mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェルデンクライス&ラン・ウォーク
以前から考えていたタイトルのレッスン、日程の確保ができました

に書いてあることも参考に、今までの自分が試してきたレッスンも含めて、
ラン・ウォークをすることがメインではなく、もっと心地よく、楽しくできるフェルデンクライスレッスンをして、からだの使い方をラン、ウォークにつなげるレッスン。

ある日、フェルデンクライスのレッスンを受けてから走ったら、今までにないくらい気持ち良く走れた。
自分じゃないみたいだった。
「走る、歩くということは、DNAの中に組み込まれてることで、からだをうまく整えてあげると、こんなにも気持ち良くできるものなんだ」とさえ思った。

フェルデンクライスの良さを伝えたいと思った。
フェルデンクライスを使って最終的にやりたいことも、ある。
でも、そこにはまだチャレンジしない。
今の自分の立場、状況を考えてみた。
まずは、「走る」ことわ通して、「自分はこんなに変ったんだよ」って、自分を通して、
誰にでも分かる形でフェルデンクライスの効果を伝えようと思った。
ここから、始めて、いつかはその先にあるやりたいことにチャレンジする日が必ずくる。

でも今は、トレイルランの気持ち良さ、ロードランの走り続ける気持ち良さのために走ってる




スポンサーサイト
腰の動き(歩くレッスンその2)
Sportsmedicine 2005 NO.68より

歩く。
足を踏み出したときの頭の動きを感じながら歩く。
手で、反対側のこめかみを持って、足を踏み出したときに、頭をたおしたり、回したり。

今日のレッスンは複雑だった
いや、内容はシンプルなんだけれども、右手、左手、右側に、左側に。
足が床から離れたときに、着いたときに。
混乱!?

レッスンの後は、足を踏み出すと、頭まで動きがつながって、頭も動く。
そして、胸のあたりからくるくるからだが回って、スイスイ歩けた

やっとからだがつながって、ラクに動けるようになった。
また走りたくなった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。