mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハセツネ30k結果
4/19(日)にハセツネ30kに参戦

この日まで、気持ちもからだも万全にしておく予定だったのに、なんだかんだ中途半端なままこの日を迎えつつあった。
前日に、準備をしていて、なんだか楽しい気分になったこと、
フェルデンクライスのレッスンをして、脚と腰がつながるように感じれたこと、
これがせめてもの救いだった。

まず、武蔵五日市の駅の階段で一段階段を踏み外し、転びそうになる
家からテーピングしておいたので、セーフ・・・。

ゴールタイムが6時間のところに仲間と並ぶ。
7時間(制限時間)以内、ってないのね

いよいよ、緊張感もないままスタート

ロードは走れそうな気がしたから、ひゅるひゅる走るも、トレイルに入った瞬間に渋滞
20分くらい止まる・・・。
が、この先の刈寄山の急な上りは、試走の時よりすいすい上れる
昨日のレッスンの成果?

渋滞で心配だった第一関門も無事通過。
やったぁ~、下りだぁ
ロードだけど・・・。
ここで、ザックを圧縮してないことに気づく
どーりで、揺れるわ。
圧縮して、気を取り直して下る。
そして、ロードを延々と上る

やや下りに入り、和田峠の手前で、奄美でお会いした方に会えて、元気が出る
も、和田峠からのトレイルからへこたれ始める・・・。
仲間たちと会えるのはうれしいけど、みんなぐんぐん見えなくなる。
はやっ
上りはもちろん、下りは走った方がラクなので、走れる下りは走るけど、フラットなところさえ歩き始める・・・。
でも、気持ちが切れたんじゃない。

「ロードの下りが一番走れたなぁ。これってどうなの?」などと余計なことを考えていて、転ぶ
危ない危ない・・・。
谷側に向かて下がっている細いトレイルも走ってるけど、どんなバランスで走ってるのか分からない
すごいなー、私!

きたきたーこの急な上りたち
「何でこんなことしてるんだ、私?」
「これも慣れればラクに上れるようになるさ。」
と考える余裕があるなら平気か!?

その上りを何度も繰り返したからか、ちょっとした上りは、自分のペースで上れれば、歩きはするけれど、すいすい。
さっきのに比べればどうってことないわよー。

が、また余計なこと考えてて、「間違ってるよ!」と言われる。
コースを間違えてた
あちゃー、ありがとうございます。

もう少しだ~!とまた余計なこと?考えていて、今度は前に転ぶ・・・。
何年ぶり?
いかんいかん、残りわずかだからこそ、集中

長い下りを下り・・・足が止まりそうになりながら、でもなんとかゴール
最後はもう半泣きだった。
もう少し、もう少し、ここまでこれた・・・。

目標の6時間は切れたし、試走の時よりも新緑がきれいで気持ち良かったし、
みんながゴールで待っててくれて、うれしかった

ハセツネは、「限りなき自己能力への挑戦」と言われている。
それだけじゃない、どこまで自分を信じられるか、ということもすごく問われる気がした。
いつ、何を補給するか、どう下り、どう上るか、走るか、歩くか、道を譲るか、進むか。
瞬時に判断すべきことが盛りだくさんだし、その判断に責任を持たねばならない。
その判断を信じて、自分を信じて進むしかない。

今後の課題も見えたし、また出直します。

スタッフのみなさん、応援のみなさん、地元のみなさん、選手のみなさん、お疲れさまでした!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。