mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援
以前、マラソンなどをやってる人が、
「応援はやっぱうれしいよ。心が折れそうになるからね。」
と言ってた。

その時、「がんばれ」って応援されると思っていて、
その言葉が大嫌いな私は、
「走るも走らないも、がんばるもがんばらないも、自分で決めることだよ。
応援は関係ないよ。」
と言いきった。

けど、今回のレース、応援が暖かかった
みなさん「がんばって」とか、「気をつけてね。」と応援してくださったのだけれど、
私の心は全く折れることなくゴールできたんだけど、
ちゃんと相手の気持ちを受け取れる、暖かさを受け取れる余裕があったんだな。
かなり、テンションあがってたし。

走ってみないと分からない。
なのにねぇ
と思ったので、レース中から、その人に、謝ろうと決めていた。

そして、その日のうちに、レースの報告をして、謝りました・・・。

応援してくださったみなさん、ありがとうございました
スポンサーサイト
第8回陣馬山トレイルレース
11/9に初トレイルレースに参戦

4時間という制限時間内に、23kmを完走できるか
気持ち良く、ラクに走れるようにうまくからだを使えるか・・・
不安はたくさんあったけど、思いつめちゃぁ、いかん
遠足気分でね
景色も見ながらね

いよいよスタート

ロードから始まり、はじめの300m走って、歩く
だって・・・上りだし、先長いし、ね。
おー、みんな先行って、先行って。
「上りは歩いていいんだよ」って仲間のことばが気持に余裕をくれる。

ロードを抜けて、いよいよトレイルに入ってきて・・・
なんともまぁ、素敵な森の中

ああああーーーーーっ、気持ちいいっ
ここを待ってた

と走ってったら・・・渋滞
なんでここで渋滞するんだろ?
まぁ、けっこう走ったからいいやー、と早速ジェル食べる。

上りが来たー。
歩く、歩く・・・ごぼう抜かれ。
でも、途中での応援があったかい

陣馬山山頂に到着
景色を見て、記念撮影してる人たち見て、スルー。
だって・・・携帯、ザックの中だもーん。

そしたら・・・下り
「おおおーーーーっ」としか表現できない、どわぁ~っとからだの中から、
心の中から何かが出てくる

人が前にいないのをいいことに、激走
ブレーキをかける理由も、歩く理由もない
感覚と直感に任せて進む、進め~っ。
走ってるんだか、暴れながら下りおりてるんだか・・・楽しい気持ちいいっ
このために上ってきたんだな、このためにここまできたんだな

意外なことに、気持ちは盛り上がってるのに、冷静に地面も先も見えてる。
からだもゆるゆる
だから良いんだろうな

ロードの下りも、人をひきそうな勢いで走り関門を通過して、だらだらロードの上り・・・。
どうも走れず、歩く。
まわり、みんな歩いてる・・・時間大丈夫?
不安になったけど、そのうち走れるところがくるよ

走れそうなところは走って
紅葉も眺めて、
そうだチョコ、食べよう
遠足、遠足、遠足気分を忘れちゃぁいかんよ

またトレイルに入って、でも、すぐ走る気にならなかったり、途中歩いたり。
でも、不安じゃない。
時間は大丈夫だし、きっと走りたくなるよ

下りは歩くより走った方がラク・・・で、調子が出てきて、つづら折りの下りは、前に人がいたので、
ブレーキかけつつ走る
残り3kmだし。
これ、人がいなくて、さっきみたいに下ったら・・・転ぶ、転げ落ちる、けが、もっと・・・
こわっ

トレイル抜けて、またロード・・・そのロードが思いのほか長かったけど、ゴール

ゴールで、仲間が迎えてくれて、すっごぉぉぉぉぉぉーーーーーーく、うれしかった
みんなありがとう
(ハセツネの時は寝てごめんなさいってすぐ謝った

初レースの感想は・・・楽しかったぁ

ザック問題
歩いたり走ったりするごとに、いろんなベルトを緩めたり締めたりしてたら、
窮屈じゃなかったよ

でも昨日も今日も、ももの前、かなーり、筋肉痛
しれぇ~っと、何事もないかのように歩いてますが

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。