か、「ああ!女の子がんばって~!」と応援してくれる。

真夜中、ですよ。
普段なら、確実に寝てるような時間、ですよ。

私の頭の中、

これがハセツネ。
最初で最後のハセツネ。
もう、次は無理。

そんなネガティブなことばかり・・・。

なに考えてるんだ?私。
やっと目が覚めた。
涙が出てきて、止まらなかった。

そんなことは、後で考えればいい。
今、今を進むだけ。

残す上りは、日の出山のみ。
足元に気をつけて走る、走る。
もうここまで来たら、もうすぐ。

60km地点、日の出山のトイレ付近で、「大岳山の下りで滑った方、いませんかー?」と言われるが、
いろんなところで滑っているであろう、覚えてない・・・。
もうすぐあの夜景が見えるんだー

陽の出山山頂。
夜景がきれい
仲間とナイトランに来た時も、この夜景はきれいだったなぁ。
この夜景は、応援してるみんなにも見せたい!と思い、携帯を取り出すも・・・写らず
応援隊に連絡!と思うも、電波なし・・・。
補給して、「よし!」ここからは下り、走る
ここから先は走る!
気持ちよく走れるところ、ここは走る、って決めてる。

階段を下りながら、ふと思い出した。
雑誌に、「日の出山で朝陽が見れるのは、18~18時間半でゴールする選手」って読んだ。
今、夜景、見たけど・・・ということは・・・18時間切りもまだいける!?
行くしかない。
慎重に慎重に・・・。

小さいアップダウン。
上りは歩くけど、フラットなところ、下りは走る。
ここで走れなかったら、おんたけや信越と同じ、また宿題になる。
走れるところ、走れないのは後悔する。

夜が白々と明けてきて、白い空がこれまたきれい

「金毘羅尾根」という標識が出てきた。
「金毘羅尾根」だけでなく、「武蔵五日市駅」という標識も出てきた。
近づいてきてる、もうすぐ・・・。
なはずなのに、ながいーーーー
ところどころ滑るところもあり、ストックに頼る。
(日の出山からゴールまで10kmあることを把握してなかった・・・。
ナイトランのときは、試走のときは気持ちよく下ってたから!?)

ストックは、もういらないかな、と思い、手から外していたけど、なんだか扱いづらい・・・。
おんたけはずっとこれで走ってたけど
はめるか、また。
と、ストックをなんちゃらかんちゃらしながら、金毘羅尾根を下る。

どしゃーん。
痛い、痛い、痛い!!

転んだ。
頭の右側まで響いて、骨折したかと思った。

転ぶ瞬間が分からなかった。
すぐ起き上った(と思う)。
見たら、三角な木の切り株があり、「これに顔ぶつけたから痛いのか。」と思う。
顔からだらだら血が出て止まらなかった。

こんなところで使いたくなかったけど、タカヤマテヌグイ(高山夫妻の結婚式のレセプションでもらったもの)で、押えながら、正座して、
「痛い、痛い、痛いーーーー
と叫んで、泣いて、
でも、「大丈夫ですか!?」と声掛けてくれた方には、「大丈夫です。」と答え、
また、「痛い、痛いー。」と言いながら、泣きながら、鼻押えながら、また走る。
残り3kmで、何やってるんだ、私・・・。

前にいた人も追い越して、走る、走る。
足元気をつけなきゃ。

やがて、橋が見えてきた。
仲間が、「ここに来たら、帰ってきた、って思うよ。」と言ってたところ。
もうすぐ、もうすぐ・・・。

道がコンクリートに変わり、急になる。
金毘羅尾根抜けたところ。
試走のときは、ここはもう真っ暗で、会う約束をしていた地元のハセツネに参戦の方が、コーラもって待っててくれたところ。
あの時は、もう足首がぎしぎししてて、歩きたくもなかった。

ロードに出た。
応援のみんなに今度こそメール。
応援の人が2人。
「泣いてる?大丈夫?」と女性が声をかけてくれた・・・「あ!志賀野反のときに会った人や~!」
あ~っ!一緒に途中走って、ゴール後も話した人や~

これから先は、
一生に1回のハセツネ、血たらしゴールは嫌だー!と思いながら、血を拭き拭き走る。

ゴール。
17時間20分58秒。

先にゴールした仲間、応援に来てくれた仲間が待っててくれた。
「顔どうしたの!?」と聞かれ、思わず、「転んだ、痛いーーー」と大泣きしてしまった・・・。
(しっかり、オールスポーツにこの写真があった

今年のメインイベントハセツネが終了・・・。

勝手に「神流 マウンテンラン&ウォーキング」
今日、仲間たちと神流 マウンテンラン&ウォーキングのコースを走りに行ってきました
ということで、タイトルは「勝手に 神流」
ちなみに、勝手にシリーズ、ハセツネ、信越トレイルの予定もあり!?

昨日は、奥武蔵トレイルラン。
かる~く、のはずが、ムダに上り下りが多く、2人で「こんなはずでは
今日は、どれくらい動けるのか・・・?

万場中心地からスタートする時に、同じくロングコースを走る方と会い、お話。
ロングコースに参加とのことで、試走。
こちらは、仲間の1人が、エントリー間に合わず、だったので、勝手にシリーズ。

中心地を抜け、アスファルトを上り、地図を見てると、地元のおばぁさんが、トレイルの入り口をおしえてくれる。
そこからは、無理やりな感じ?足元が柔らか過ぎる、不自然に、無理やり作った?というようなトレイルを上る、上る、上る
地図にないトレイル・・・。
あそこが上り切ったところ?空が見える・・・あー、また上り!

コースには、矢印看板もピンクリボンもあるけど、これがなかったら、まず、コースがわからない
途中、片側の斜面崩れてたり、かなーり、片側に傾いている斜面ありあり。
ちなみに、「ロング5km」の看板は、リーフレットの「4.5km 桐ノ城山」よりかなり前にあり

西御荷鉾山は、ショートカット。

ロードを走り、またトレイルへ。
オドケ山は、上ることになってるけど、上るルートが廃道になってたっぽい・・・?
よって、上らず、またそのままロードへ。

ながーいロード&信越五岳の第1関門後を思わせる林道を上り、みかぼ森林公園へ。
ここで、スタート前に会った方と合流。
なんと!ハセツネを私の半分の時間で走りぬける・・・すごい
そしてまたトレイルへ。
この辺り、トレイルのすぐ脇をその林道が走ってる。
あまりにも落ち葉があり過ぎて、足元もぼこぼこ柔らかく、「隣の林道走りたーい!」と思う・・・。

やっと、ミドルクラスと合流。
ここで、距離表示に疑問が???
どうも、ロングとミドルと、距離表示が合ってないー!

と思いつつ、杖植峠の先の下り。
ながい、ながい、ながーい、つづら折れの下り。
しかも!落ち葉に埋もれて、足元見えず・・・が!ところどころ足元に石が
何度も捻挫しそうになる・・・。

その後、持倉集落を抜けた辺りからかな、「何だかコース、変わってない!?」
リーフレットに出てるコースと、仲間の地図と、GPSと、コースリボンを見て、一致しない・・・。
リーフレットのコースよりラクになってる

まず、白石山は、ピーク行かず、巻き道。
その後も、フラットなコースが続き、
残り10kmのところからは、林道からトレイルに入るところでやや上るも、(ここからは変更ないかもしれないけど)走りやすい、気持ちいいートレイル
長めに気持ちよーく下り、トレイルの出口まで、スタートから、7時間半くらい?

走ってみて分かったこと、感じたこと。
・エントリーしなくて良かったぁ
 片斜面の傾き具合、上り具合、落ち葉の多さ、足元のぼこぼこ具合、私には厳しいな、まだ。
・ミドルの部、20kmと書いてあるけど、実はそれ以上。
 途中で、「ミドルの部20km」の看板が・・・。
・意外にロードが多かった
・これは、最後のトレイルが気持ちいいけど、途中、かなーり、厳しいので、エントリーするなら、ミドルの部がいいかな。
・町の方があたたかい
 帰りに、中心部に向かって歩いていると、庭先で剪定をされていた方から、サツマイモのふかしたもの、お赤飯をいただきましたー
サツマイモは、「もっともっといっぱい持って行って。」と。
ごちそうさまでした。

町の掲示板には、レースのポスターが貼られ、いろんなところにノボリがたち、レースモード。
再来週参加のみなさん、楽しんでくださいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。