mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リバースカール&肩甲骨の内外旋→姿勢
担当している高齢者の筋力トレーニングのクラスの進め方が9月から変更になった。

ベースの内容は通年でありつつも、それに加え、月ごとにテーマができ、
そのテーマに基づいた運動の一部を全会場で共通したものを入れ、それで進める。

今月のテーマは・・・「姿勢」
共通の運動は・・・リバースカール、肩甲骨の内外旋

リバースカールは、イスに座ったところから、骨盤を後ろへかたむけていき、腹筋を鍛える運動。
ん?ん?ん?

骨盤のかたむけ方と、背骨の動きをうまくすることの方が先では?
腹筋を鍛えることよりもむしろそれの方が大事では?

イスに座って、骨盤に手をおき、後ろへ骨盤をすこーしかたむける動きをしてもらうと・・・
うまーく背骨が丸まる方、
背骨が前の方にぐーんと伸びてくる方、
背骨だけが丸くなる方、
いろいろ



うまく骨盤が後ろへ転がっていないように見えた方も、近くで見てみると・・・できてる!

が!頭が骨盤の動きを妨げている!
頭が前にぐーんと伸びてきたり、必要以上に倒してしまうと、骨盤の動きは止まるんだ・・・。

なかなかおもしろい発見

「今月のテーマは姿勢です。」とお伝えすると、ほとんどの方の背中がすいっ、と伸びた
いえいえ、それも大事ですが、「良い姿勢」っていうのは、状況によって変わるのです。
運動や日常で、背中を伸ばすことが必要な動きもあれば、背中を丸めることが必要な動きもある。

そのときそのときに必要な姿勢、それが良い姿勢ではないのかしら。
(「良い」ということばよりは「適切」の方が合ってますね。)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。