mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忍者になる!
昨日は、超人な人たちと奥武蔵トレイルラン

走りはじめは小雨
お昼からまたひどくなるの?大丈夫かしら・・・。
と思うけれど、初めてトレイル走った時も雨だったなぁ、と思いだし、
やっぱりワクワク

コースまでに移動している間に雨は止み、足元も想像していたよりも快適。
みんな超人なので、私があせったり、がんばったりしてもついて行ける人たちではないので、
マイペース。

レースだと、すぐ後ろにいられるとすごく気になって嫌だけど、昨日はそれが安心だったり、
前を走ってる人の足運びをまじまじと見たり。

その足の運びがすごかった
レースでは、そう思って見てるだけだったけど、昨日は、まじまじ見て、気づいた。

しゅたしゅた走ればいいんだ
忍者みたいに走ってる!

はぁ?意味分からん、と思われるかもしれないけど、それ以上説明できない
が、まねをしてみる。

きざめきざめ~!
さくさくとね。

できるじゃーん

気持ち良い~
そして、どんどん加速していって、
自分がどうからだをコントロールして走っているのか分からなくなり、
踊りながら走ってるみたいで、思わず笑ってしまう。
が、しばらくするとその快感が恐怖に変わる
その恐怖に変わるまでのところが楽しい
怖いけど、集中を切らさなければ大丈夫だと思うのだ。

ここで、今までの自分の下り方を考えてみた。
初レースの陣馬の時は、ただ楽しくて、勢いで下ってた。
その後、高尾山でねんざし、奄美は、慎重に慎重に。
高水では少し攻めて、ハセツネ30では、余計なことは考えないように・・・。

と、弱気な下り方。
そして、「走る」ということから脱却していなかったということに気づいた。
「落ちていくように」というイメージはもってた。
「歯がカチカチいうくらいまで緩めて」はできてた。
ただ、やはり「走る」になっていたり、
歩幅が広くなっていたり、
ドンドン足をついていたりしていたな。

走っちゃぁ、いかんな。
下り方が分かったこと、実際にできたこと、大収穫

お天気は終りの10分くらいは雨にふられたけど、だんだん晴れてきて、
がきれいで、
超人ぶりを目の当たりにし、いっぱい走って、いっぱい話して、笑って、楽しく充実した1日

何よりも、一緒に楽しい時間を過ごせる仲間がいることがうれしい
みんなありがとう!
スポンサーサイト
あこがれの人
5/21、パタゴニア神田店でのスピーカーシリーズに行ってきました。

なんと!今回のスピーカーは・・・
トレイルランナー:石川弘樹さん

どこかで書いた気がするけれども、もう5~6年くらい前にあるお店で、この方の大きなポスターを見て、トレイルランを知り、

うわぁ~っやってみたい

と思った。
それから、忘れてた訳では全くなく、妄想?を膨らませつつ?始めたのが去年。
「走る」ということに取り掛かるまでいろいろあり、タイミングがあったのが去年だったんだろうな。

話は戻り、その時からあこがれの人、だった。
石川さんを知らなかったら、今、こんなにも楽しいトレイルラン、知らずに過ごしていたのか・・・。
トレイルランで出会えた人とも出会わずに、
トレイルランで見た景色も見れずに過ごしていたのか・・・。
そう思うと、出会えてよかったと思える人の1人。
(この時にハセツネも知り、「私には無理」と一瞬にして思った。)

そのスピーカーシリーズ、
レースで訪れたところの写真を見て、お話を聞いて、あっという間に時間が過ぎていった。
カラフルな服を着て、男性もスカートをはいている民族。
タイヤで作ったサンダルですたすた走る青年。
チベットから見える景色。

広告の写真で見てると、がっちりしたイメージだったり、
話してる感じ、走っている表情などを見ると、「やんちゃな人」というイメージがあったけど、
話してる声や雰囲気はとても穏やかで、ほっそりしている、心地よい空気を作れるような方。

チベットやメキシコを走るのは難しいけど、アフリカは走ってみたい
こういう、心地よい空気を作れる人になりたいですなぁ。

いやいや、素敵な人でした



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。