mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスからスムーズに立ち上がる
今日は、高齢者向けの筋力アツプのクラス。

最近は、ウォーミングアップの前に入れる、フェルデンクライスの動きを、スクワットの前に入れてみた。
よりダイレクトに、効果を伝えられるように。
動きがスムーズになるように。

イスを使ってのスクワットの動き、イスから立ち上がる動きをスムーズにすべく…
?骨盤の前後の転がり
?足の裏にしっかり体重を乗せられるように
?骨盤と上半身のつながりをつけて、足に乗っていく

何が必要か?
そう考えれば、シンプル、かつ、奥深い。

段階を追って。
でもこれがメインじゃないからね、コンパクトに。

筋力がないから、
膝が痛いから、
だからできない訳じゃない。

「動き」は、鍵になる。

すいーっとみなさん立てるようになったところで、スクワット。
動き、つながり、筋力。
どれも大事。
スポンサーサイト
背骨くんに自由はあるのか?
高齢者向けの筋力トレーニングのクラスにて。
このクラス、「筋力アップ体操教室」となっているも、ベースの運動に、3か月ごとにテーマがあり、
そのテーマにそった運動も紹介している。
今月は、「肩こり」

肩こりが起こりやすい姿勢→猫背、あごが出てるなど→背中が丸い。
よく、「背中が丸くなってきて・・・。」と相談を受ける。
原因は、いろいろあると思う。
筋力の問題、からだの使い方、骨の問題、椎間板の問題、などなど。
正直、何がその人にとっての原因なのか、断言できる人はいるのか・・・?
断言しちゃう人、は大いにいるけど。

背骨、一方的にワルモノ?
悪い(という表現が正しいかどうかは別として)のは背骨だけ?
背骨が全てか!?

そうではないと思うのだよ。

背骨のてっぺんには頭がある。
頭、重い。

背骨の上の辺り?には肋骨がついてる。

背骨の下は骨盤にはまっている。
骨盤には、大きな筋肉がついている。

背骨くんは好きで、
背骨くんの意思だけで丸くなってるんじゃない、
頭や骨盤の影響もあるのでは???
むしろ、人によっては、それが原因の人もいるのでは???
いや、むしろその方が多い???

ということで、頭の動き、骨盤の動きから、背骨の動きへ、
筋力トレーニングの「動き」ができる、効果の上がるところへもって行って、
そこから筋力とレーニングへ、そして、姿勢へアプローチ。

ちなみに、「背中を伸ばしましょう」ということは、運動指導の場ではよく言われてる。
それはそれで大事。
でも、伸ばし方は伝えられているのか?

背中を丸めることは悪いこと、のようにも伝えられているような気さえする。
悪いことではないと思う。
何をしたいか、によってである。
どっちもできないと不自由なのだよ。

フェルデンクライス・メソッドのレッスンではなく。
でも、「他の部分からアプローチする」、「からだのつながりをつくる」というところは、
フェルデンクライス・メソッド的アプローチ。

フェルデンクライス・メソッドのレッスンそのものだけをしたい訳ではない。
筋力トレーニングが悪いとも思っていない。

ただ、部分的にしかからだを見ないことはどうなんだろう、
筋力トレーニングに比重が置かれている今日この頃の指導傾向に疑問あり、
なのです・・・。

教科書に書いてあることが本当に事実なのか?
事実だとしても、それを当てはめて考えてよい人ばかりだろうか、
当てはめることが可能な人ばかりだろうか?
運動、スポーツ、この世界も変わる。
よく人を、動きを見て、考えることを忘れちゃいけない。

必要な人に必要なことを届けられるように。
必要なことができる環境、からだの状態を作って行けるように。

それができるようにしていきたい。

★5/23:市ヶ谷燕スタジオ・フェルデンクライス・レッスン★
お気軽にご参加ください♪
今日の仕事
またまた久しぶりのカテゴリーです

3/14(月):市ヶ谷燕スタジオレッスンします、ということばかりしている訳ではなく、こんなこともしてます・・・。
健康運動指導士としての立場での仕事です。

今日は、ウォーキングの自主グループの講師として、グループのみなさんがお借りした保健センターへ。
こちらの区では、自主グループに年2回くらい、保健センターなどの会場の貸出し、と、
年に3~4回ほどの健康運動指導士などの無料での派遣をしています。

このグループは、年に1回の健康運動指導士の派遣を希望され、普段は、集まってのウォーキング。
今日はその講師派遣の日。

うーん、過去の指導内容見てみて・・・必要なことは一通りしている。
その中でも、自主的に活動(ウォーキング)をしていく上で必要なことは伝えて・・・。

あ!あのレッスンをしよう♪
と言う訳で、ストレッチや足裏ケアの間に、簡単にフェルデンクライスをいれてみることに。

脚を前後に開いて、体重を移動させる。
足の裏のいろんなところを床に置いて、体重を乗せていく。
それに腕の動きもつける。

こういう場合、いつものようなフェルデンクライス・レッスンはしない。
美本も見せる。
ただ、「できるだけ力入れずに」ということ、「がんばらないこと」は伝える。
細かく?からだの状態を探ることは言わない。
だだ「無理なく、気持ちよく。」これ、繰り返し。

フェルデンクライスじゃないじゃん!
フェルデンクライスって、自分のからだの動きとか、よく探るじゃん!と言われれば、そうですね。

でも、良いんです、フェルデンクライスじゃなくてもこの場合、と思ってます。

この人たちがこれで心地よく動けるようになるのなら。
「フェルデンクライスです。」って言ってやらなければ。

と思ってます・・・。

結果・・・「足がかるくなったぁ~!」「すいすい進むね。」と、好評でした。

でもね、これが全てじゃないよ。
ちゃんと、ストレッチとか、レジスタンスとか、ウォーキングには、いろんなことが必要。
楽しく、効果的なウォーキングのためのには、いろんなことが必要。
丁寧に、丁寧に、忘れずにからだのケアも。

と、こんなこともしています。
フェルデンクライス的?な内容ゼロな運動指導もします。

ただ、「やった感があっていい!」とか、「ガンガン汗かきたい!」というのは嫌いです。
何かしらからだと会話して、機能的なところにアプローチすることは入れてます。
だって、必要だと思うから。

腰痛がテーマ
毎週火曜日と金曜日の午後は、高齢者向けの筋力アップのクラスの仕事。
基本的にはイスに座っての運動が中心で、会場と用具の関係により、マットなどは使わずに。
3カ月ごとにテーマが変わる。

12月いっぱいまでのテーマは腰痛予防。
腰痛・・・
座って、立ってできる腰痛予防・・・。
まぁ、すでに腰痛がある方には、腰痛改善・・・。

毎回、ベーシックなものは提示されるものの、するものの、レジスタンスとストレッチ。
それも大事だけど、それだけじゃないと思うんだよね。

「からだの動かし方」、「からだの使い方」って、大事だと思う。
いくらレジスタンスやストレッチやってても、それらが腰痛を起こす原因になってたら、意味なし。
別のことで私、ずーっとこのパターンだったような

レジスタンスやストレッチによっても「からだの動かし方」、「からだの使い方」を変えられるし、変わることもある。
でも、逆に、「からだの動かし方」、「からだの使い方」がうまくできないと、レジスタンスやストレッチができない、それによってからだに不都合が生じる、ということもある。

先月までは、主に胴体辺りを丸める・伸ばす動きを引き出すことを中心に、
今月は、ねじることを中心に、動きをひきだすことをしてる。

筋肉の柔軟性がアップする→からだが柔らかくなる、だけでなくて、
からだの動かし方、使い方が分かる→からだが柔らかくなる・・・ちょっと表現が違うか!?

腰痛を起こしにくくする賢い動き、今日もやりまーす。
「歩く」こと
「歩く」こと、ウォーキングについての講習会やレッスンは、いろいろなところで行われていると思います。
私も今まで、何度となくしてきました。

そして最近思うこと。

・・・今までやってきたことは間違いじゃない。
でも・・・もっと違う角度から、違うアプローチをしたいな。

そう思い、今度、2回にわたって、「快適ウォーキング」ということで、レッスンします。

そこで、考えたこと、悩んだことは・・・「自分の中の伝えたいことをいかに分かりやすく伝えるか?」
と言うこと。
自分の中にあることを、他の人に分かるようなことばに置き換えて伝えること、やっぱりムズカシイ

何が何でも、「歩く」ってことはなんで、そのためには何が必要なのか?

一番はこれ!って答えが出ました。
「走る」ことを考えた時にも、ブログに書いたこと、です、が・・・。

カラダを前に運ぶこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。