mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコン故障!?
パソコンの調子が悪く…メールチェックができません
ブログの更新もままならず、です。
早急に対応しようと思っています。
ご迷惑おかけすることもあり、申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたしますm(__)m
スポンサーサイト
「今週末のチャレンジ」報告
ひっさしぶりーに、小野川湖のキャンプ場にこの土日行ってきました

初めて行ったのは・・・もう10年くらい前・・・時の流れって怖い
その後、何度も何度も行ってて、今回は・・・何年ぶりだろ?5、6年ぶりくらい?

今回の目的は・・・おいしい日本酒を飲むこと
も、そうなんだけど、
それよりも

トレイルラン

何年も前にトレイルランの存在を知ってから、「やりたいなぁ~、でも私には無理だよなぁ。」と思ってて・・・
やっと、チャレンジするチャンスが来ました

ひたすら、「どうからだを動かしたらラクに走れるか」を考えつつ、→フェルデン的にね
山の中に入ると足元も空気も、景色も気持ちよくて、雨もなんのその
ロードも含めて3時間半くらい、
25~30kmくらい、
歩いたり、走ったりしながら、
さすがに帰りは脚が疲れたり、
股関節が「私はここよ~」と主張してたけど、
ぐる~っとまわり、無事キャンプ場に到着

いやぁ~これ、気持ちいい
楽しい

一緒に走ってくれた人にありがとう
(ホント、アドバイスもらったり、お世話になりました
今回のイベントを企画してくれた人にもありがとう
忘れちゃいけない運転してくれた人にもありがとう

今回、やってみて考えようと思ってたけど、
トレイルランは今後もやろー

あ、筋肉痛はなくて、元気ですよー。



今週末のチャレンジ
久しぶりに、フェルデンクライスぶりに、やってみたいってことが見つかりました。
仕事以外で。

今週末、チャレンジしてきまーす
ワクワクな本
ワクワクするコンラッドさんが紹介してくれました
早速注文
でも・・・着くのは、9/27~10/3だそうで・・・

待ちきれなーいっ。
ティチャーズコースのレッスンより
今日のおひとりさまレッスンは、ティチャーズコースで受けたレッスンから。

横向きになって、膝、股関節を曲げる。
おでこに手をおいて、頭をまわす。
天井側の足を床側の足からはなす。
天井側の膝を床側の膝からはなす。

天井側の足を、床側の足首において、手をおでこにおいて、
天井側の膝、頭を後ろへ。
膝を前へ、頭を後ろへまわす・・・。

その後、久しぶりにいつものところを走る
目線が高い
ちょっとペース、早くない?
でも・・・すたすたと進む進む・・・。
気持ちいい

日が暮れるのが早くなったなぁ・・・曇りだから?
走っているうちに、汗が乾かなくて、時々ひやっと感じる。
もう秋、かぁ

苦しく感じる時もあるけど、それは長く続かないし、苦しくないように走ればいい
だんだん脚の動きが悪くなってきたなぁ。

そんな時、さっきのレッスンの最後の動きのことを思い出した
なんでだろう?・・・わかんない
けど、その時は、「頭と一緒に後ろに行く部分、膝と一緒に前に行く部分はどこだろう?」って考えてた。
レッスンを自分がするなら、こう声かけるな、って。

そしたら・・・
すいーっと、ラクになった
肩は肩、骨盤は骨盤でくるくるまわせてる
これをすればいいんだぁ~

以前の私は、対角の骨盤と肩を同時に前に出すイメージをしてた。
それでうまく走れていたこともあるし、うまくできないときもあった。

その時はそれが必要だった。
でも今は・・・違うんだな。
「これ」が全てではない。

早く走ろうとは思わない。
だって・・・きついの嫌だもん
ぜーぜーはーはーとか・・・嫌やわ。
心地よく、気持ちよく
ゴールしても、「また走ろう」って笑って言えるくらいに。

今日は・・・1時間くらい走ったら、胴体がからっぽ、背骨のになったみたいで、すごく軽やかだった

9/17(水):さいたま新都心での体験レッスンのお知らせ♪
背骨を鎖のように上げたり、下ろしたりする
背骨のレッスン。
Sportsmedicine 2005 .NO67より。

内容は・・・タイトルにもあるし、長いので省略しまーす

レッスン後は、おなかに大きな風船が入ったみたい
肩に対して、脇腹、骨盤がくるくるねじれる。

走ったら・・・すいすい進む進む
こんな感じでいつも走れたらいいな
東京マラソンにエントリー
何日か前、東京マラソンにエントリーしました
まだ秘密だけど・・・。
当選しても言わない、だろうけど・・・
後で雑誌を見たら、なんとエントリー開始から2日間で定員の3万人を超えた、って書いてあり、びっくり

何年か前ちょとしたことがきっかけで、走り始めたことがあり、
ある日、フェルデンクライスのレッスンを受けてから走ったら、とてもとても気持ちよく走れた

走ることは、
とってもシンプルなことで、
誰のからだにもインプットされていることで、
からだが本来動くように引き出してあげれば、
誰もができることなんじゃないかな、と思った。

フェルデンをやって、からだも生き方も変わった。
それを人に分かりやすく伝えられるのは、走ること、マラソンに挑戦すること、なんだな、私にとっては。

東京が無理なら、風ぴゅーぴゅーで、己との戦い、懐かしの佐倉でも、きっと知り合いの方に会うであろう荒川でもいいなぁ。

「東京はやっぱ、特別だよ。応援がずっと続くから、心が折れない。」って聞いた。
その時は、「走り続けるも、止めるも自分が決めること。」って言った。
応援では変わらない、って思った。
けど、言ってることが分かってきた、かな。

そして、この人のテンションをここまで上げる東京マラソンって何なんだろう。
私にはできないこと。
これは走ってみないと分からない。
東京マラソンを走ってみないと分からない。
やっぱ東京だ

東京を走ろう
呼吸のチカラ
すこーしの合間に、FI(個人)レッスンの練習をさせてもらう。
練習?
みんなからだが違うから、みんなが練習だし、みんなが本番、といっていた方がいて、
それもそうかも、と思ったなぁ。

この人のからだはくるくる変わる
レッスンをしている間で、もだけど、どちらかというと、レッスンをする度に、だな。

いろいろ動かしてみて、肋骨が鍵なんじゃないかなぁ、と思っていた。
他は動くけど、肋骨くん・・・。

呼吸の入っているところを見て、動きを見て・・・
ここに触れて、今度はここに触れて・・・
呼吸の入るところを変えていって・・・



「どこが伸びたか分かんないけど、伸びた感じ。」
ふむふむ
おなかが伸びた、かな。

「脚は、こっちの方がよく前に出るようになったかな。ここ(膝)とここ(足首)はまだ違和感あるけど・・・。」
おお、そういえば、インタビュー、せんかったね
おなかが伸びた分、股関節の動きが出て、動きが大きくなったね。

今度のテーマは膝と足首。
どうも、股関節、骨盤辺りがからんでますなぁ。

呼吸のチカラはすごい


おひとりさまレッスン③
両腕を回転させる Sportsmedicine 2004 NO.65より

あおむけになって、
肩の高さに腕を伸ばして、こぶしを作り、上下に転がす。
こぶしを下の方に転がして、頭を上げる。
両膝を立てて、こぶしを上に転がしながら、骨盤を上げる。
今日は、ここまで・・・。

終わったら・・・胸が軽い、おなかの力が抜けて、おなかに空気が入る感じ
自転車に乗ったら、ペダルをこいでいたら、肋骨、脇腹がぐにゃぁ~んと広がって、
脚の重さですいすいペダルがこげるよう

私、相当腰とか、おなかとか固めてるんじゃないかなぁ
ブログを紹介してくださいました♪
geko_sishibufuoさんのブログで、私のブログが紹介されています
geko_sishibufuoさんのブログもぜひ、ご覧ください。
日常とフェルデンクライスの結びつきが見えて、おもしろいですよ
さすがタイトル通り、フェルデンクライスブログ
ご紹介されている本も興味をひかれ、何冊か購入しましたー。
そして、ああ、フェルデンクライスって、やっぱり日常や生き方にも通じるものだなぁと改めて思います。
肩こり・腰痛解消クラス
今日は、レッスン3本。

3本目は、肩こり・腰痛解消クラス。
何人かのスタッフが月1回のこのクラスを交替で?担当している。
ので、私が担当したのは・・・いつ振り?

ここでもフェルデンクライス
他のスタッフがやっていることと同じことをしなければいけない訳ではないし、
違う内容をするから、お互いのやっていることが生きる部分もあるし、
参加されている皆さんにも必要だと思うんだ。

イスに座って、背中を丸めるのばす。
マットの上で、転がる。

背骨、骨盤、肩甲骨のつながり。
これらの協力体制を作ると、必要なストレッチやトレーニングもスムーズにできますよ
とるべき姿勢は、状況によって変わるけど、無理なくその姿勢がとれますよ

ストレッチやトレーニングは必要だけど、それをすることによって、からだの動かし方や、使い方は変わるけど、
それらをするにもからだの動かし方や、使い方を知らなければ、難しいし、からだを痛めることもある。

けど・・・普段このクラスに参加されてるみなさんにとっては、
90分ATM(グループ)レッスンは、長かったかしら
バランスをとる
今日は、レギュラーの高齢者の筋力トレーニングのクラス。
ベースは決まっているけれど、さて他の部分、どうするか・・・?
8月の夏休みを経て、今月、2回目。
今月末には、片足立ちとイススクワットの測定。



短いATM(グループ)レッスンをやろう

イスに座って、かかとやつま先、足の内縁や外縁を床から離す。
膝や股関節、背骨の動きなどにも注意を向けながら・・・。

終わってから、足裏の接地や、姿勢を動く前と比べてみると・・・
足裏がべったり床についたり、
片足上げてバランスがとりやすくなっていたり、
背が伸びていたり・・・。

バランス感覚を養うために、体幹のトレーニングをしたり、バランストレーニングをしたり、
ということは一般的だし、それも必要だと思うけど、
もっと根本的なところから、からだの状態をまず整えることからした方がいいと思うのだ

おひとりさまレッスン②
3日連続で多摩川越え(新記録)の今日のおひとりさまレッスンは・・・

顔を柔和にする sportsmedicine 2004 N0.63より
あおむけになって、
眉をひきよせて、眉間にしわを作ったり、
おでこを頭のてっぺんの方に近づけたり、
下あごを左右に動かしたり、
舌で歯をさわったり・・・

あごを動かす筋肉って、胸の筋肉とつながってるんだぁ
よく考えれば、そうだよなぁ~、と簡単に頷けること。
でも・・・気づいたのは、実感したのはこのレッスンで。

こんなことがフェルデンクライスレッスンではたくさんある。

終わったら、背中もおしりもぴたーっと床とくっついて、
立つと、背骨のS字カーブがある感じ
すーっと、胸が軽くなっていた。

何でこのレッスン?かというと、あんまり動きたくなかったから~。
最近、左右で視力に差が広がってきた気がしたから。

顔も柔らかくなったかなぁ。
羽根布団ではなく、テンピュール
今日、またご縁があって、第4期フェルデンクライスティチャーズコースに行ってきました。

今日は、グループレッスン(ATM)の合間にタッチの練習があったり、
驚いたことに個人レッスン(FI)のデモレッスンがあったり。
私たちの頃は、ひたすらグループレッスンしてたなぁ。

コースに参加していたころは、先生が何をしているかを見ることで精一杯だった。
けど、今日は、先生のタッチ、しっかりとはっきりと重さを受けとめてるなぁ、とか、
からだのここの部分に重さをかけているのかぁ、とかとか。
見る部分が違っていて、おもしろい

先生の手は、柔らかい羽根布団ではなくて、柔らかいんだけど、しっかり重さを受け止めてくれるテンピュールみたいな感じかな?
楽楽エクササイズ①
今日から、「楽楽エクササイズ」が始まりましたー。
「姿勢」をテーマに、からだの動きや状態に気持ちをむけながらストレッチをして、
フェルデンクライスレッスンを2つ。

イスに座って、
からだをひねるレッスン
からだを丸めたりのばしたりするレッスン

力を入れずに、優しく、ラク~に動かす、
がんばらないで、
とはよく言うけど、簡単じゃないですよね

終わりにまた始めのようにストレッチ。
すいーっと背中がのびて、みなさん背が高くなったました

ちょっとぉ、しゃべり過ぎたかしら

来週は腰痛をテーマに肩甲骨と背骨の、骨盤とのつながりのレッスンをする予定です。
気がつけば・・・
カウンターの数字が「1000」超え
うれしい限りです
ご訪問いただいたみなさま、ありがとうございます。
そして、またご訪問くださいませ。
今日のレッスン
今日の午前のグループレッスンは、この前のおひとりさまレッスンを紹介。

始めに頭を左右に転がした時、
「頭の動きについていく部分はありますか?
肩甲骨、背中の真ん中、腰、おしり、かかとなど・・・。」
と言った時と、

終わりに頭を転がした時の反応が明らかに違っていて、
「ああ~」って・・・
足までつながってる。
うれしいすごいなぁ

「すごくよくからだを丸めたり伸ばしたりが分かりました。」と言われ、
今日の「背中を丸めたり伸ばしたりしやすくするレッスン」、好評
肩甲骨、背骨、骨盤のつながり。

夕方にすこーし個人(FI)レッスン。
頭からと足からのアプローチ。
「背骨のここ(胸椎の真ん中辺り)と、股関節(腿のつけ根)が伸びた感じ。」と。
股関節がすいすい動いて、スムーズに歩けてますなぁ
楽楽エクササイズ
ということで、ここでもレッスンします
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/inform/323/032320.htm

こちらでは健康運動指導士としてのお仕事がほとんどですが、ちょくちょく、フェルデンクライスのレッスンもしています。
参加できる方は限られてきますが、可能な方で、興味お持ちの方は、今回は厳しいかもしれませんが
また企画したいと思っていますので、今度はもーーーっと早くお知らせしますので、ご応募くださいませ

↓↓
おかげさまで、9/26の締め切り時点で、67名の方からご応募いただきました。ありがとうございます
残念ながら、全ての方のご希望に添えず、今回も抽選で、30名の参加にさせていただきました。
また次回の日程を調整中です。
こちらもぜひ、よろしくお願いいたします

↓↓
12/2.9.16(火)に開催予定です。
その前に、タイトルも対象とする方も変わりますが、11/22.29.12/6(土)に開催予定です。
またこのブログでもご紹介しますね
第4期フェルデンクライステーチャーズコース開始!
昨日、縁あって、第4期フェルデンクライス・ティチャーズコースに行ってきました
川崎駅から少し歩いて、近代的なきれいな建物の中で、ついに始まりました。

私が受けていたのが3期。
約4年前、初めてのセグメントが始まる時のことを思い出て・・・ドキドキ
懐かしい顔に会えてほっ。
レッスンを受けて、「濃いなぁ~

4年が過ぎて、当時は全く気づかなかったことも気づくようになったからなおさら「濃いなぁ~」と思ったのかもしれない。

なぁ~んだ、進歩してるじゃーんとちょっぴりほっ、としたけれども、
自分が初めてのセグメントの時に感じた先輩たちのすごさ、今の自分にはあるのかぁ?

・・・まだまだやること盛りだくさんです。

ティチャーズコース、お試し(ビジター)参加もできますので、ぜひどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。