mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆっくり、ゆっくり・・・
今日のひとりレッスンは、
①膝を立てる動き
②転がって起き上がる動き

①はよくレッスンの導入部分でする動きで、
足の小指を床につけるようにたおして、
膝を外に向けるように曲げて、
膝を立てる。

力を入れないで、力を入れないで・・・意外と難しい
もっともっともっとやさしく・・・
もっともっともっとラクに・・・

そして、

ゆっくり、ゆっくり

モーシェ(フェルデンクライス博士)は、今読んでいるワークショップのスクリプトの中で何度も何度も言ってることば。
ゆっくり、ではなく、ゆっくり、ゆっくり
(英語で、だけどね

ゆっくり動くと、変わるよ
そう言っている。
モーシェはそう言ってるけど、なかなか現場では言えないよね~、
ってフェルデンを教えてる人たちと話してた。

でも、ホント
でも、言っちゃった、この前。
ホントにみなさんがそうだったから
スポンサーサイト
フェルデンクライス的に?
走るようになってから、走った後、ストレッチをしても疲れが抜け切らない
すごく疲れている訳ではなく、ふくらはぎや、ももの裏側が、かたい感じが続いている。
筋肉痛まではいかないけれど・・・。

やはり、重いからか
それなりに時間を走ってるからか?
まだ慣れていないからか?

いろいろな原因があると思う。

でも、何とかすっきりさせれんもんかなぁ?



もっと違うところのストレッチをゆっくりしてみよう
疲れてるところばかりゆっくりするのではなく。
何かいいことが起こりそうな予感

ワクワク

知らなかったことが分かることはやっぱりうれしい
自分で発見していくことは楽しい

フェルデンクライスでは、からだに痛みがある場合、違和感がある場合、
その部位からアプローチはしない。
その部分はおいておいて、他の部位からアプローチする。
それでもからだはラクになるのだ
痛みや違和感がある場合、からだの他の部位が原因で、その部位に症状が出ていることがある。

フェルデンクライスでやってること、ストレッチでもやってみよう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。