mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月のグループレッスンのお知らせ
2月は2回レッスンを行います

日時:2月11日(祝)、26日(月) 14:00~16:00
会場:東京メトロ新宿線曙橋駅より、徒歩5分
           (参加される方には詳しい場所をお知らせします。)
持ち物:ハンドタオル、暖かくて動きやすい服装、楽しむ・ワクワクする心
料金:1回につき¥2,000-のところ、今月は¥1,000-
お申し込み、お問い合わせ:
       右側の「メールはこちらから・・・」より、送信してください。
       ①参加日 ②お名前 ③電話番号 ④メールアドレスをお知らせください。

興味のある方、初めての方も経験ありの方も・・・ぜひお越しください
スポンサーサイト
どんなことをするの?
グループレッスンでは、こんなことをします

床にごろんとなったり、時には横向きやうつ伏せになったり、立ったり、イスに座ったりしておこないます。

ことばによる動きの指示を聞きながら、・・・ゆっくりと、呼吸をしながら、やさしく・・・

赤ちゃんのようにやわらかく転がったり、
ヨガやピラティスのような動きをがんばらずに、らく~にしたり、
ロシアのシンクロチームのように(キビキビとはしませんが)しなやかに、
体育祭の時のピラミッドで、全員が協力するように、からだ全体を協力させて・・・動きます。

「この動き、どうしたら、からだのどの部分を協力させたらもっと楽にできる」など、
からだや動きに気づきながら、からだと会話しながら・・・。
動きのレパートリーを増やす
グループレッスンでは、さまざまな、時には思いもつかないような動きをします。
そして、その動きを心地よく、無理なくできる方法を探していくことにより、自分のからだや動きに気づき、新たな動きのレパートリーを増やしていきます。

TPOに合わた服装ができるように、服の種類を増やしたり
食事を楽しめるように、料理のレパートリーを増やすように・・・。

同じ腕を上げる動き(服装、料理)でも、
からだの横から、前から上げる、両足に均等に体重をかけて、片足に体重をかけて上げる(スカートもパンツも、和食も中華も)などのように、動きのレパートリーを増やしていきます。

レパートリーが増えればその中から、習慣化された動き(いつもの服装や料理)のみならず、新しい動き(服装、料理)を選ぶことができます。
その新しい動きも含めた動きの中から、TPOに合わせた動きを使えれば、
楽にできていた動きはより楽に
難しく感じていた動きは少しでも簡単に
できなかった動きは少しでもできるように
という可能性が広がります

動きのレパートリーを増やしていくこと、TPOに合わせた動きを選ぶことは、日常生活の中でもストレス、自分、人、社会、環境との関わり、考え方や生き方のレパートリーを増やし、TPOに合わせた判断をしていくことにもつながります


習慣
私たちはみなそれぞれ、良かれ悪かれいろいろな「習慣」をもっています。

食後に歯をみがく習慣
止めよう、と思いつつ・・・ついついチョコを食べてしまう習慣
タバコをすう習慣
自宅から駅まで歩く習慣 など。

「習慣」になれば、いちいち考えずにささっと行動に移せるようになり、楽でもあり、
「習慣」は必要なものでもあります。

その「習慣」はからだや、動きにもあります。
背中を丸くする習慣
右側に体重をかける習慣
片側にばかりバックを持つ習慣 など。

これらの「習慣」は当たり前のことになりすぎていて、気づかないことも多いのです。
その習慣がからだに不都合を起こしたり、自分を苦しめているものであったら・・・
気づかなければ、自分で自分を苦しめ続けることになります

フェルデンクライス・メソッドでは、楽に、心地よく、無理なくできる動きを探したり、体験することにより、習慣化されたからだの動きへの気づきを促していきます。
そして、習慣化された動きのみならず、動きのレパートリーを増やし、より心地よい、快適な動きやからだを探していきます






フェルデンクライス・メソッドって?
1940年代に物理学者:モーシェ・フェルデンクライス博士により体系化されたメソッド。
やさしく、心地よい「動き」を通して自分の可能性をひらく、からだと心へのアプローチ法。

レッスンは2種類あります。
グループレッスン(ATM:動きを通した気づき)
 ティーチャーのことばによる動きの指示を聞きながら、動きます。
 自分の動きやからだに気づき、楽に、無理なく動ける方法を探していきます。
個人レッスン(FI:機能的統合)
 ティーチャーの柔らかな手の導きにより、自分では見つけられなかった、気づかなかった、新たな心地よい動きや、感覚を体験します。

そして、姿勢やからだの調子を整えたり、動きをスムーズにしたり、
また、自分や人、社会や環境との関わり、生き方などもより良くしていくメソッドです。
フェルデンクライスを学び始めてから
フェルデンクライスをやろう、と思ったきっかけは、自分のからだ。
もっと自由に、思い通りに、スムーズに動きたい。
そして、それを仕事にも生かしたい。
ティチャーズコースに通い始めてからも、ずっと「からだ」とか「動き」ばかり考えていた。

からだは確実に変わった。
でも、それだけではなくて、心も変わった。

うまくことばでは表現できなかったけど、
自分とうまく関われるようになった。
自分はこう考えてるから、こんな気持ちでいて、こうしているんだ。
であれば、こうすればうまくいくんじゃないかな?

これができるようになって、そして、人や物事ともうまく関われるようになった。
この人はこういう気持ちなんだな、であれば、自分はこうしよう。

ストレスや、嫌なことも、以前ほど感じなくなった。
私はかなり感情の波が大きいけれど、以前よりは感情に流されなくなった。

自分とうまく関われるようになれれば、人ともうまく関われる。
大発見。
からだの変化以上にこれは大きい。

フェルデンクライスを使って、社会や人、自分、ストレス、感情などとうまく関わっていくことに興味が湧いてきた。

とは言いつつも、以前よりは良くなっても、まだうまく行かないこともたくさんある訳で、
まだまだこの部分も、からだや動きの部分も模索中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。