mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EKIDENカーニバルin北区荒川
荒川、大好きということで、日々、荒川っぺりに行きたくなる。

今日はその荒川っぺりで、駅伝があった。
いろいろなつながりがある仲間が参加していて、
私たちも参加する予定だった・・・。

が、鼻の差(競馬っぽいなぁ)で、
いや、タッチの差(水泳じゃぁないなぁ)で、
うーん、同タイム着差あり(おっ、陸上っぽい)で、
定員がいっぱいになって、参加できず。

ま、人任せにしてたので、誘ってもらえただけでもありがたい

今度荒川を走るとしたら・・・3月の?荒川マラソンかな?
あ、東京マラソンに落選したら、だな。
けど・・・応援が続く東京より、黙々と荒川っぺり走るほうが私には向いてる気もするなぁ。

参加したみなさん、おつかれやまでしたー。
寒かったよねぇ・・・。
スポンサーサイト
インタビュー
昨日、職場で「回覧」となっていた資料に書いてあったことば。

「インタビュー」とは、眼差しを交わすこと

フェルデンクライスの個人レッスンの前には「インタビュー」をする。
プラクティカムの時も、「インタビューが終わったら、レッスンを始めてください。」と。
初めての方であれば、お名前はもちろん、趣味や職業、体調、レッスンに対するリクエストなどなど・・・。

意図して「インタビュー」ということばを使っていたとしたら・・・
私たちは眼差しを交わせていたのかな?
ティーチャー側は、眼差しを交わそうとしてるのかな?
どうレッスンをするか?ばかり考えていないか?
自分だけが交わしていたつもり、になっていたのではだめだな。
個人レッスンはコミュニケーション、相手との会話、と思ってる。
相手にも眼差しを交わす、ということを引き出せる自分作り、忘れちゃいけないな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。