mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーキング指導で
今日は仕事で、高齢者の方にウォーキングを指導しているところをサポートしていたら、
進んでいくにしたがって、みなさんの歩き方がぐんぐんスムーズに、きれいになっていった

に書いてあって、私が共感したことを書いた記事にもつながること

猫は猫にとって、犬や馬は自分たちにとって適切な走り方を知っている。
人も同じように、みんな人にとって適切な走り方を知っている。
しかし、良くない習慣、ストレス、けがや損傷などのからだの状態や、はっきりしない自己イメージ、注意不足により、このことを忘れている。
(私レベルでの訳です

その結果、人は自分にあった走り方をしていない、ということを伝えたいのだと思う。
だから心地よく走ったりできないし、からだへの負担が大きくなってしまう、ということを伝えたいのだと思う。
で、それをつかんでいくにはフェルデンクライスがいいよと。

確かにフェルデンクライスは有効だと思う。
私自身の走りもかなり変わった
私にとっては1番効果的だ、と思う。

でも、他の人にとっては今日のような内容が必要なのかもしれない。

フェルデンクライスは可能性を引き出す、とてつもなく大きなもの。
でも、それがすべて、ではない。
他にも手段があることもわすれてはならない。


スポンサーサイト
共感
今日、を読んでいたら・・・私が思っていたことと同じことを作者も考えていたことが判明
うれしかった
私の考えていたこと、間違いじゃない
少なくとも世界に1人は同じように考えてる人がいる・・・うれしい
詳しくはまた今度。

この本を早く読み進めたい

英語・・・なので、なかなかすらすらとはいかないな
すいっ、と伸びたら気づいた
今日は雨が降るらしい・・・。
しかも、夜はレッスンだから・・・午前のうちに走ろう

今日はザックだけじゃなくて、ハイドレーションも使ってみよう

んんんんハイドレーションって、こんなに飲みにくいの

・・・・・・笑えるトラブル発覚

走ってると、なんだか苦しい
呼吸もだし、脚も。
からだの裏側ばかり使って走ってる感じ。

疲れてる

ちょっと歩いたりもしながら、決めた時間走って、ザックの胸のベルトを外したら、
その瞬間、

すいっ、と、背が伸びた

これかぁ

この前のぜいぜいや疲れは、上り下りのせいだと思ってた。
けど、違うな、胸、だわ。

胸が縮んでいたからだな

確かに調子がいい時は、とても背が高く感じている。
今日は、何だか、おしり引けてるな、と思ってた。
ザックをしょうとこうなりやすいのかも・・・。

ザックを変えるか、
そのザックをしょっていても背を高く感じて走れるからだにするか、
背を高く感じなくてもラクに走れるからだにするか。

選択肢はいくつもある。
その状況に応じたからだを作れるか?チャレンジしてみるのおもしろい

フェルデンクライスと自分にチャレンジ?
裏磐梯つながり
最近、mixiのマイミクさんの日記を見ていると、裏磐梯のきれいな紅葉の写真がアップされていて、
この前行った大人げないアダルトキャンプを思い出した
トレイルラン、気持ちよかったー

ここからまた世界が広がって、楽しいことが増えた。
嫌なことでも、区切りをつけたことでもくよくよせずにいられる、楽しいこと。

ここももう紅葉してるんだろうなぁ。
夢を1つ叶える
昨日?からザックとハイドレーションを借りた。

よぉーしこれでどこまででも走れるぞ
(からだ的な限界はありあり

という訳で、今日は公園を走ってみた。

埼京線からも見えるこの公園、ずぅーっと気になっていて、
以前に行ったこともあって、気持ち良さそうって思ってた。
そして、この公園を走ってみたかったのだー

公園自体は広くないけど、上りも下りも、芝生広場も、トレイル的な道もあって・・・
トレイルの練習にはいいかもー
ハイドレーションはまた今度にして、ザックはしょって走ってみる。

あごの力を抜いて、
脇腹をゆるゆるにして、走る。
ぜいぜい、いってたけど・・・また来よう

また1つ夢を叶えた
「夢」っていうと、大げさかもしれないけど、ね。
やってみたかったことができた、ってうれしい

子供のころは、「夢」があっても、社会にでていくとだんだん「夢」が見つけられなくなってない?
子供のころの「夢」、大きなこと、小さいこと。
結構かなってたりするなぁ、(今から思えば)小さいことは。
でも、「夢」だったことは忘れてたりする

大人になれば、「夢」とまでは言わないにしても、やってみたいなー、ってことは結構できちゃう気がするな。
ただ、その一歩をなかなか踏み出さなかった気がする。
踏み出さなかった、だけ。

じゃんじゃん踏み出そう

感情は誰のものでもない
あるフェルデンクライスを学んでいる先輩の言葉。
この方は、フェルデンクライスに限らず、たくさんのことを学ばれている方。

感情は、自分だけでは生まれてこない。
自分の中だけから生まれてくるのは、ひらめき、だそう。

確かに

悲しくなったり、うれしくなったり、私は忙しいタイプだけど、
そんな感情が生まれてくる時は、相手がいたり、物事があったりして生まれている。
一人でいても、誰かのことや、何かを考えている時に生まれてくる。

その物事にも、人が関係していることがほとんどじゃないかなー。

違う・・・

でも、人との関わりの中で感情は生まれてくる、とも言い切れない気もする。

感情は誰のものでもなく、人との関わりの中で感情は生まれてくるんだけど、
その感情を相手と共有?相手に伝えてもいいと思うんだけれども、

でも

その感情を生み出してるのは他ならぬ自分であって、自分次第で自分の感情も変えられる。

と思うけど、そんなにうまくはいかないわけで、今日もがつんと言ってしまった。
何も言わないことはずるい。
そのうち、これもどうでもいいこと、になることを願おう。

やわやわ時間が過ぎて過ぎて過ぎて・・・。






第16回日本山岳耐久レース
10/12~13にタイトルのレース、通称ハセツネの応援に行ってきました

13日は午前から仕事だったので、制限時間の13:00まではいれなかったけど、
夜中中応援する人たちと合流させてもらえることに

何年か前に「走ることをしてみよう」と思って、シューズを買いに行ったときにこのレースのことを知り、

やってみたい
でも・・・私には無理だな。

とその時は思った、いわばあこがれのレース。
あれから何年かして・・・今年、こんな時が来るとは思っていなかった

異様な空気の五日市線に乗って、10:00くらいには会場に着き、
一緒に応援する人たちや、出場する人たちと会って、
装備や準備にびっくり
過酷なんだな・・・。

13:00にスタート

選手のすぐ近くで応援できるところはいくつかあって、3つある関門のうちの1つ目の少し?手前へ。
上る、上る
でも、選手たちはもっときついんだよなぁ・・・。

応援している選手たちが無事通過して行って一安心
でも・・・すごい坂、上ってる

そして、ゴールを待つ。待つ・・・。

が、一人目のゴールは、目の前にいたにも関わらず、見逃し
次の人のゴールの時は寝ていて見過ごし
(私だけじゃないよー、みんな、ね。)
その次の人も・・・

見過ごし過ぎやわっ

去年も走った人は、「今年はきつかった」と言いつつも充実感いっぱい
目標タイムを達成した人も、達成まであとわずかだった人も、
タイムアップで、ゴールできなかった人も、
これにチャレンジしたこと、すごいことだよ
恐れ多い

「ねぇさん(私のことね)、ここに来てるってことは、来年出るんでしょ?」と言われ・・・
ええっ

13日は「いや、無理だよね、これ」って思ったけど、

ど。。。今は?・・・

このレースの応援に行ったことを話すと、
「そんなアクティブな人とは思わなかった。」とか、
「で、春田はどこに向かって走ってるわけ?」とかとか。

んんんんーーー。楽しいよ




パソコン
パソコンが手元に届きました
修理に出してから今まで・・・。
メールがたくさん届いていました
ご連絡いただいていて、対応できていなかった方、申し訳ありません。
今後、順次ご連絡させていただきます。
シンプルに生きる
何か「もの」が欲しいとか
お金がたくさん欲しいとか
そんなことを思わずにあるもので、あるお金で、
欲張らずに生きていくことが「シンプルに生きる」っていうことなのか?

違うと思う。

「もの」やお金だけじゃなくて、気持ちも、だ。

誰かの愛情が欲しいとか
イライラしたりとか
怒りとか
悲しみとか
喜びや楽しみが欲しいとか

そんな「気持ち」もシンプルに。
それが「シンプルに生きる」ということだな。

ただ…感情がないこととは違う。

気持ちをシンプルに
気持ちをシンプルに

それを考える。
10月のグループレッスンのお知らせ
すっかり秋の気配が感じられるころですね。
山の方では、そろそろ紅葉も楽しみな季節ですね。

10月は1回レッスンを行います。
日時:10月13日(月) 14:00~16:00
会場:都営新宿線曙橋駅より、徒歩5分
  コチラ↓より会場をご確認ください。
    http://www.karagoda.com-a.googlepages.com/what%27sit%3F2
持ち物:ハンドタオル、動きやすい服装、楽しむ・ワクワクする心
料金:1回につき¥2,000-
    学生さん、初めての方¥1,000-
    (5月より変更させていただきました。)            

お申し込み、お問い合わせ:
       右側の「メールはこちらから・・・」より、お問い合わせもお気軽にどうぞ。
       お申し込みの方は、
       ①参加日 ②お名前 ③電話番号 ④メールアドレスをお知らせください。
       また、興味のあること、気になる動き、症状などある方は一緒にお知らせくださいね。

ちなみに・・・:お申し込みは、できるだけ前日までにお願いいたします。
         が当日のご参加も歓迎です
         直接会場にお越しください。
         思い立ったら吉日、お試しくださいませ       

興味のある方、初めての方も経験ありの方も・・・ぜひお越しください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。