mix drops
自分の毎日、未来に「ワクワク♪」「楽しい♪」を増やそう! フェルデンクライス・メソッドからの動きやからだを通した、ライフスタイルへのアプローチの日々、と言いつつ、最近はトレイルラン・ランとフェルデンクライスな日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体質改善&RUN
木曜日、久しぶりの皇居ラン。
ここのところの体質改善の結果・・・体が軽い!
そして、重さが重力に対して、しっかりかかる!
これについては、説明が必要かな、と。
足がしっかり地についてる、そんな感じ。
そして、不思議と骨盤が前傾して、走るのがラク

が、この日は・・・体が軽すぎて、ふにゃふにゃで、力が、重さが乗らず、
地に足がついてる感じもない。
あらららら・・・。
それでも1周走るとそれなりに体が整ってきて、それなりに走れてきた♪

3周目、体が「止めときなさい」と。
無視して走り出すも、また同じ。
夜の予定もあり、終了。

悪くても悪いなりに走る。
体のエネルギー供給を変える。
それにチャレンジしてる今、それなりに走ること、体を慣らすこと、大事。

夜の予定には、余裕を持って間に合いました
時間に余裕を持つ、最近のテーマ。
スポンサーサイト
OSJ志賀高原トレイル50k
7/3、OSJ志賀高原トレイル50k、行ってきました。

このレースでは、初めての50km。
「志賀はきついよ~。」
「横手の上りまではゆるゆる。」などなど、聞いたり、
去年の応援(雨の中で、寒かった)ことを思い出したり。
去年もおととしも、標高に負け、全く良い思い出はなく、ただただ苦しい思い出ばかり、な志賀高原。

ここのところ、仕事の関係で、ほぼ毎日フェルデンクライスをしていて、からだは軽く、動きのベース作りはできていそう。
が、睡眠のリズムは・・・。
宿に到着して、競技説明&パーティーに行く前に散歩に行く仲間たち。
眠くてそれどころではなく、爆睡する私。
去年までよりも睡眠は取れたものの、朝起きて、時間があり、またごろごろ・・・。
ほんとに走れるのか!?私。

なんだかんだスタートして、ちょっと走ると心拍数、バクバク。
うーん、やはり、な展開。標高は1600m。去年よりはマシかなぁ。
気持ち良いトレイルを周りの流れに運ばれるように走り、走る。
と言っても、いつものごとく、「上ってる」と私が思うところは全て、歩く。
なぜならば!上りだから

ロードに出て、ぐてぐて、歩く。
さっきは自分が追い越してきた人たちに前に前に行かれる。
はいはい、行ってください、どーぞ、どーぞ。
暑いし、喉渇くし、水分補給、補給。
すでに、先が思いやられる・・・。

エイドステーション。
ハイドレーションに補給。飲み物作って、がばがば水分補給。
そんなうちに、後ろから来た仲間がすいすい焼額山の上りへ。
「あー、もう、行って行って、先に。」
そう思っていると、もう一人も来て、先へ。
「あー、もう行って行って、先に。」と言う気持ち、もう1回。

ぐるぐる回りながら焼額山を上る。
仲間たちは前に見えるような、見えないような。
ここまで、かなりネガティブなことばかり、日常の不安なことばかり考えていて、レースどころではない。
「負けたくない。」そんな気持ちもどこかに。
あー、また後ろに仲間が見えてきたぞー。
あ!でも、いいことがひとつ!この上り、嫌いじゃない

上りきって、下る、下る。
足元は不安だけど、気持ちも不安だけど、下る、下る。
ちょっと楽しくなってきた♪
お、仲間たちも見えてきた!
お先にー。

第1関門。通過は、制限時間の1時間前。
大丈夫か、この先
ゆるゆる高天ヶ原のスキー場を上る。
ここから先、おととしは、下ってきてゴールだったところ。
なんで、そこを上らないかんのか。
その時の試走では、上ったこともあるところ。
ああ、ああ、先が分かるだけに、諦め、行くしかないし。
が、調子は悪くない。

そんなこと思って進んでいると、5時間くらい過ぎると、ぱぁ~っと!気持ちが晴れてきて、調子が上がってきた
不安に結論が出た、訳ではなく、「こうやって解決していくしかない。」と思った。

赤石山付近で雨。
ふーん。止むでしょう。

そんなこと思っていたら、久しぶりに豪快に捻挫。
あー、ちょっとこれは痛いかも
ああ。ちょっと止まって、歩いて、走れそう。
ここから横手山の上りまでは、雨も上がり、スイスイ!
「ああ、こんなに気持ちいいトレイルあったんだ♪志賀高原、いいかも♪」
(書き忘れたけど、5時間経つ前までは、「志賀高原なんて一生聞きたくないよっ!」と思ってた
気持ちは、変わる。

この辺りからか、前半で、先に行かれた人たちが前に見えてくる。
そして、頑張らなくても、追いつける。
先に行ける。
おもしろいくらいに。

鉢山を上り、横手山の上りへ。
みんな「ありえない!」と言う上り。
あー、行くしかない。
1つ目の上り。ゲレンデ。「あれ、こんなもんかぁ。」問題なし。
また森に入って上り。
前にいる人達が近づいてくる。あれあれあれ、スイスイ。気持ちよし!
2つ目の上り。なるほどー!

ここに体重を乗せていけば、楽に上れる
ひらめいた!
フェルデンクライスの個人レッスンでした、ことのある、踵のある部分を押して、上(頭)の方へ力を伝えるものがある。
そこで、押すところ、そこに乗っていくんだな。
よく、上りで気づくこと。
ここが分かると、やっぱり楽になる!
ただ、フェルデンクライスをやっている訳ではない。

ああ、ここかぁ、去年は上で見ていた上り。
うーん。外人さんと目が合い、「あはははっ。」お互い、笑うしかない。
ここまで、どこもそうだけれど、直登。蛇行しても、進む気がしないので。
うん、上ってみると、大したこと、ない、ねー。
だって、どこに乗っていけば、どのペースで行けば無理なく上れるか、分かってるから。
そして、それができるから。
それができない人が大変なんだと思う。

いかに自分を知り、いかに自分とうまく関わって進んでいくか。
これは、フェルデンクライスから学んだ、大きな大きな事の1つ。

横手山制覇。
第2関門で、お知り合いと会えて、元気、出る
うれしいー!
後は下り。まだまだ元気。
むしろ、また調子、上がった!

横手山上って、どんな風に自分がからだを使っているのか、明確になった。
そしたら、またひゅっと、調子が上がる。
フェルデンクライスのレッスンした後みたいに。

ガレ場もロードも、スキー場もトレイルも下る、下る、走る、走る。
前がどんどん見えてきて、すぐに後ろになって、歩いている人、なぜ歩いて下っているのかが分からない。
ここ、走ると気持ちいいよ。
ロードが見える草原の中、走るのも気持ちいい!

ロード。
もうすぐ終わりかぁ・・・。

ぜんっぜん!終わりでなかった
長い、長い、ロード。
前に女性が見えてきたので、「ここは頑張ろう!」と一足お先に。

お腹へった、お腹へった、お腹へった・・・上りを歩いて、歩いて、まだ着かない。
もぐもぐもぐ。
あら、もうすぐゴールじゃないの、まだもぐもぐもぐ。

右に曲がればゴールの直線!ってところで、仲間夫婦が待っててくれて、元気になる。
ゴールの向こうに、仲間がみんな待ってってくれるのが見えて、うれしい。

なんだかんだ、前半はもんもんとしていて、ただ進み続け、その後調子が上がり、
気づけば、大してきつい感じはないまま、ゆるーく、9時間46分くらいで、ゴールしました。

「あんな元気に帰ってきた人、初めて見たよ。余裕でしょ、走り足りないんでしょ。」と言われるも、
うーん、脚は気になるところちょっとあるけど、大丈夫。
だから、まだ行けるよ、でもね、お腹へってるから終わりで良いです。

と、長くなってしまいましたが、1週間以上も前の事になってしまいましたが、
OSJ志賀高原トレイル50k、50kmの部で、年代別女子30代で、3位でした。

あらあら。ですが、
応援してくださったみなさん、一緒に練習してくださったみなさん、ありがとうございました!
奥久慈トレイル50k:メモ
先週末、奥久慈トレイル50k、行ってきました。

去年は、前日の説明を聞いて、ますます不安になり、さんざん弱音をはき、結果、
「なるようにしかならないけど、ならないようにはならないから。」
そう言われて、やっと開き直れた、というレースな上に、
「来年は出ない!」と心に決めたものの・・・事情が変わり、今年も参加となりました。

という訳で、今年の目標は、「弱音はかない、泣かない、水切らさない」でした。

レースが久しぶり過ぎて、緊張感があるようなないようなままスタートして、すぐ下り。
なので、気持ちよく走り、胸のベルトを引っ張ったら・・・壊れる
ので、クリップで応急処置。
そして、ハンカチもパンも落として、仲間に拾ってもらう・・・。
あー、これは、ゆっくり行きなさい、ということかぁ。

コースのまわり方が去年と違い、今年は林道から。
去年は後半で、長く感じた林道も、神社へのロード&トレイルの上りも短く感じた。
思っているようには走れない、走らせてもらえない?けど、まぁ、序盤、こんなもんでしょう。
沢沿いのトレイル?もなんとか抜ける。
やっぱりこのレースは、地元の方の応援がうれしい♪

ほぼ予定時刻通り、第1関門到着。
飲み物など補給して、上る。
去年は、「いやぁこれ、間に合わないんじゃないの、ゴール
と、信越五岳の第2関門同様、諦めの風が吹いてたとこ。

その後は、第2関門まで、上りがきついところもあったけど、気持ちよく進む。
「あれっ、このコース、こんなに気持ちよく走れるところ、あったっけ?」って思うくらい。
でも、どう見ても、去年と同じコース。
まわり方変わるだけで変わるんだなぁ。

そしてもう1つ大きかったこと!
上りの時、「ここに体重乗せていけばいいんだ、ラクに上れる」というところが分かり、
そこに乗っていけたこと。
FIという、個人レッスンの時に押すこともある、そこから全身につなげる、足の裏のあの部分。
ここを押したから、と言っても、ここに乗っていく、ということが分かっても、
それが上りがラクになることにつながるかどうかは、別。
他の部分とのつながりがないと厳しい。と思う。

第2関門も予定通り通過。
も、この前くらいから、汗かきすぎて、動いていても寒気がする、
お腹気持ち悪い気がする、ちょっと体調に危機感を、眠さを感じ始めていたので、
ザックもおろして、長めに休憩&おしゃべり。

止めようか、とも思うが、が、へなへな歩き始めると、「いってらっしゃい。」と言われ、
「あ、自分ひとりで決めちゃだめだな。」と目が覚めた。

あり得ないような滝沿いの上り、下ったかと思ったらまた上り、きついよー。
エイド、どこよー。
「ここ上ったら、エイドですから。」と言われ、
疑いつつも(エイド、関門は下りきったところ、という固定概念)、なんとか到着。

思いのほか時間がかかった。
これ、第3関門間に合うのか???
うーん、これで完走できなったら、ほんと私、だめになる、全てにおいて自信?なくすな。
ほんっとに、なにもできない、って思ってしまうし、ダメ人間になってしまう。
だから、なんとしても行くしかないのだよ。

と、諦め風を吹かせつつ、思ってたら、塾長が、「厳しいですね。でも行きましょう。」と。
ロードの走れるところは走って、緩くても上りは歩いて、思いのほか距離が稼げて、
「これで大丈夫!」となり、やっとほっ。

第3関門も無事通過し、これで何とか完走が見えてきたものの、足の水ぶくれと、爪が痛い。
まぁ、ここ痛いのが気になるくらいで済んでるのだから、他の関節とか痛いんじゃないからよい。

と思っていたのだがー、眠い、眠い、眠い、眠い。
未だかつてないくらい、眠い!
エネルギー切れかと思い、ジェル入れてもダメ。
下りは問題ないものの、上りは眠い、眠い。
そして、腿ぱんぱん。

おかしい・・・こんなに腿ぱんぱん、ありえないぞー。
あー、最近、ストックばっかり使ってたからだわ。
しかも、上りが、下りは大丈夫なのに・・・。
いや、上り方もまだまだ!伸びしろあるな。

どんだけ上るの?また上り?もはや諦めの気持ちで進む。
だって、嫌だけど、しょーがない、上らないと、ゴールに着かないのだから、しょーがない。
久しぶりにこんな気持ちになった。

やっとロードにでたら、前に女性が見えたので、「負けちゃいかん!」と思ってペース上げて走ったら、男性・・・。
疲れたよぉ。
ゴールしたら、絶対!絶対!寝る!と心に決める。

と思いつつも、なんとか、11時間21分くらいで帰ってこれました。
よかった、良かった。

ご一緒のみなさん、応援、スタッフのみなさん、ありがとうございました☆
来年は、また違うチャレンジをします!



奥久慈トレイル50k
完走しました。
「弱音はかない、泣かない、水切らさない」という目標を達成できました。
中盤絶好調!
後半は眠くて眠くて・・・失速。
新たな経験をし、課題も見えてきました。

応援、スタッフ、ボランティアのみなさん、ありがとうございました。
参加のみなさん、お疲れさまでした。

詳細?めも?はまた後ほど。
フェルデンクライスをトレイルランにあてはめてみる
(長いです適度なところで区切ってくださいね。)
先々週末も、奥多摩、でした。
先週末も、奥多摩、でした。
今週末は、今日は、雨のため、延期になりました

トレイルは、ロードよりもコースが変化に富んでいることがほとんど。
上りあり、下りあり、
足元も、ふかふか、砂利だらけ、粘土質な土、木の根っこだらけ、岩あり、などなど。

でも、先に進みたければ、ゴールしたければ、「そこをどう進むか」、それを考える。
足元(自然)の状況だけでは、「どう進むか」は決められないことも多い。
今の自分の状況(疲労具合、得意、不得意など)、まわりの選手のことも加えて考えなければならない。
自然と自分とまわり。
これらに合わせて進まねばならない。

自分を無視して進むと、どこかで無理が来る。
自然を無視して進むと、危険。自然は人の力で変えられるものではない。(と思っている。)
まわりを無視して進むと、まわりまで巻き込んで怪我や事故を起こしてしまうこともあると思う。

それらをうまくやりくりして、進む、ゴールを目指す。

フェルデンクライスでは、これを「動き」を通してやっているだけ。
「ATM」と呼ばれている種類のレッスン(ことばを聞いて動くレッスン)では特に。
動きの指示を聞いて、動く。
自分のカラダ、動きを感じる。
そして、どうすれば(もっと)無理なくこの動きをできるようになるか、考えて動いたりする。
(この最後の部分までは、私のレッスンでは今入れてないことほとんどですが、近々入れます。)
カラダの全ての部分で無理がないように。

そして、そんな動きができるようになると、
トレイルランのいろいろな状況にも合わせやすいカラダ、動きができてくる。
ということを体感しています。

トレイルランは例であって、わかりやすいかな、と思ってます。
トレイルランにだけ当てはまることじゃなくて、他の全てに当てはまることです。

はい、ここまでが伝えたいこと!
以下、覚書き、メモです。


先週末は、ハセツネコースを、スタートから西原峠まで。
30kmちょっと。

今日、西原峠~ゴールを行く予定だったので、その前に「その前の部分」を行っておこうと。

が、ほんとに西原峠まで行けるの!?と心配だった・・・。
いつもは、22kmくらいのところ、浅間峠まで。
武蔵五日市駅に戻るバスがなくなる前、いや、暗くなる前には下りたいー!!

広徳寺から少し上がったところで、仲間と遭遇!
鞘口峠まで行くとか。
35kmちょっとな上に、途中にきつい三頭山がある

今回のテーマは、ストック練習&コースの把握!

ストック使うの、あまり得意ではない。
ハセツネでも、おんたけウルトラでも使って入るけれども。
先々週末の奥多摩で、「下りでうまく使えると速くなるよ。」という友達のことばを体験できた♪
ので、また一歩前進を目指す!

うん、上りでもよく使えたかな、先週より。
そして、新たなテーマ!・・・ゆるい上りを走る時、どう使うか!?
今度、やってみよう!

そしてコース。
このスタートから浅間峠までが、一番苦手
上りがキツイ、のに、ストックは使えず。
その理由も分かる。

醍醐丸前の上りきつい。
おととしも去年も、仲間が応援に来てくれたところ、その前は私も応援にいったところ。
醍醐丸は着くと、第1関門通過したくらいほっとする。

生藤山越えたら、浅間峠までぜーんぶ下り、と思いこんでいた去年のレース。
とんでもなかった
軍茶利山の階段、熊倉山・・・「こんなに上りあったっけ?」と思ってたっけ。
これはきついわ。

何とか浅間峠着。
すごくほっとする。
なんとか行けるかな、西原峠。

ちょっと上ったら、気持ちよく走れたかな。
そして、日原峠。
水を汲みに行く。
10分くらい下ったところ。
行き返った!

土俵岳を上り、下ったものの、丸山まではゆるくても上りで、なかなか走れず。
笛吹峠から西原峠までが長い・・・。

浅間峠からは、できるだけ走って、走って、何とか西原峠!
う~ん、やればできるじゃないか
まだまだ明るいし!

そこから気持ちよく仲の平まで下り、バスの時間までしばらくあったので、ロードで笛吹入り口まで。
いつもは、浅間尾根登山口までしか行かないけれども、今日は、チャレンジしたくなった♪

前向きな、やればできる♪、うれしい1日でした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。